きいち

東北の片田舎のFランク大学で教えています。できる子を前提にしたアクティブラーニングの事例なんて、うちの学生には何の役に立たない。できない子目線で、最先端のアクティブラーニングを実践しています。

脳の「空白」から興味・関心が生じるのです

これまでは多人数授業の第1回目の授業について、15回にわたってお話ししてきました。今回は、当然ながら第2回です。 第2回は第1回と重なる部分も多いので、そんなに長くは…

多人数授業を成功させる3つの秘訣

ここまで「経営史」第1回目の授業デザインについえ、15回にわたってお話ししてきました。たった1回の授業にしては、思ったより長くなってしまいましたが、ここまでの展開は…

楽しい気分で授業を終えよう〜多人数授業のデザイン完結編

ミニッツペーパーの効果を高める3つのコツ 授業の終わりに、学生からフィードバックをもらっていますよね。 ミニッツペーパーとか、リアクションペーパーとか、リフレクシ…

大学のWeb広報に見る新型コロナへの危機感の温度差

宮城県内の大学のコロナ対応をウォッチしている。 14大学しかないが、ウェブのトップページを見るだけで、その大学の姿勢が見えてくる。 危機への姿勢が明らかになった各…

主体的な授業参加は120%の達成イメージから

授業の冒頭に、今日の授業が終わった時の自分をイメージしてもらいました。今度は、視点をもっと先において、これから前期授業が終わった時の自分をイメージしてもらいます…

学生向け「オンライン学習環境」のつくりかた

家庭環境は学習環境に影響する 先日はの記事では「机とイスは絶対に必要」と書きましたが、個室を準備できない学生もいることを見落としていました。 休校なのは大学だけ…