見出し画像

【マーケティング】ターゲットは1人に絞れ!

こんばんは、おおひさ です。みなさん4月からの仕事はどうなりますか。僕が通う大学院は、コロナの影響で授業開始が延期になりました。休講中に何を勉強しようかなーとか、積み本を読まないとなーと考えています。

話は変わって今回は「マーケティングの初歩」について発信していきます!僕が所属する勉強会のコミュニティで、以前マーケティングにをテーマに教えていただきました。ただし、マーケティングについて何も知らない人が「まずここを意識すると、大失敗は防げる!」という本当に初歩の初歩になっています。ですので、マーケティングに詳しい人は太字だけでも読んでみてください!

マーケティングとは

スクリーンショット 2020-03-31 13.23.49

そもそもマーケティングとは何でしょうか。

一言で言うと、「市場活動に関わる全てのもの」です。全てのものって言い方はちょっとせこいなと思いました。笑

マーケティングは戦争論や恋愛の考え方と似ています。限られた資源と条件で、いかに相手に勝つかを考えないといけません。戦争には終わりがあり、恋愛にも交際や結婚といったチェックポイントがあります。しかし、ビジネスには終わりがありません。だから自分が死ぬまで考えないといけないと言うことです。

マーケティングはなぜ必要なの?

スクリーンショット 2020-03-31 13.24.35

マーケティングはなぜ学ぶ必要があるのでしょうか。

それは効率が良くなるからです。

効率が良くなるとはどういうことでしょう。

例えば、どのような年代に、何を、いくらで、どこで、販売するということを具体的に戦略を立てます。そうすることで、今まで100人に1人の確率で来店するのお客様を90人に1人、80人に1人というように確率を上げることができます。

同じように働いていても、マーケティングを学んでいるかどうかで売り上げのリターンが大きく変わるでしょう。

直接競合と間接競合

スクリーンショット 2020-03-31 13.22.57

大きなフィールドで戦う場合、必ずライバルとなる会社がいます。ライバルの会社は2つに分類されます。ひとつは直接競合、もうひとつは間接競合です。

直接競合は、文字通り直接ライバル関係にあたる会社のことです。つまり同業者になります。間接競合は、自社がターゲットとしている顧客のニーズを自社とは異なる方法で満たしている競合のことです。

例えばラーメン屋の場合、直接競合は他のラーメン屋ということになります。間接競合は回転寿司やイタリアンなど、他の飲食店ということになります。また整体における間接競合は、ジムやヨガのフィットネス、整体に通う時間そのものなども含まれます。

直接競合はすぐに浮かびますが、間接競合はイメージしづらいです。そして、個人事業が超大手に勝つことは難しいです。そこで直接競合とは戦わず、間接競合の客層を自分の顧客にすることができれば、売り上げが跳ね上がる可能性があると思いませんか?

ターゲットは1人に絞れ!

スクリーンショット 2020-03-31 13.25.39

ターゲットの明確化は非常に重要です。不特定多数の人に発信してもなかなか伝わりません。100人に伝わるラブレターと1人のために書いたラブレターでは、どちらが感動するでしょうか。おそらく後者です。まずは誰に売りたいのか、1人をイメージしましょう。そもそも不特定数を相手にしているということは、自分にとっての競合を把握できていないということです。

そして、ターゲットを決めるときは具体的に決めましょう。

性別・年齢・居住地・年収・性格・家族構成・仕事 など

既に事業を展開している場合は、よく来てくれる顧客とターゲットのズレを確認しないといけません。ズレが大きい場合、ターゲットの修正もしくは事業の修正が必要になります。ただし、事業の修正にはかなりの費用が必要です。しかも、修正後に100%成功する保証はありません。修正はターゲットにしましょう。ターゲットの修正にはお金がかかりません。広告を作り直す程度です。

そして、競合を見極めて否定しましょう。例えば、どんなに良い髭剃りでも肌は傷つけてしまう。その結果肌が荒れてしまう。だから髭剃りはやめて脱毛に乗り換えませんか?といった感じです。

競合のマイナスポイントを指摘して自分を売ることで、離脱率を下げることができます。

やってはいけない注意点

スクリーンショット 2020-03-31 13.26.39

自分のやっていること、売り出す商品やサービスをただ伝えるだけではいけません。ただ独りよがりに伝えるだけではポエムと同じです。届けたい人にとってメリットがなければ、選択肢にも入ることができません。

例えば飲食店のキャッチです。一方的に話しかけられ面倒に感じた経験はありませんか。こちらは行くか行かないかの選択肢しかありません。これと同じことをしていても相手を不快にしてしまいます。

競合である他社の評価をマイナスにした上で、自分たちの商品やサービスのメリットを提示したほうが効率的です。その人が使う他社のサービスを一度ストップさせる必要があります。その上で自分たちのことをアピールしましょう。

最強の広告

スクリーンショット 2020-03-31 13.28.15

最強の広告、それは口コミです。

口コミは無料です。しかも、口コミをする人は自分の信用を使って他の人に伝えてくれます。口コミをする人自身にメリットはそんなにありません。でも言いたくなっちゃう。この感じ伝わるでしょうか。笑

また、口コミって自分と同じようなひとにしませんか?つまりターゲットに似ている人へ次々に広がるということです。全く新しい顧客よりも、同じジャンル層の顧客を集めた方が効率的です。

口コミが広まるまでは時間がかかりますが、先を見ることも大事でしょう。

まとめ

マーケティングとは「市場活動に関わる全てのもの」です。そして、ビジネスには終わりがありません。だから自分が死ぬまで考えないといけないと言うことです。また、マーケティングを学ぶことで、顧客獲得の確率が上がります。

まずは直接競合・間接競合を調べましょう。敵を知るところから戦いは始まっています。

そしてターゲットを明確に、具体的に決めましょう。不特定多数はダメです。ひとりに絞ることが大切です。

競合を否定しましょう。自分を売り込むことに集中してはいけません。相手を落として自分が登る意識です。

口コミを使いましょう。「信用」は大切です。ときに信用はお金に監禁することができます。先を見て計画を立てましょう。


今回は、マーケティングの初歩の初歩について発信しました。ここだけは最低限外せないポイントになります。事業やイベントを計画中の方は参考にしてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます!サポートでいただいた費用は、本や教育関係のクラウドファンディングに投資しようと考えています。その投資から得たものは、またnoteの記事で発信していきます。よろしくお願いします!

ランニングがマイブームです!
14
教育系大学院生/研究テーマは「教えない授業」/和歌山城おもてなし忍者/無人島開拓スタッフ/MUP🐰/2020年からnote運用【6ヶ月で31000pv3500❤️達成】公教育の疑問、MUP、無人島での体験を発信/HSS型HSP

こちらでもピックアップされています

学級通信
学級通信
  • 139本

学校教育、授業、指導の仕方などについて学んだことや自分の考えを発信!!とにかくアウトプット!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。