糖尿病が完治?する「スロースクワット」"桃色筋肉"


 ガシッと地面に足をつき、少し腰をかがめて(スクワット体勢)、魚をくわえる川鵜ちゃん。健康そのものですね。


 いまや糖尿病は患者と予備軍を合わせて2000万人。医療費の高騰(健保の破たん)や寿命にも悪影響を与える国民病?。

 なんと、メタボ(肥満と糖尿病、高脂血症)の人が、「スロースクワット」を3カ月実施(週に2日)するだけで、糖尿病の高血糖値が正常値にまで急降下。

 「スクワット」は、全身の筋肉の7割を占める下半身の筋肉を動かすことで、エネルギーを効率的に消費できます。 

 人間の筋肉は、主に
■「赤筋」 持久力に優れ、脂肪を消費しやすい (有酸素運動)
■「白筋」 瞬発力に優れ、糖を消費しやすい (筋トレ)

 と2種類の筋肉があります。
ところが、スロースクワットを行うと
桃色筋肉 脂肪と糖の両方を消費
が生じる事が判明。
 つまり、「白筋」の中にミトコンドリア(赤い色)が混じることで桃色(ピンク)に見えるわけです。

 福島の病院で30年間にわたって行われて、糖尿病対策に抜群の成績を上げている「スロースクワット」
 実はトリ仙人も数カ月ほど前から、毎日スロースクワットを実施しています。

 糖尿病は自力で完治はないといわれていましたが、最新の研究で、体重コントロールに成功すれば、すい臓のβ細胞が再生することが判明。つまり糖尿病が完治するというわけです。
 私も徹底した体重コントロールに成功して糖尿病は完治していますから、私のスロースクワットの目的は、あくまでも足腰(特に膝)の柔軟性とタフさの獲得です。
 おかげで、足腰や体幹の柔軟性は30代?。



■「楽に生涯・健康ダイエット


3カ月で「糖尿病とメタボ解消」ダイエット


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、生き物ポランティアのエサ代金などに充当させていただきます。 かわゆいウミネコ200羽達や川鵜、ハト達、7頭のヤギ達の笑顔に癒されます。

やった~
13
IQ180の元開発技術者(健康、ダイエット、長寿を研究中)   メタボの死病3つ(糖尿病や脳梗塞など)と、ハゲから脱出。     「一期一会」水鳥達や生き物との触れ合い。 淀江町宇田川河口/鳥取県 http://yase.chu.jp/diet.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。