見出し画像

佐藤文香『そんなことよりキスだった』(左右社)のためのプレイリスト27*ゲスの極み乙女。「キラーボール」/きのこ帝国「クロノスタシス」 #そんキス

『そんなことよりキスだった』、27話目は「小森さんでいいのか」。時系列に並んでいると思われがちですが、ラストから2話目のこの話、主人公は大学生という設定です。

恋愛のはじまりは、怒りや焦り、淋しさなど、いろんな気持ちが共存すると思っていて、その多面性みたいなのをこの2曲で。

川谷絵音という人はすごそうだ、と思って、ゲスの極み乙女。が売れ始めたころ、indigo la Endも並行して聴いていました。面白い曲がいろいろあるけど、ゲスの方が好みかも。
この「キラーボール」という曲では「ランランララン」が好き。


きのこ帝国は「東京」から聴き始め、佐藤千亜妃のソロも聴いてます。最近は「Summer Gate」をよく聴く。
この「クロノスタシス」もそうですが、この人のつくるゆるやかな淋しさは替えがきかない気がしますね。


次回は、荒井由実「きっと言える」 /かえる目「街の名は渋谷」です。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうござる
5
句集『海藻標本』『君に目があり見開かれ』、編著『俳句を遊べ!』『天の川銀河発電所 Born after 1968 現代俳句ガイドブック』、掌編小説集『そんなことよりキスだった』ほか。音楽と飲食、散歩と生き物が好き。日本語ラヴァー。http://satoayaka.com/

こちらでもピックアップされています

そんなことよりキスだった
そんなことよりキスだった
  • 37本

12月刊行の書籍『そんなことよりキスだった』の4篇、お届けします。 笑える。切ない。少しヘン!?下心満載!言葉遊びを少々加えた恋愛小説30景!! メガネで天パー。前向きで目立ちたがりな佐藤さんは、恋しかしてこなかった。 パワフルにあったて砕け、幾重もの恋がめぐる。 1995年神戸からはじまる新しい恋愛のかたち。 さまざまなジャンルとのコラボレーションするなど現代俳句に新しい風を吹き込んできた 短詩界のエース佐藤文香の個性が爆発! ★装画は同じく1985年生まれの漫画家山本さほさんが担当しています★

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。