「手の平」は"命のラジエーター"


 猛暑の季節になりました。
米国では気温38℃で国を挙げての大騒ぎになり、熱中症による死者も続発とか(汗)

 この怖い「熱中症」対策には、体温(深部体温)低下が欠かせません。

 従来の「熱中症患者」の救急の心得では(今も?)
太い血管の通る「首、わきの下、鼠蹊部(足のつけね)」を冷やすのが金科玉条の鉄則でした。

ところが欧米での30分間の冷却効果を調べた科学的測定では
太い血管の通る「首、わきの下、鼠蹊部(足のつけね)」を冷やす
  ⇒ 体温(深部体温)は「0.6℃」低下


この続きをみるには

この続き:478文字/画像3枚

「手の平」は"命のラジエーター"

トリ仙人(健康&生き物ボランティア)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、生き物ポランティアのエサ代金などに充当させていただきます。 かわゆいウミネコ200羽達や川鵜、ハト達、7頭のヤギ達の笑顔に癒されます。

嬉しいです。
6
IQ180の元開発技術者(健康、ダイエット、長寿を研究中)   メタボの死病3つ(糖尿病や脳梗塞など)と、ハゲから脱出。     「一期一会」水鳥達や生き物との触れ合い。 淀江町宇田川河口/鳥取県 http://yase.chu.jp/diet.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。