蛇口

喪女らしい妄想小説書いて喜んでます

ペンフレンド

今どき珍しく、 私にはペンフレンドがいた。顔は分からない。声も知らない。ペンフレンドといえば聞こえはいいけれど、ネットで出来た友人とそう変わらない。ただ、私のペ…

先生その背中についてるの……

そんなに驚かないで。君だって同じものを持っているんですよ。

そうなんですか?

はい、これはみんな持っているのです。ただ表面に現れるか現れないかというだけです。先生は忘れ物を取りに行ってきます。

はあ、わかりました。それではまた。

さようなら

運動ができない(というかやらない)人に贈る

運動ができない人というのは、いつの時も一定数いるものですが、私は最近「運動神経の悪さを根気でカバーできる人もいる」のではないかと思っております。 幼い頃、とい…

語尾に、知らんけどをつけると便利です

こんにちは。黄色い蛇口です。 今考えたのですが、私には苦手なものが三つあります。友達の友達、自分に似ている人、夜のしまむらです。 友達の友達は嫌いです。自分の友…

じゃがりこが教えてくれた大切なこと

とてつもなく久しぶりにじゃがりこを食べました。別にそんなにじゃがりこを好きだと思ったことはなかったのだけれど、久しぶりに食べるとそのあまりの美味具合に卒倒しそう…

パクチーブームがわからない

私はパクチーを食べたことがありません。パクチーがどんな味なのか、全く予備知識を持たぬままにBAKEのパクチー味?を買いました。「美味しかったら困るから」と二つ購入し…