見出し画像

【レシピ】ご馳走の定番!ボローニャ風ラザーニャ

ボローニャ風ラザーニャ(Lasagna alla bolognese)

ミートソースと卵麺の板状パスタ・ラザーニャを重ね合わせた
エミリア・ロマーニャ州の州都でもある、
美食の街・ボローニャの名物料理です。


美味しさを重ねていく料理・ラザーニャは、ハレの日メニューで、
現地・ボローニャのレストランでは、必ずメニューに載っている一品です。

私も、ボローニャで食べたラザーニャが忘れられません。

画像38

ボローニャ風ラザーニャ(Lasagna alla bolognese)
(2006年・秋:ボローニャにて)

ほうれん草を練り込んだ卵麺は、ちょっと厚め。
それが、また食感として口いっぱいに広がり、美味しさを増させていました。


イタリア各地に、それぞれ名物ラザーニャがあります。
ミートソースが、かなりスパイシーであったり、内臓・モツ類が沢山入っていたり、地域の食材をふんだんに使っています。

リグーリア州・ジェノヴァでは、バジルを使った名物ソース・ジェノヴェーゼを使ったラザーニャを、食べることができます。

画像39

ジェノヴァ風ラザーニャ(Lasagna al pesto)
(2011年・夏:ジェノヴァにて)


今回は、定番のボローニャ風ラザーニャをご紹介します。

作り込んで大変!絶対、無理!と思われても、ご安心を。
ラザーニャは、事前に、準備できる部分が多く、
大皿料理として見栄えもしますし、実は、クリスマス料理として、
パーティ料理としても、とても重宝するんです。

私も、本当に、よく作っています。

例えば、ミートソース。
作って、一日置いたほうが味が馴染むので、事前に用意できますし、
冷凍保存しておくことも可能です。

ベシャメルソースも然りです。

手打ちパスタも、決して難しくはありません。


応用編は、ショートパスタを使ったオーブン焼きを、ご紹介します。

画像13

パスタのオーブン焼き
(Pasta al forno)

手打ちパスタまでは、手が回らない…という言う方には、
乾麺を使った一皿に、是非、チャレンジして頂きたいです。

手をかけた分だけ、美味しさは保証します。
それでは、作っていきましょう!


最後に、手書きの「料理手順書(工程のみ)」「応用編」「料理用語のイタリア語」を添付しています。

******************

ボローニャ風ラザーニャ
(Lasagna alla bolognese)

【 難易度 】★★★☆☆
【 作業時間 】 約 2時間 
 (ボローニャ風ミートソースを作る時間(90分+一晩寝かす)は、除く)

この続きをみるには

この続き: 5,458文字 / 画像47枚
記事を購入する

【レシピ】ご馳走の定番!ボローニャ風ラザーニャ

食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie!ありがとうございます!🍀
11
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。🇮🇹 コックとして現地で修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 仕事依頼、お問い合わせ等はこちら→ http://albero-cooking.com/