あく
朝ドラ『ちむどんどん』主演は黒島結菜

朝ドラ『ちむどんどん』主演は黒島結菜

あく

2022年前期朝ドラ『ちむどんどん』のヒロインに、沖縄出身の黒島結菜さんが決定しました。ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)所属です。

公正中立を旨とするNHKですから、特定の芸能事務所とズブズブな関係というような、某民放のようなことはないと思われますが、「大人計画」のように、朝ドラや大河によくキャスティングされる事務所はあります。

2000年以降の朝ドラヒロインを輩出した事務所を見てみると、スターダストプロモーションが5人でトップ。アミューズとホリプロ(系列含む)が4人で続き、『あまちゃん』の橋本愛さんや『エール』の二階堂ふみさんら準主役もカウントすれば、SMAも4人。黒島さんを加えるとトップに並びます。

“NHK御用達”と言われる俳優(女優)さんは何人かいますが、若手女優で最も重用されてきたのが黒島さん。朝ドラ2回、大河2回起用されたほか、『アシガール』などNHK連ドラ主演も2回、その他6作品に出演。また、NHKのPRスポット番組『受信寮の人々』でも“顔”として活躍していました。

そんな黒島さんの非NHK作品3選。まずは、島本和彦さんの人気漫画をドラマ化した青春コメディの傑作『アオイホノオ』(2014年)。福田雄一監督のクセの強い演出で、主人公(柳楽優弥さん)に迫る"ガツガツ系女子大生"役を熱演。柳楽さんや安田顕さんにも負けない存在感でした。

焔モユル(柳楽さん)は、クリエイター志望の大阪芸術大学1回生。自分の才能にはかなりの自信を持っていましたが、庵野ヒデアキ(安田さん)のレベルの高さに驚愕。リベンジを誓いますが、山賀ヒロユキ(ムロツヨシさん)や赤井タカミ(中村倫也さん)など、強力なライバルが現れ…。

『ごめんね青春!』(2014年)、『サムライせんせい』(2015年)も名作でしたが、ここは敢えて凡作ながら、黒島さんの連ドラ初主演作『時をかける少女』(2016年)。大ブレイク直前の竹内涼真さんがまだ爽やかだった頃、ひたすら黒島さんを愛でるには悪くない作品(浴衣姿あり)。

高校3年生の未羽(黒島さん)は放課後、幼なじみの吾朗(竹内さん)と共に理科室の掃除をしていた。すると準備室で何かが割れる音が聞こえ、準備室を覗く。割れた試験管から漂う甘い香りをかぎ、未羽は気絶してしまう。目を覚ますと、タイムスリープする能力を手にいれていた。

最後は、鈴木京香さん主演のラーメンコンサルティング物語『行列の女神〜らーめん才遊記〜』(2020年)。黒島さんは、やる気はあるものの、空気が読めない新入社員役を、弾けた演技で熱演。鈴木さんとの凸凹コンビの相性も抜群でした。

ラーメン業界をけん引する芹沢(鈴木さん)の店で、新作ラーメンに手を付けない女性客(黒島さん)。芹沢が手掛けたラーメンを「味がイマイチ」だと酷評するが、その後、会社の面接にやって来て。ラーメンド素人にも関わらず、芹沢に「このラーメンをおいしくすることができる」と言い放つ。

2022年の朝ドラ『ちむどんどん』が楽しみ。



この記事が参加している募集

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あく
毎クールほぼ全ての地上波ドラマをチェックせずにはいられないドラマ好き。サブカルからハイカルチャーまで幅広い興味と、初級者程度の趣味が多数。ドラマ情報一覧も http://blog.livedoor.jp/aku1215/archives/46025858.html