見出し画像

笑顔が似合う人たち

また衝撃的なニュースに、胸が詰まってしまうフリーライターのaoikaraです。

悲しいことが続くね、と本当に最近noteに書いたばかり。もう、また、こんな風に書きたくはないな。もう、誰も、いってしまわないでと思ってしまう。

そのことばかり考えてしまうから、今日は休みだけどたっぷり運動をして、それで自分を褒めたいのに、褒められる自分でありたくていろいろしたかったけど、やっぱりそのことばかり考えてしまって。

それでnoteも読むのがたまっているから今日はたくさん読もうとか、ドラマを見た感想を書こうとか、いろいろ考えていたけど「何も手につかない」と言い訳したくなってしまって、現実逃避にアマプラばかり見てしまっていた。

みんな、とても笑顔の似合う人たちで、思い浮かべるとそこには笑顔の表情があって、そうではない表情が思い浮かばないから、余計につらい。

いや、私なんてどの立場でもなく、ただ見る人なだけで、一方的に享受しているだけなんだけどね。私がどうにかこうにかなんて力は1mmもないとわかってはいるんだけど、おこがましいけど勝手に無力感があって、脱力してしまって。

今年は何度となくやってくるこの知らせに、妙に冷静に受け止めているようで、まだ事実として何も受け止められていないような、そんな心地で。

その人を責めたくないから、決断を責めることもできなくて、ただ誰でもない私だけどそのとき抱きしめられたらって、かける言葉もわからないし、何をしたらいいかもわからないし、そうすることが正しいとは思わないけど、そんな風に思ってしまう。

前を向く間もなく、時間は過ぎる。歩く力はないはずなのに、気力だけで歩かされる、走らされる。心が置いてけぼりになる。だから、立ち止まらせてほしい。打ちのめされそうな人たちに、どうか立ち止まる時間がありますように。

そんな人を「いつか忘れてしまうよね」と言っていた人がいて、私はそれが許せなくて、むしろその人を忘れることにしたのだけれど、だから私は忘れたくないと思う。何度も何度も思い返したいし、何度だって作品の中で再会する。忘れない、忘れたくない。

つらいことだけが取り除かれていたらいいな。明日からまた頑張ろうと思うから、今日は立ち止まらせて。

2020年9月27日(日)

No.646

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わわわ、本当にうれしい!ありがとう!
14
中卒フリーライター。在宅お仕事。 LOCARI、はつらつ元気とかで書かせてもらっております。 noteは好き勝手なこと書く。 ▶Twitter:@aoikara_writer ▶Blog:http://www.aoikara-writer.com/

こちらでもピックアップされています

なんでもない出来事を書く日記
なんでもない出来事を書く日記
  • 709本

毎日書きます。スケジュールはハードルを高く。内容はハードルを低く。

コメント (2)
aoikaraさん♡本当に本当に・・・想いがこもった記事に写真を使ってくださってありがとうございます☆
あやさん
こちらこそ、素敵なお写真を使用させていただき、ありがとうございます!
そっと寄り添ってくれる人がいてくれるようにという願いを込めて、優しい雰囲気のある桜のお写真を使いました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。