Sunny Days Scenery

117
感動と喜びと。

感動と喜びと。

今、広瀬すずさんが出演している三井不動産の「Be the Change」のCMで使われている「Tie A Yellow Ribbon Round The Ole Oak Tree」(幸せの黄色いリボン)という歌をご存知でしょうか? Dawn(ドーン)というグループが歌うとっても朗らかで陽気なイメージの歌です。 とってもいい歌なので、ちょっと紹介しておきたいなと。w でもこの歌。 こんなに親しみやすい朗らかな曲調なのに、実は刑務所を出所した男が故郷に帰ろうとしているバスの

46
光の旅人

光の旅人

「流星群」という言葉の響きは、 人の眼を夜空に向かわせるには十分な魅力を備え持った言葉だと思います。 今月7月に見られる流星群は「みずがめ座δ流星群」や「やぎ座流星群」。 今月26日辺りから極大を迎えます。 夜中なら朝方まで流れ星を見ることができます。 基本的にこの2つの流星群はほぼ同時期の活動となりますが、やぎ座流星群はみずがめ座δ流星群より速度が遅いのでやぎ座流星群の方がゆっくり流れて見えるらしいです。 どの流星がどちらの流星群のものなのか考えながら眺めるものいいかも

88
儀式

儀式

梅雨の空の小さな晴れ間。 あるいは空のフタでなんとか雨を抑えてるかのような曇り空の下。 例年なら、湘南の浜では夏の準備が着々と進められています。 海岸のビーチハウス。 来る夏を想いながら、 そして、夏の喧噪を迎えるために 海の家の着工が粛々と進められてゆくのです。 **** それは、ロコたちそれぞれ自分たちの海だったこの浜辺が みんなのパブリックなビーチになるよという儀式。 儀式が終わると、エネルギッシュで生命力に溢れた夏がやってきます。 笑顔。 歓声。 喜びや幸福。

70
僥う。

僥う。

graphic web magazine 「STAY SALTY」のvol.14をお送りします。 **** 今回の文字は「僥う(ねがう)。」 「ねがう」「もとめる」という意味です。 「僥う(ねがう)。」の「僥」は「僥倖(ぎょうこう)」という、「思いがけない幸運」を指す言葉に使われます。 つまり、願ったり望んだりした中で溢れてくること、という意味にも取れるのではないかと。 つまり、まだまだ混沌とした情勢ですが、そろそろ前を向いていろんなことをチャレンジしていけば、幸せなこ

111
夏と虹

夏と虹

夏の雷雨。 遠雷が鳴り響き、空が暗くなります。 空気の匂いがだんだんと湿った独特の匂いに。 ほどなくして一気にバケツをひっくり返したような大雨が。 この時の大気の匂いが大好きなんですよね。 しばらく窓辺に座って雨を眺めていたら、 さっきまで遠雷だった雷が真上に。 カラカラカラドッシャーン! すんげえ音で雷が鳴り響きます。 いいねー。 これぞ夏って感じで。 一気に空気も涼しくなってきますしね。 「夏はやっぱ、夕立だね」 なんて一人呟きながら こんな時は窓の外を眺めていたいも

85
習慣

習慣

別に毎月1日とか2日とか日にちを決めているわけではないんですが。 僕は毎月、月初めにどこかの神社にお参りをしています。 お参りと行っても、お辞儀をしてお賽銭を投げて、 鈴をジャラジャラと振って、2度柏手を打って手を合わせて、 「いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします」 と心の中でつぶやいて、またお辞儀して終わり。 ものの1分くらいの行事なんですけれども(笑)。 それもわざわざ出掛けるのではなく、 駅前に買い物やどこかの打ち合わせの用事がある時に、 その

116
妄想インプット

妄想インプット

早朝、誰もいない浜辺を歩いていると波打ち際に誰か人影が。 駆け寄ってみるとおじいさんで、まだ息はある!と助けてあげる。 するとそのおじいさんは身寄りはないが大富豪で、命の恩人である僕に全財産をくれると言ってくれる。。。 なんて妄想を、誰もいない浜辺を歩いているとよくしています。 いや、必ずしています。^_^ *** 奇跡を待つことはよくあります。 その本気度は置いといて、都合のいい未来を期待して楽しむことはあるものです。 「奇跡を待つな!」 というセリフを見ることは

94
パーフェクト・デザイン

パーフェクト・デザイン

月は上弦に限る。 満月のパワーも 下弦の朗らかさも それはそれでいい。 だけど 月はやっぱり 上弦であるべきだと思うくらい 上弦の三日月は デザイン的に パーフェクトだと思うのです。 *** ちなみに どっちがか上弦でどっちが下弦か知っていますか? 冒頭で僕は「上弦がいい!」と言ってしまってますが、 僕が好きなのは厳密には「明け方の上弦の月」か 「日没直後の下弦の月」という意味なんです。 上弦の月と下弦の月を図解で説明します。 つまり、上弦・

99
改む。

改む。

graphic web magazine 「STAY SALTY」のvol.13をお送りします。 毎月なんとかリリースしてきてのvol.13。 そう。 なんと1周年記念号なんです。笑 パ〜パチパチ!!! **** 1年間、なんとか頑張ってリリースしてこれました。 これもそれもあれも、一重にこのマガジンに登場してくれて、無理な執筆期間指定にも応えて寄稿してくれた人たちのおかげに他なりません。 この僕が一銭にもならないこのプロジェクトですから、もちろん参加していただいた方

116
お祝いごと

お祝いごと

お誕生日のお祝いごとというのは単純に 「5歳になりましたね」 「10歳になりましたね」 「20歳になりましたね」 といった具合に、 全くいつ死んでしまうかわからない時間軸の中で 「またお誕生日を迎えられておめでとう」 もしくは「迎えてくれてありがとう」 という意味合いで祝われることが本質です。 **** でもこの歳になってくるとね。 90歳とか99歳とか100歳のように 重ねた歳の数そのものに意味を見出すにはまだ若輩で えらい中途半端な領域に突入していまして

106