見出し画像

我愛臺灣「台湾を知るならこれを食え!」

いまや台湾はグルメ旅行が代名詞のようになっています。
ガイドブックや旅行サイトをみれば、定番の小籠包や牛肉麺等あたりをしっかり確認することが出来るのですが、実はガイドブックや旅行サイトで紹介していないものでも台湾のどこで食べても美味しいものがあるのです。

それは『チャーハン』です。

台湾だったらどこに行っても、どの店で食べても間違いなく旨いのです。

台湾にもいろいろな店がありますが、高級な店にいかなくても、おじちゃん、おばちゃんのやっている店に入ってみてください。
間違いなく美味しいのです。

それは例えば小吃店、屋台でも、中には店の中にソファがあっておじさんが横になっているような店でも美味しいのです。

そんな店だからというわけでもないのでしょうが値段もびっくりの70~80元(200円~300円)
少し高めの店でも100元ちょっとで食べられるのには驚きです。

最近ではガイドブックや旅行サイトに特集されることも、たまにあるようですがガイドブックや旅行サイトにも載らない街中にある店を訪ねてみてください。

台湾グルメのハズレ率0%はチャーハンです。

秘伝!家庭でできる中華飯店の味

チャーハンは日本の家庭でも一般的な料理ですが、実際なかなかお店のようには出来ないものです。

本場台湾と同じとは言いませんが、日本国内の中華飯店くらいのクオリティのものは、あなたのお家でもつくれます。

ここからは、そのつくり方を紹介します。

お家のチャーハンとお店のチャーハンの大きな違いはご飯のパラパラ感です。

家で作るとどうしてもご飯がペッタリしてしまうなんてことはありませんか?

ポイントはご飯をパラパラに仕上げることです。

そのためには大きな火力が必要で火力に問題があるのですが家庭のガスレンジでは限界があります。

それでも出来る秘伝の技は次の通りです。

【用意する食材】

冷めたご飯
ネギ
玉子

コショウ
サラダ油orマヨネーズ
バター
醤油

✨お好みで肉でも野菜でも入れてください。

基本は玉子とネギで大丈夫です。(ネギは予め切っておきます)

①冷めたご飯を丼またはボウルなどの大きめの器にいれます。


②そこに玉子とサラダ油orマヨネーズを入れて、よくかき混ぜます。

✨玉子は好きなだけ
(私の場合は一人前2個入れます)
✨サラダ油orマヨネーズはやや多目にご飯全体に行き渡る程度


③フライパンを軽く熱したら、ご飯を入れて炒めます。

✔ここがポイント

このときは中火~弱火、焦がさないように全体に木ベラなどを使ってご飯を切るように炒めます。

④全体に火が通り始めたらネギたっぷりを入れて塩コショウしながら炒めていきます。

✨それぞれの分量はお好みで味を見ながら


⑤コクを出すためにバターを少々入れます。


⑥ご飯と玉子が別れて全体にパラパラになったら、火を止め
醤油をサッと回して余熱で気持ち焦がします。


これで完成です。

いかがですか?
是非中華飯店の味にチャレンジしてみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
7
私の人生はまさにローラーコースター。 上手くいったと思えば落とされ、どん底になっても助けられる。辛いといえば辛く、幸せといえば幸せなんだろう。 要するに年を重ねても何もわかっていないオッサン。 ただ、波乱万丈の人生は死ぬ時に良い思い出として振り返ることが出来ると信じている。

この記事が入っているマガジン

我愛臺灣
我愛臺灣
  • 27本

数回訪問しただけで、台湾通を気取っているブロガーやYouTuber、話題や流行を先行させ利潤を元に台湾を紹介するガイドブックを始めとする各種メディアとは歴然と違う台湾に溶け込んだ台湾ガイドブック

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。