見出し画像

家族写真を残した方がいい理由

私の原点は家族写真だ。

なぜそう言いきれるのかというと、あるワークで自分の原点を聞かれたときに、本当にすごく自然に、直感的に
「家族写真」
と答えていたからという単純な理由だけど
それを掘り下げていくといろんなことがわかったので、ここに記そうと思う。

思えば、私の家は昔から写真が日常にある家だった。
写真をたくさん撮っていたわけではない。
でも、たくさんプリントして、それをアルバムに入れ、いつでも手に取れるところに置いてあった。
私は長女なので私の写真がきっと一番多いかもしれない。
重厚感のあるカバーの「水理ちゃんの生い立ち」と刺繍されてある大きなアルバムをめくると、コメント付きで写真が貼ってあった。
プリントしたL版の写真をただ放り込んだだけのアルバムもたくさん置いてあった。
それを幼少期のころから飽きずに眺めていた。
アルバムだけじゃなく、部屋の目に見える場所には、出産した病院の前で、退院時ににっこり笑う両親と生まれたばかりのおくるみに包まれて眠る私の写真が額に入れて大きく飾ってあったし、棚の上には日常の写真がたくさん写真立てに入って置かれていた。

画像1


そんな環境で育った私は、家族の写真はそうやって残すものだと刷り込まれていたのかもしれない。
自分の子供が生まれた時にも同じように写真を残したし、育児日記もたくさん書いた。あとになってそれが当たり前でないことに気づき、今の仕事をしている。

アルバムを眺めるときは自分だけの写真よりも、両親と一緒に写っている写真の方が好きだった。
父が絵本を読んでくれている写真。
母に抱っこされている写真。
ステキな写真館で撮影したような写真は殆どない。
ただ、日常のありふれた風景。
でも、今みたいに写真を頻繁に撮れるツールはないから、ここのシーンを残しておきたい、と思った写真が並んでいる。
マンションの廊下でバスケットボールを抱えて得意げに立っている姿。
ヨーグルトを食べさせてもらって口の周りが真っ白な姿。
そこにはさんであるコメントもよく読んだ。
『初めての水ぼうそう!治ってきてよかったね』
などが病み上がりではにかむ私の写真の横に書かれている。
そこから父や母がどのようにして私を育ててくれたのかを知ることができた。

画像2



両親ともに共働きで、幼いころから鍵っ子だった私は、両親と一緒に何かをした記憶が少ない。
寂しい時も、親に反発した時もあったけど、写真があることで私はそれでも親に愛されているという実感が持てていたのかもしれない。
写真は、その時その時の記憶を蘇らせるフックのようなものだが、その状況を覚えていない子供にとってもまた、両親からの愛情を形として残せるものなのだと思う。

画像3


もう一つ、写真を残した方がいいと言える強烈なエピソードがある。
私は20歳で結婚式をあげたが、最後に出席者全員の名前をエンドロールで流す演出をしたのだが、ただ名前を流すだけじゃ味気ないな、と思い、列席者全員の写真を一緒に載せることにした。
驚くことに両親は全ての親戚の写真を集合写真で残してくれていたし、友人や職場の参列者の写真も全部あったので、その演出を実現することができた。
エンドロールで音楽とともに列席者の名前と写真が流れた時、会場から歓声が上がった。
テーブルごとに、懐かしい話で大いに盛り上がった。
親戚の写真には、今はもういない祖母の顔もあった。
昔のことを思い出してとても感動したとたくさんの方に後で言ってもらった。
その時に、写真の力をまざまざと知ったのだった。

親になって写真を撮る側になって初めて、親の気持ちを知った。
子供が可愛すぎて、一秒も逃さずにこの瞬間を残しておきたい。
一日中ビデオを回しておけたらどんなにいいかと思った。

両親もそんな風に思ってくれていたのかもしれない。

画像4



私は3人兄弟の一番上だが、弟も妹も同じように写真が大好きで、実家に帰るたびにアルバムを眺めているところは私と変わらない。
写真を見ながら昔話に花を咲かせたり、
実家に飾ってある写真はいつの間にか子供の写真から孫の写真に変わり、それを見た私の子供(両親から見た孫)も嬉しそうだ。
自分の写真が飾ってあると、自分の居場所がちゃんとそこにあるように思うらしい。

思い出を残せるツールはたくさんあるが、写真は撮るだけではなく、形として残すこと、そしてそれを見ながらコミュニケーションを取ったり話したりすることまでして生きるツールだと思っている。
だから、スタジオでかしこまった写真もいいけど、ありふれた日常の風景は意識して残しておきたいと思う。
情報量の多い写真の方があとで見返した時に楽しい。
ぐちゃぐちゃの部屋でも、すっぴんの自分でも、育児に奮闘し、大変だったあの頃がきっと懐かしく思うようになる。
そして、それを見た子供が、こんな風にして自分を育ててくれたんだなと思ってくれたら嬉しい。

画像5
(こちらは現在の私と次女)


子供に残してあげられる愛情の形は様々だけど、大人になって自分が大事に思う愛情表現は写真なのだと気づき
なぜそう思うのかを掘り下げていったら家族写真に行きついた。
私が両親から受けとった愛情で一番嬉しかったのが写真だった。
だから、子供にも同じように残したいと思っているのだと気づいた。
(あまり写真に興味のない夫は巻き込まれて大変かもしれないが、それは私の心の支えのために許してもらおうと思う)
だから、私の原点は家族写真なのだ。





この記事が参加している募集

カメラのたのしみ方

習慣にしていること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
32
日本おひるねアート協会代表。写真集3冊出版。 おひるねアートとは「赤ちゃんに背景や小物をつけて撮影をする、赤ちゃんと一緒に作るアート写真」 noteでは主にパートナーシップや家族の在り方、子育てについて書いています。 良い写真は良い関係から生まれる。関係性の構築からまず始めよう。