見出し画像

ポタージュとおにぎり

天海 悠



無料の駐車場が埋まってしまうから朝早くに出た。
朝市は初動が肝心なのはわかっているがそうそう起きられない。

なまけものなので。

この日は奇跡的に起きられた。
そういう時を逃しちゃいけない。

まだ人もまばらで、出展者がブースの設営をしている時間帯だった。
早くから完璧に整えている所もあれば、今来たばかりで車から資材を降ろしている所もある。

一つの店の前で足を止めた。
「もう頼めますか?」
「どうぞ」
かぼちゃのポタージュと、六穀米の焼おにぎりを頼む。
朝ごはんの代わりだ。

この店のご主人、ものすごく手際が悪くぶきっちょだった。
おろおろして周囲を見回してエプロンで手をふき、まずは鍋の蓋を取って慎重にスープの具合を見る。

のろい…。

こちらは特に急ぐ必要もないので、せかすこともなく黙って見ていた。

あまりの不器用さを見かねて、周囲の出展者の人がワラワラと集まってきた。

「あー、こっちはやるから!お客さんの対応して!」

自分の店そっちのけで手伝っている。
手伝うよとも言わずに、無言でお客様用のカップを並べている人もいた。

後ろを見ると、ぎょっとするぐらい長蛇の列になっている。

しばらく待って、やっとスープとおにぎりが出た。
お会計をしたのは隣のブースの人だった。

「はいお待たせ、どうもありがとうね!また来てね~!」

本人はこんなてきぱきした対応はできそうにない。
隣でスープの具合を見ながら、緊張した顔で少し頭を下げただけだった。

長打の列を横目にスープをすすり、おにぎりをかじる。

おいしい!

きっと朝早くから起きて、ゆっくりゆっくり丁寧に、いい意味で手際悪く作ったんだろうな。

向いてる向いてないと好き嫌いは別で、やれることとやりたいことも別で、その上で人には適材適所と、それぞれに合ったペースと生き方があるんだろう。


朝市でゲットしたアジを、だんなが新聞紙をしいてさばく。
子供たちが大きめの二尾をあっという間に平らげた。
骨から取っただしがきいた味噌汁が美味しい。


これだから朝市はまた行ってしまうんだよな。
その時にしか見られない風景と海の色を探しに行く。

眠いけど。





終わり





>>細々やってるHP
>>漫画レビューブログ
>>なろうのマイページ
>>最近稼働させはじめたTwitter

この記事が参加している募集

イベントレポ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
天海 悠

児童書を保護施設や恵まれない子供たちの手の届く場所に置きたいという夢があります。 賛同頂ける方は是非サポートお願いします。 https://note.mu/amamiyou/n/n2852ad1fd345?magazine_key=m7216497aff39

天海 悠
へっぽこ自家発電小説書き 古典が好き・クセのある漫画が好き #オリジナル小説 #読書 #児童文学 #project gutenberg #note文芸部 HP「オニグルミの森」 https://cappella.mitsu-hide.com/