見出し画像

【参加者募集中!】スタディ1|共在する身体と思考を巡って—東京で他者と出会うために

“東京で何かを「つくる」としたら”という投げかけのもと、「ナビゲーター」と、公募で集まった「メンバー」がチームとなり、リサーチや実験を繰り返しながら新たなプロジェクトの核をつくる『東京プロジェクトスタディ』。2020年度は3つのスタディが立ち上がり、現在、参加者募集中です! 

「スタディ1|共在する身体と思考を巡ってー東京で他者と出会うために」では、加藤甫さん(写真家)南雲麻衣さん(パフォーマー、アーティスト)和田夏実さん(インタープリター)の3名がナビゲーターとなり、運営チームの木村和博さん(劇作家・編集者・ライター)田中結夏さん(手話通訳者)米内山陽子さん(劇作家・演出家・舞台手話通訳家)、そして参加者のみなさんとともに、身体性の異なる人々の世界に触れながら、“ことば“による表現だけではないコミュニケーションの在り方を探っていくスタディです。

紹介動画では、スタディ1のテーマやナビゲーターそれぞれの問いや関心、これからどのような実験や実践をしようとしているのか、また、進めていくうえでのチーム体制等についてご紹介しています。さらに、動画の冒頭では、スタディ1の取り組みのイメージを、南雲麻衣さんが全身を使って表現しています。ぐっと引き込まれるような印象的な紹介動画です。ぜひ、ご覧ください!

私は、スタディ1のスタディマネージャーとして、ナビゲーターチームや参加者のみなさんの学びに伴走します。私自身も、みなさんとともにワークショップやディスカッションを重ね、それぞれの異なる視点や身体性を交換しながら「伝える/伝わる」の本質を思考し、コミュニケーションと身体の可能性について考えていきたいと思っています。

みなさまからのご応募、お待ちしております!

■詳細・お申込みはこちら

※申込締切:2020年8月5日(水)18:00
※お預かりした個人情報は、本事業の運営及びお知らせのみに使用します。

■ナビゲーターメッセージも公開中!

■2020年度「東京プロジェクトスタディ」Q&Aはこちら

★YouTubeチャンネル登録はこちら

スタディ紹介動画は、Tokyo Art Research LabのYouTubeチャンネルで配信しています。今後もコンテンツを順次配信予定です。ぜひご登録よろしくお願いします!

画像1


わ~!うれしいです!
10
アーツカウンシル東京 プログラムオフィサー。「TERATOTERA」「500年のcommonを考えるプロジェクト『YATO』」「Tokyo Art Research Lab」「Art Support Tohoku-Tokyo」を担当。最近、夜型から朝型生活に。大好物はマシュマロ。

こちらでもピックアップされています

配信拠点「STUDIO302」をつくる
配信拠点「STUDIO302」をつくる
  • 9本

東京都千代田区のアートセンター「3331 Arts Chiyoda」にある一室(ROOM302)をアートプロジェクト情報を発信する配信拠点としてアップデートするプロジェクト。その名も「STUDIO302」ができるまでのプロセスや、活動内容などを記録していきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。