見出し画像

紙の本の気軽さ

以前にnoteで大きな反響をいただいた
デザインなんて知らない」の記事。

この記事を元に、再編集と大幅加筆したものを、1冊の紙の本にしました。

画像1

持ち歩きやすく、読みやすいようにB6サイズ厚さ3.5mmの小ぶりなサイズにまとめています。

画像3

第四章の「製品開発を5段階で見てみよう」が、大幅加筆した章です。

画像4

第一章から第三章、つまりこの本の75%くらいは、noteで公開したテキストとほぼ同じものになります。

なんでわざわざ紙の本にしたんでしょ?

画像5

「デザインなんて知らない」のnoteの記事にいただいた沢山の反響のうち

「これはデザインに限った話じゃなくて仕事とはという話」
「デザイナーじゃない人に読んでもらいたい」
という声があったり、さらに

「授業で使いたい」
「会社で資料として配布したい」

という声もありました。

そういう時、noteのリンクをシェアすることもできるし、Webページをプリントして渡すこともできます。

でも「小さな紙の本」だったら、もっと気軽に使ってもらえるんじゃないかなーと思いまして。

紙の本、好きなんですよ。
スマートフォンと違って、いろんな通知に邪魔されずにゆったり没入できるし、人と貸し借りして感想言い合ったりしてコミュニケーションとることもできるから。

紙の本が好きすぎて、こんな製品を作っちゃうくらい、好き。

画像6





と、いうわけで、
「デザインなんて知らない」の記事を読んだ人も、読んでない人も。

アイドントノウの初めての本を、どうぞよろしくお願いします。

画像5

お値段は、350円(税抜き)。

ちょっとした休憩時間の読み物として、学校や会社で資料として、などなど
様々な用途でご利用ください。

読んだ感想を、ハッシュタグ  #デザしら  でシェアいただけると、大変嬉しいです。


よかったら、idontknowのこちらの記事も読んでみてください。

画像7





BOOK on BOOK が在庫わずかになってきた。。。
つまり、まだまだ紙の本が好きな人がいるということ!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。スキです!
41
青木亮作です。TENTでプロダクトデザインを中心に、JIU10.com 、DRAW A LINE 、 NuAns などの他、BOOK on BOOK など自社製品も好評発売中。idontknow.tokyo としても活動しています。「なんとかする工作」という本も発売中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。