見出し画像

貝と蝶と(鬼と蛇 細川忠興とガラシャ夫人の物語 9)

天海 悠

※画像では、「縦書き・多少の加筆つき全文」をお読み頂けます。


目次 鬼と蛇 細川忠興とガラシャ夫人の物語

前回のお話 第八話 「おちの白山」



貝と蝶と


 小さな許婚いいなづけ一組を残し、遠慮した松井康之と明智左馬之助は、御簾みすを下ろしてから主人二人に付き添って控えの間に入った。左馬之助がしきりと首をひねっているので、松井はどうかしたのかとそっと尋ねる。

「先ほど、わたしは熊千代ぎみにものすごい顔でにらまれたのだが、何かお気に召さぬことでもしたかな?」

 ああ、と松井はうなずいた。

「気にすることはない。わたしもいつもにらまれておる」


 ◇


 熊千代と珠子はしばらく黙って向き合った。
 傍には珠子の乳母らしき老女と侍女が二人、かしずいている。

 坂本城は勇壮な岐阜城とは違う繊細で壮麗な美しさがあった。山水を描いた見事な屏風絵に、女たちの華やかな打掛うちかけの色が加わって、熊千代はまるで別の国にいるような心地がした。
 縁談がほぼ確定となり喜びがひと段落したあと、熊千代の中では、さまざまな情報がぐるぐると渦巻いていた。

 信忠と津田坊が何気なく口にした話は、熊千代の心を打った。

 男とは、好きなおなごが欲しければ力を持ってしても奪うものなのだ。自分とて、知略(と勝手に自負していた)によって得たこの話。

 ──娘御むすめごにとってはとんだ不幸かもしれぬぞ。

 不幸なのか、どうなのか、確かめねばならぬ。熊千代は決心していた。
 うじうじ悩むのはみっともない。立派な男子の所業ではない!


 ◇


 少女は目の前に座った熊千代を眺めている。
 顔は緊張のためか白くなっており、ひどく思いつめた顔色だ。
 お珠さま、決して好奇心に負けて、じろじろと上から下まで見たりしてはなりませぬよ、と乳母にかたく言い含められていたが、姉のおさとは笑った。おたまの好奇心は底無しだもの。何から何まで観察するに決まっておる。

「最初に問いたい」

 口を先に開いたのは熊千代の方だった。

「おまえはほかに思うておる男でもおありか!この熊千代の妻になって不服はないか!」

 熊千代の顔があまりにも真剣なので、珠子はうっすら頬を歪めた。そのさまは大人の男でも凍りつきそうな艶があったが、熊千代は緊張のあまり気付く余裕がなかった。嘲笑されたかとのみ受け取って激昂げっこうする。

「何がおかしい!」
「あればどうするの」
彼奴そやつを殺す!」

 白かった顔にさっと朱が走り、半立ちになって刀を抜きそうな気配に、付き添いの乳母と侍女が顔色を変えたが、珠子は眉一つ動かさない。
 そばに置いた螺鈿らでん細工の箱の中から、百人一首やすごろくや貝を取り出して二人の間に並べ始めた。

「不思議よなあ」

 ひとつの真っ赤な貝を取り上げて透かした向こうに気色ばんだ熊千代の目を見る。切れ長の目が貝に隠れて片方だけこちらをまともに見る、そのまぶしさに熊千代は心臓が高鳴った。

りんき、、、の実をあげたではないか。だから悋気りんき(嫉妬)いたすのか?」

 とすれば、この子はあの時のことを覚えているのだ。そして相手が細川の子息であったことも知っている。熊千代はいっそう頬が赤くなった。

「寺の坊主は、あれは利宇古りうこというのじゃと言っていた」
「あれはね、おまえが泥だらけで泣いてたからあげたのです」
「泣いてなどおらぬ!」

 わめいて足を踏み鳴らすのをほったらかしに、珠子は勝手に話を続ける。

「父上はね、おたまに見られると皆、蛇に遭うた蛙のようだと言うの。ぴたりと止まって動かなくなってしまう。たれもあまりあそんでくれぬ」

 熊千代はもじもじしてから、腰から手を離し、またどすんとあぐらをかいて座った。

「さ、何かしてあそびましょう。めおとになるのだからよいのでしょ。あのときみたいにおいかけっこがよいか。おはなしでもするか」

 熊千代は少しやわらいでいた。
 これはまだ、まるでこどもだ。おなごではない。いくさのことも知らぬし、泥と血だらけの世間もあまり知らぬのであろう。
 かえって気安くなり、にじりよって再度たずねる。

「のう、おれの妻になってよいのか?」
「しつこい」
「この耳で聞かねば帰れぬ!すきか、きらいか、聞きたいのだ」

 少女はきっとなった。

「そもそも、思うた男とは何?どういうのが思うておるということになるの?すきか、きらいかということ?それと、めおとは関係あるの?みな、お互い顔も知らぬのに『とつぐ』のでしょう。そう母上から聞きました」

 思わぬ鋭い切り替えしに、熊千代は返事が出来ない。

「わたしは父上のことははだいすきです。でも父上の小姓たちも、同じ年の者も小さい者もおるが、みな遠巻きでじろじろ穴があくほど見てくるだけで、話しかけても返事もせぬし、みんなだいきらいじゃ。おとこはきらい!」

 思わぬ激しさに吃驚びっくりしている熊千代に、珠子は打って変わって嫣然えんぜんとほほ笑んだ。

「でも、熊千代は違いますね。おいかけっこしたではないか。だからあそんでくれますか?」


 ◇


 明智十兵衛は苦笑した。

「何をはらはらなされているのです」
「いや、うちのはまことに、まことにたわけの乱暴者で見境がないゆえ、些細なことで火がついたようにかっとなると手がつけられぬ。泣かしでもしたら、いやじゃと思われたら、どうしたらよかろうか。上様に顔向けができぬ」
「では様子を見に行くといたそう」

 十兵衛は腰を上げ、藤孝は後ろに続いた。
 扇子で顔を隠し、部屋の外から、外に控えている侍女にそっと声をかける。

如何いかがか」
「仲良う遊んでおられます」

 細く開いた御簾みすあいだを大の男が二人、首を伸ばして中をのぞいた。
 藤孝は信じられずに目をむいた。

「か、貝合わせ……」

 絶句した。眩暈がして思わず柱にすがりついた。あ、あの熊千代が……。
 きっぱりした、鈴の音のような声音が聞こえてくる。

「和歌は上の句と下の句を離してもそのままで美しゅう見えるのと、合わせねばまるで意味がわからぬのとあるでしょう」
「ふむ」

 熊千代は、歌の合わせ方はわからないまでも、珠子がすでに揃えた貝の形を蝶のように置いて並べた。すだれ越しにす、早くも斜めになりかけた冬の日射しを見て、さらにそのうちのいくつか片羽を裏返して置いた。
 すると、光の加減で蝶が舞っているように見える。

「こうしたが面白い」

 少女は手を叩いて喜んだ。

「熊千代は上手いのう。ずっとこのままにしておきたい」
「お珠はこれがすきか」
「すき!すきじゃ」

 ぱあっと熊千代の顔が輝いて、とろけそうな笑顔になる。
 藤孝が胸をはっと突かれたのは、こんなにも幸せでうちとけた顔をしている熊千代は、たとえ上様の前でも見たことがないという事実だった。

 御簾を上げ、十兵衛が中に足を踏み入れると、娘ははじけるように立って、父親の腰にまとわりついた。年よりも子供っぽい仕草で、藤孝には既視感がある。はて、いつのことだったかと考え、はっと思い当たる。同時にすべての合点が行ったような気がした。

「細川殿がお帰りだ」
「父上、父上。まだ熊千代どのとあそびたい」

 いやいやと固辞して力ずくで熊千代を引きずり出そうと思いながら藤孝が口を開いたとき、衣擦きぬずれの音とともに、明智の妻である煕子ひろこが現れた。

「いかがですか?」
「大事ない」
「本当に?熊千代君は無事でしょうか?参っておられませんか。あの子が何ぞやらかしはいたしませなんだか?」

 藤孝は疑問に思う。
 うちは熊千代が娘御を取って食うのではないかと心配していたが、明智家の方は、なぜだか熊千代がとって食われてはいまいかというような心配をしているようだ。

「これは、煕子殿」
「細川さま、お久しゅうございます」

 内室は手をついて、深く丁寧なお辞儀をした。十兵衛もそうだが、奥方もこちらが目上であった時の事を今でも忘れない。
 そんな穏やかな内室が、よほど不安とみえまだ言っている。

「本当に大丈夫なのでしょうか」
「思うたよりも平気そうであった。幼い頃から交われば、熊千代君も珠子はかようなものとわかってくれるであろう」

 大人たちの会話は続くとみて、珠子はちょろりと姿を消していた。熊千代がまだ座っている部屋に戻り、二人で顔を寄せて何ごとか語らってはくすくす笑っている。初対面とは思われないむつまじさだ。藤孝はそっちが気になって、会話が頭に入ってこなかった。
 煕子は不安に藤孝の方を向いた。
 ここの所、あまり具合がよくないと聞いていたが、病をおして出てきたようだ。

「あの子の執念深さと言ったら、本当に参ってしまいます。侍女たちも泣かされ困らされ、やりこめられまする。思い込んだら猪突猛進、目が見えぬようになるのです。あの調子でデモデモダッテを繰り返されては、子息しそくも参ってしまうのではなかろうか。嫌われはしますまいか」

 年嵩としかさの乳母が、こらえきれぬ顔で口を出した。

「質問責めとなるとこれはもう矢の催促さいそく、この度のめでたき仕儀も、夫婦めおととは何か、なぜ自分なのか、上様はなぜ自分のことを知っているのか、どうやって決めたのか。なぜ、なぜ、なぜ!それは大変でござりました」

 乳母は煕子にたしなめられた。しまいに珠子はふと、それは断ることも出来るのか、と尋ねてきて家中すべてが血の気が引いたことまでは、女衆たちはさすがに口をつぐんで言わなかった。

「またおたまさまのめんどくさいがはじまったと、皆で閉口しておりまする」

 藤孝(熊千代が気になってよそ見をしていた)に、十兵衛は丁重に頭を下げた。

「わたしもあれをひどく甘やかしてしまったゆえ、いつまでも子供で困りまする。これから武家の妻になる心得を十二分にといて聞かせねばならぬ。嫁入り修行はこれからです」
「いや、そのような……」
「こんな世の中ゆえどうなるかもわからぬが、末頼もしい立派な御子息。まことに良縁を頂いたと思っております。どうかお珠をお頼み申したい」


 ◇


 帰り道に、来た時と同じく、明智左馬之助が城外まで付き添った。松井康之は明智家とは一定の距離を保っている。十兵衛もそれと察して何事も言わないが、そんな松井も左馬之助だけは別格であるようだ。親しく囁き交わす姿があった。

 この右腕の甥がいる限り、明智家は安泰であろう。しかし、もう二十はたちをとうに越えた壮年となっているのに、十七であったお岸をもらいそこねてから艶聞のひとつさえ聞こえてこないのはどういうわけだろうか。堂々と挨拶をする様子には、今回の婚約に対して何らわだかまりを持っている様子はなく、十兵衛の寵童であったとか、衆道の方を好むというのはこれは単なる噂に過ぎないらしい。
 その左馬之助の背後に、もう一回り若い侍が控えているのを見て、藤孝は首をひねる。確かにどこかで見た顔だった。それも、敵側として見たのではなかったか。
 あれはつい数ヶ月まえ、一乗谷で滅んだばかりの朝倉の家老、山崎吉家の眷属けんぞくではあるまいか。
 心を読んだように、十兵衛は言う。

「山崎どのの甥御でござる」
「吉家どのの一族は、一乗谷で討死なされたと聞いたが」
「甥御は柴田殿にお願いして一命を助け、こちらに引き取り申した。昔、山崎家で子息の武術指南をしたことがあってな、そのゆかりです」

 明智はその場で彼を呼んで、藤孝に挨拶をさせた。
 十兵衛にはこういう所があった。家中の将はいついかなる事が起きようと、いずこへも士官できるよう、あるじに遠慮せずどこにでも顔を売れとの配慮なのだ。

「配下が多くなり、家中をまとめるのが大変です」
「そなたならば問題はなかろう」

 明智家中は美濃の兵よりも、すでに近江周辺の者の方が多いように見える。また、幕臣として仕えていた下士たちの顔もそこかしこにあった。この中で熊千代とあの娘の縁組は不思議なえにしにつながれた最後のくさび、明智光秀と細川藤孝が切っても切れぬ仲になったことのあかしであるような気がした。


 ◇


 麝香が無駄を許さず、家計をめるだけ締め上げたので、熊千代はやっと岐阜城のふもとに借家を持つことができた。小姓部屋のすし詰め状態から解放されてほっとする。

 家人けにんは二、三人しか置く事は出来ないが、熊千代のそばには有吉がずっとついていた。
 お付きがあのようなばかで大丈夫か?と半笑いで聞いてくる朋輩ほうばいに対して、熊千代はむきになって言い返す。

有吉ありよしはばかではない!びて訂正せよ!」
「ばかではないか。何を聞いても返事もせぬし、ぬぼーっとただ突っ立っているだけ!この前は川で溺れかけたそうではないか。家臣の質が知れたものよ」

 当然、取っ組み合いの大喧嘩となった。
 有吉は幼名、万助を元服して四郎右衛門立行たつゆきと変えていた。
 父、藤孝は岐阜と勝竜寺を行き来するのに有吉だけではさすがに不安だったとみえ、隣接する高槻たかつき城の高山家に頼んで、ここの嫡男と往来時に機会が合えば同行するよう頼んでくれた。

「高山右近と申す。熊千代君にはどうぞよろしゅうに」

 礼儀正しく挨拶をした二十はたちの若武者をはじめて見たとき、熊千代はぎょっとした。
 今人気の南蛮渡来の天鵞絨ビロードを用いた外套マントを羽織っていたが、それより驚いたのは、彼は若いのに顔も手も傷だらけだった。特に首にはまだ癒えきっていない赤黒い生傷が口を開いており、その傷は後頭部から始まってほとんど首半分を回っている。その傷の上に、真っ白な数珠が取り巻いているのが、よりいっそう奇怪きっかいな印象を与えた。胸に下がっている数珠の先には十字型の鋳物がついて揺れていた。
 熊千代が遠慮も何もなく、まじまじと彼を見ていると、高山彦五郎右近はほほ笑んだ。

「わたくしは南蛮教。熊千代君には、お珍しいか」
「いやそうではない。その……」
「ああ、この傷の方でござるか」
「痛まぬのか?」
「もう、大方おおかたよくなった。もはや痛みませぬ」

 こともなげに言う彼を、熊千代は尊敬する気分になった。熊千代は岐阜城で見慣れている南蛮服などより、はるかに傷の方に興味があった。しげしげと見ては触れたがりさえする始末なので、高山右近は快く傷にまつわる逸話を話してくれた。

 高山父子の主君だった和田是政の戦死後、仕えていた息子の和田惟長これながが高山父子の殺害を計画しているという。父子は荒木村重に相談、後援を得て惟長と右近が話し合いに入った。

「心苦しいとはいえ、趨勢すうせいは最早変えられぬ。義昭さまをお見捨てする覚悟で信長さまにお仕え頂けるよう、最後の説得に上がりましたが、聞き入れてもらえなんだ。刀を抜き、お互いに切り結ぶうちに灯火が倒れて、あかりが消え申した」

 右近の言葉は静かで淡々としている。
 暗闇の中で、声と気配だけを頼りの闇雲やみくもな立ち回りの中で、右近は首にぬるぬるしたものが流れるのを感じて手をやった。痛みすら感じなかった。灯火が付けられ、血だと気付くより前に、右近は昏倒した。運び出された時には大量の血を失っており、傷も深く、もう駄目だと思われたが右近は奇跡的に回復した。
 和田惟長も重症を負い、熊千代の叔父、藤英の伏見城まで逃げ落ちたが死亡したと言う。
 荒木村重と細川藤孝が、そろって信長を逢坂の関で出迎えるのは、この事件のわずか十八日後のことだった。

「去年の話でな」
「それで、そこまでえたのか。すごいな」
「如来のお導きでござる」

 右近は目を閉じ、額から胸、左肩から右肩へとわたる、不思議な印を切った。熊千代は妙な顔をする。

「それは何だ?」
「祈りの作法でござる」

 だが右近は南蛮教についてはそれ以上突っ込んで触れようとせず、話は首の傷に戻っていった。とおも違うのに右近は決して若年扱いをせず、大人に話すような調子で話した。

「荒木にけしかけられたのではないかと、藤孝殿は気にされるが、わたしはみずから選択してやったのです。公方さまと惟長どの……二重の主君への裏切りです。この罪は傷とともに私が負うていかねばならぬ」

 だしぬけに熊千代は激しい口調で怒鳴った。

「それは彼奴そやつが悪い!成敗されて当然だ!だから伏見の叔父上(三淵藤英)も、ずっと蟄居ちっきょになって出ては来れぬ」
「熊千代君はそう思われるか」
「主君を見捨てたというならば、父上とて同じこと。だがそれの何が悪い?誰がもっともお仕えするにふさわしいかは見ればわかる。信長さまにお味方するは当然のことだ。右近、そなたは何一つ気にすることはないぞ!」

 十の少年に慰められて、高山右近はまた笑ったが、かすかに表情に暗い影がした。
 別れ際に、右近は一言言い残した。

「熊千代君は、明智様のご息女と御婚約が整ったとのこと、明智様には南蛮教のことは話されぬがよろしかろう」
「そうか?」
「あまりお好きではないようなので」

 熊千代はこのやり取りのことをあまり深くは考えず、素直にただうなずいた。

 




第九話 終わり

次回のお話 第十話「明智屋敷の樹の上で」

目次 鬼と蛇 細川忠興とガラシャ夫人の物語



以下の画像では、縦書きバージョンを画像ファイルでお読みいただけます。


▽画像ファイル

・縦書き文庫風表示(画像)
・流血表現などに多少加筆あり
・風景表現などに多少加筆あり(基本、内容に変わりありません)
・マニア向け。細川→長岡・光秀→日向守、など、出来る限り再現。(限度あり)


>>細々やってるHP
>>レビューブログ
>>児童書ブログ
>>なろうのマイページ
>>Twitter(@mwagtail30)


画像(縦書き・ルビつき・加筆有り)


画像は、最初のひとつをクリックすると、スライド式に読むことができます。

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

画像8

画像9

画像10

画像11

画像12

画像13

画像14

画像15

画像16

画像17

画像18

画像19

画像20

画像21

画像22

画像23

画像24

画像25

画像26

画像27

画像28

画像29

画像30

画像31


画像。本型。見開き版。

ちょっとテストで、見開き版を載せてみました。

画像32

画像33

画像34

画像35

画像36

画像37

画像38

画像39

画像40

画像41

画像42

画像43

画像44

画像45

画像46

画像47


次回のお話 第十話「明智屋敷の樹の上で」

目次 鬼と蛇 細川忠興とガラシャ夫人の物語


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
天海 悠

児童書を保護施設や恵まれない子供たちの手の届く場所に置きたいという夢があります。 賛同頂ける方は是非サポートお願いします。 https://note.mu/amamiyou/n/n2852ad1fd345?magazine_key=m7216497aff39

天海 悠
へっぽこ自家発電小説書き 古典が好き・クセのある漫画が好き #オリジナル小説 #読書 #児童文学 #project gutenberg #note文芸部 HP「オニグルミの森」 https://cappella.mitsu-hide.com/