見出し画像

【レシピ】鶏肉とじゃがいものオーブン焼き

トスカーナ家庭料理の定番、レストランでも、作られている一品です。

鶏肉は、もちろん、じゃがいもが、美味しい!
とっても簡単、何度でも作ってしまう、メイン料理。
必見のレシピです。

最後に、手書きの「料理手順書」「応用編」「料理用語のイタリア語」を添付しています。

note 内で作成予定の マガジン「レシピ集」(有料)の見本として、 
詳細に解説しています。
写真も多く掲載、イタリア語・表記もあります。
一読して頂き、実際に、お料理する時、料理工程・分量のみで、良い場合(解説なし)は、文末添付の「料理手順書」を、ご覧ください。

              ******************

鶏肉とじゃがいものオーブン焼き
(Pollo e patate al forno)


【 難易度 】★★☆☆☆
【 オーブン調理時間 】 230℃:約20~25分  
  

画像1

材料 ※ 写真は4人分となります

【  材料(2人分)】
鶏肉(もも肉、手羽元等) / pollo    200~250g
じゃがいも / patate         200~250g
にんにく / aglio               5g
ローズマリー(生) / rosmarino    2~3枝

塩 / sale fino               適量
オリーブオイル / olio d'oliva   適量

【作り方】

1)じゃがいもの下処理をする。

画像2

じゃがいもは、きれいに水洗いをする。
皮付きのまま、たっぷりの水を入れた鍋に入れて、火にかけ、茹でる。

画像3

画像4

竹串が、すっと入る位まで軟らかくなったら、ザルに上げる。
皮を剥いて、大きめのひと口大に切り分ける。

じゃがいもは、ホクホク食感の「男爵」を使っていますが、
崩れにくく、甘みのある「メークイン」でも、OK。
他の、じゃがいもを使っても大丈夫です。
大きさ、数、火加減にもよりますが、茹で時間は、20~30分要します。
切り分けた時に出る、じゃがいもが割れしまったポロポロとした部分も、
一緒に焼きましょう。
カリカリと焼き上がり、美味しいです。


2)鶏肉の下処理をする。

画像8

画像9

鶏肉の余分な皮、脂(白い部分)を取り除き、食べやすい大きさに切る。

余分な皮、脂を、全てきれいに取り除くと、鶏肉のカロリーが半分程になると、言われています。
皮が、お好きな方は、そのまま使っても良いですが、余分な脂は、切り分けながら、少しお掃除してもらうと、グッと、鶏肉が美味しくなります。


3)にんにくの下処理をする。

画像5

にんにくを半分に切って、芽の部分を取り除く。

画像6

みじん切りにする。

にんにくの芽は、強い刺激の部分でもあります。
特に、黄緑になっている芽を、そのまま使って調理、それを食べて、気分が悪くなる方も、いらっしゃいます。
取り除いて、使う事をお勧めします。


4)ローズマリー(生)の下処理をする。

画像7

水洗いをした後、穂先を、自分の方に向けて、茎に沿って手前から向こうへ。
葉の部分を、茎から取り外し、ほぐしておく。
茎の部分も、香りづけに使うので、置いておく。

画像20

下処理できた材料 ※ 写真は4人分となります


5)クッキングシートを敷いたオーブン皿の上で、調味をする。

画像11

オーブン皿の上に、クッキングシートを敷いて、
鶏肉、じゃがいも、にんにく、ローズマリーを乗せる。
ローズマリーの枝も、香りが出るので、オーブン皿の端に置く。(左上)

画像12

オリーブオイル(ひと回し)

画像20

塩(まず、ふたつまみ)を振る。

画像14

全体に、味が馴染むように、手で、混ぜ合わせる。

画像15

味が馴染んだら、手で、ポンポンと、食材を触り、その手に付いた塩加減を舐めてみる。
塩を感じるようだったら、OK。
塩が、物足りないようだったら、再度、塩を振り、馴染ませ、
塩を感じるまで、塩味の調整・確認をする。

ここがポイント!

この塩加減の確認が、一番の大事なところ。
このレシピは、それぞれの、細かな分量は覚えなくても良いんです。

使う材料名だけ頭に入れておけば、分量が変わっても大丈夫。
下処理をして、あとは、この塩加減をしっかり確認すれば、OK!
いつでも、どこでも、作れます。

お友達のお家でも、ご実家に帰った時でも、
急に一品、必要になった時、
オーブンさえあれば、
レシピが手元に無くても、簡単に作れて、見栄えもする
みんな大好き!家庭料理です。


画像20

塩味が調ったら、鶏肉、じゃがいもが重ならないように、全体に広げる。


6)オーブンで焼き上げる。

画像17

予熱(230℃)が完了したオーブンで、230℃・約20~25分で焼き上げる。

画像18

こんがり焼き上がれば、出来上がり。

オーブン燃焼時間は、各オーブンによって、随分と変わってきます。
同じオーブンでも、使用年数が経つと、馬力が落ちていきます。
4、5年使用していると、今まで焼き上がっていた時間で仕上げても、あれ?なんか、焼き具合が変わってきた?、という事も。
新オーブンに買い替えた時も、再度、調理時間の確認が必要です。
お持ちのオーブンで、こんがり焼き上がるように、燃焼時間の調整を
お願い致します。


画像19

鶏肉とじゃがいものオーブン焼きが、出来上がり!

お好みで、オリーブオイル(EV)、塩をかけてお召し上がりください。

              ******************

【料理手順書】

※ 是非、iPad, スマートフォン等で開いて、お使い下さい。

              ******************

【応用編】

イタリアでは、鶏肉の他に、豚肉や、ホロホロ鳥等でも、作られています。

当スタジオでも、応用編として「豚肉とかぼちゃのオーブン焼き」をご紹介しました。

画像20

「豚肉とかぼちゃのオーブン焼き」
(Maiale e zucca al forno)

作り方は、一緒。
かぼちゃは、初めに、ひと口大に切り分けてから茹でて、
豚肉は、肩ロース部分を、少し厚みがあるように切り分けて使いました。

こちらも、是非、お試しください。

******************

【料理用語のイタリア語】

イタリア語のメニュー(Menu`)が読めるように、なりましょう!

pollo (鶏肉)       maiale (豚肉)
patate (じゃがいも)     zucca (かぼちゃ)
aglio  (にんにく)    rosmarino (ローズマリー)
sale fino (精製塩)      olio d'oliva (オリーブオイル)
forno  (オーブン)    al forno (オーブン焼、オーブン調理)

carne (肉)        verdure  (野菜)
erbe (ハーブ)

la cucina toscana (トスカーナ料理)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

めちゃ嬉しいです!Grazie !🌸
12
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。 大好きなイタリア全20州を巡った旅行記、アルベロの活動、美味しい情報を記録として綴っていきます。 アルベロレシピ集有料マガジンも作成予定。 料理教室のお申込、仕事依頼等はこちらから → http://albero-cooking.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。