スクリーンショット-2019-06-18-11

仕事で使うカメラとは。

趣味であればどんなカメラを使おうが構わないんですが、仕事になるとそうはいかないです。

カメラマンとして仕事をする場合、その内容によって機材は千差万別です。カメラマンのアシスタントやスタジオを経た人にはわかると思いますが、いきなり「写真が撮りたい」と言ってカメラマンを目指す人のためにまとめておきます。

当たり前ですが、カメラは必ず故障します。その時に困らないように同じカメラを2台ずつ買うのが基本です。最近のカメラは性能がいいので、メーカーはCANONでもNIKONでもSONYでも好きなモノを。

この続きをみるには

この続き: 1,220文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

写真の部屋

月額500円

人類全員が写真を撮るような時代。「写真を撮ること」「見ること」についての話をします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

多分、俺の方がお金は持っていると思うんだけど、どうしてもと言うならありがたくいただきます。

パソコンとスマホのない荒野
33
写真家・アートディレクター。着ぐるみの中は繊細です。1964年生まれ。「ロバート・ツルッパゲとの対話」 https://www.amazon.co.jp/dp/4908586071/

こちらでもピックアップされています

写真の部屋
写真の部屋
  • ¥500 / 月

人類全員が写真を撮るような時代。「写真を撮ること」「見ること」についての話をします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。