麻草 郁

あさくさかおる。1976年生まれ。造形する脚本家。代表作『アリスインデッドリースクール』は日本各地で上演中。『まなつの銀河に雪のふるほし』『クォンタムドールズ』『みちこのみたせかい』など。原作脚本企画などご相談承ります。
固定された記事

短編小説 『夜中に郵便受けが鳴る』

「久しぶり、元気だった? 夜中にごめんね、ちょっと聞いて欲しくて」  元カノ、というには少しつきあいが長すぎる、ほんの二ヶ月だけ付き合って、そのあとはずっと友達...

小説予定地

ここに小説を書きます、ライクを押しておいてください。

句読点、点、息継ぎ

リードロニカの稽古も大詰めである。読書劇なので、音読の仕組みは朗読劇に似ている。細かいところまで指示を出したうえで、それぞれの演技を求めている。  細かいところ...

週刊 言い足りない マガジンの購入者だけが見れます。

ひとり

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

セリフに「正しい読み方」なんて、ない。

【小説:このお話はフィクションです、実在する団体、個人、出来事(略)】 「セリフに『正しい読み方』なんて、ないんだよ」  という言葉を、誰かが口にした。ちょっと...

行けないけど、がんばってください

昨日、ふと思い立って、オフ会を開いた。オフ会というのは、普段インターネットで交流している(オンラインな)人々と、オフラインで会合を開く、というような意味だ。そも...