新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

たくらみ荘、はじめます。

池上に新しい秘密基地が誕生します。

画像1

(写真は改装前の「たくらみ荘」。まだシャッターが閉まったままです。)

東急池上線池上駅を降りたら、北へまっすぐ徒歩3分。昔ながらの乾物屋さん「綱島商店」の2階に、小さなスペースがうまれます。

その名も、「たくらみ荘」。

暗くて急な、ちょっと怪しいにおいのする階段を登った先には、アーチ型の扉。開くとそこには、外観からは想像のできない、明るく風通しのいい部屋。靴を脱いでちゃぶ台を前にくつろげる、こぢんまりとした居心地のいい空間。

心のなかに潜む、「あったらいいな」「やってみたいな」という企み(たくらみ)。そんな企画の種を見つけて、あたためて、たたいて、ようやく形にする場所です。

画像6

(リノベーションを施した「たくらみ荘」は、天井を取り払い開放感にあふれる空間になりました。半円を二つつなげてつくるちゃぶ台は、アクティビティに合わせてさまざまな使い方が可能です。)

子どもから大人までのたくらみを後押しします!

画像2

たくらみ荘を開くのは、探究学習塾a.school(エイスクール)。東京・本郷にて子どものたくらみを仕掛けて、早7年が経ちました。

池上とのご縁のきっかけは、2019年10月〜2020年3月に開催した「ゑもんキッズプロジェクト」。

リアルな社会のど真ん中で子どもが学んだらどうなる?」と、街の新拠点「カフェSANDO」で絵本・漫画づくりや商売に挑戦する学びを届けたら、街の人々やその営みとさまざまな化学反応がうまれました。

画像3

(ゑもんキッズプロジェクトはまさに、子どもたちのクリエイティビティと池上の街の魅力が掛け合わさった、コラボ企画!教室では学べない、出会えないことばかりでした。)

「もっと続けたい!」ゑもんキッズに参加してくれた子どもたちの声に後押しされて見つけた場が、池上の老舗乾物店・綱島商店の2階。その歴史漂う、でもちょっと怪しげな佇まいを前に、子どもから大人までの小さなグループがあれこれ企むイメージが湧いてきてできたのが、「たくらみ荘」という屋号です。

「子どもを教科書やドリル、教室に縛り付けずに、身近な暮らしや仕事などリアルな社会に接続した生きた学びを届けること」をモットーにするエイスクールだからこそ、新しい拠点は子どもに閉じず、大人や地域に開かれた場所にしたい。さまざまな"たくらみ"が生まれて育つ、可能性とワクワクに満ちた場所にしたい。そんな思いで、ただの学習塾にとどまらない池上の秘密基地を目指します。

さまざまな使い方をご用意しています。

新型コロナの影響を受けオープンが遅れていた「たくらみ荘」ですが、満を持して2020年8月1日にスタートしました!

画像5

(たくらみ荘初めてのイベントは、エイスクールのサマースクール「なりきり研究家」。5日間連続の通い型プログラムをとおして《研究の心得》をじっくり学び、池上の街に出てフィールドワークを行いました。)

2020年9月からは、子どもがさまざまな仕事に挑戦しながら科目を横断して学ぶ「なりきりラボ」「おしごと算数」や、子どもから大人までが想いを形にするプロジェクト「しるくすくりーん"するする"」など、定期開催プログラムの運営に加えて、スペースの貸出を行います

画像4

池上の街で商売やプロジェクトを始めたい、PTAや商店街など地域の仲間と会合をしたい、地元の友達とお楽しみ会をしたい・・・。

あなたの"たくらみ"を持ち寄って、形にしてみませんか?

\たくらみ荘でできること/

①たくらみ荘の管理人が厳選したさまざまな企画にご参加ください。

たくらみ荘では、子ども向けの探究学習塾から大人向けのものづくりワークショップまで、あなたの企みが見つかるプログラムの数々をご用意しています。
⇒直近で予定しているプログラム・スケジュールはこちら

②あなたの企みを持ち寄って形にしてください。
池上の街で商売やプロジェクトを始めたい、PTAや商店街など地域の仲間と会合をしたい、地元の友達とお楽しみ会をしたい・・・小回りのきく部屋で実現できる企みは無限です。(各種設備が揃っています!)
⇒スペース使用に関する詳細ご案内はこちら

(たくらみ荘住所) 
〒146-0082 東京都大田区池上3丁目30-9 綱島商店2階
お問い合わせは運営会社のエイスクールへ↓
E-mail:info@aschool.co.jp / TEL:03-6869-9822


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
「学びの再発明」をプロデュースする会社、a.schoolの公式note。アウトプット型探究学習塾a.schoolを運営。(HP:http://aschool.co.jp/ Facebook:https://www.facebook.com/aschooljp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。