見出し画像

【レシピ】じゃがいものニョッキ ☆ 軽くて、滑らかで、ハマります

ニョッキ(Gnochi)

じゃがいも、かぼちゃ等、いも類をメインにして生地を作り、
ひと口大に成型したもので、パスタの一種でもあります。


ローマでは、木曜日に、ニョッキを食べる習慣がありました。
キリスト教の教えで、キリストが亡くなった金曜日は、贅沢をしない、
質素、粗食の日として一日過ごす習わしがあったからです。

ニョッキは、お腹にたまる料理。
前日の木曜日に食べて、腹持ちをよくして、金曜日を迎えたそうです。

今、その習わしそのものは、ゆるくなってきていますが、
現在も、ローマのレストラン、トラットリアでは、
「木曜日のニョッキ(Giovedi Gnocchi)」として、ニョッキ料理を
メニューに載せる店も、まだ、多く残っています。


今回は、じゃがいものニョッキをご紹介します。
私自身、実は、どんと、お腹にたまるニョッキが、ちょっと苦手。
試作を重ねて、軽くて、滑らかな食感のニョッキに仕上げました。

冷凍も出来るので、一度、手作りをして、保存しておき、
食べたい時に、すぐ調理して、楽しめる食材のひとつです。

画像37

冷凍したニョッキ

そして、ソースは、とっても簡単。
セージ(生)を使って、仕上げていきます。
パスタソースにも、使って頂けますよ。

画像26

じゃがいものニョッキ・セージバターソース
(Gnocchi di patate al burro di salvia)


最後に、保存方法、手書きの「料理手順書(工程のみ)」、を添付しています。


******************

じゃがいものニョッキ
( Gnocchi di patate )

【 難易度 】★☆☆☆☆
【 作業時間 】 約 40 分
       (じゃがいもを加熱する時間は除く)

この続きをみるには

この続き: 3,496文字 / 画像35枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
料理教室15年目。(料理の仕事30年) 毎月、有料レシピ4記事(木曜日予定)と、+ α(無料記事不定回数)を掲載。 教室の過去レシピを中心に、ブラッシュアップして、再度、仕上げています。 購読後は、2020年1月からのマガジン内の「+α(不定回数)無料記事」は、全てご覧頂けます。

料理脳を鍛えよう! レシピは、料理の謎解き本。食文化もお伝えします。 男女問わず、料理好き&イタリア好きの皆さまに、 日々の食卓に活用で…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie !感激です!✨
17
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。🇮🇹 コックとして現地で修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 仕事依頼、問い合わせ等はこちら→ https://albero-cooking.com/