見出し画像

#嵐のアルバム曲配信決定ってことでおすすめの嵐アルバム曲を紹介しようぜ

嵐のオリジナルアルバム16枚/全256曲のデジタル配信が始まりました🎉

嵐の音楽が大好きな人間としては今まで

------@カラオケ------

友「今歌ってたのって、嵐?」

私「そう! アルバムに入ってる曲だよー」

友「 ネットか何かで聴けない?」

私「 本家聴いて欲しいんだけどアルバム買わないと聴けないのよね、配信とかやってないし」 

友「やっぱそっかー」      

-----END-----

という風に、結局聴いてもらえない悲しみを味わいまくってきたんですよ。しかし。これを機により手軽に聴けるようになったわけです。聴いてみて!って言えるようになったわけです。

(願望が入っていることは否定しませんが)「嵐の曲、ちょっと気になる」という人、結構いると思うんです。一方で、「CD買うほどでもないんだよなぁ」という人もいらっしゃるはずです。そういった方たちに是非お伝えしたい。

今がその時。ようこそ、嵐のアルバムの世界へ。(誰)

というわけで、(どういうわけで)勝手にオススメを10曲厳選してみました!! 人気曲からコアめの曲まで幅広く選んだつもりです。

れっつげのんっれっつげのんっいぇっ!!!

-------------------------------------------

1. サワレナイ

2001年発売の1stアルバムARASHI NO.1(ICHIGOU)-嵐は嵐を呼ぶ-から。

軽快なピアノ、スティールパンのアクセントが印象的なラテンダンス調のサウンド。もとはJr.のときに歌っていたものなんだとか。

そんな曲に乗る詞は1stアルバムからいきなり不憫。

街で男が振り向くたびに
いとしさがねじれていく
たぶん僕はフェイクなんだね
好きなのは他のヤツ 

こういう拗らせ系(?)は結構多く、むしろ Love so sweet や One Love などのようなハッピー曲の方が珍しいんです。そんなイメージがないのはきっとハッピーじゃない曲が大体アルバム曲かカップリングで世に出ないから。

2. できるだけ

2003年のアルバムHow's it going?から。

打って変わってブラスとキーボードのキラキラした、アイドルの王道をいく曲調です。イントロから大野さんのロングトーンが綺麗に伸びます。

歌詞も日常風景から派生していく王道パターン。お店のケーキのイチゴが減ったとか、些細だけど変わっていくものがあるよね、という外側の話から、意識が自分の内面に向かっていきます。

変わっていくことを何故
僕らは恐れるのかなぁ
 変わらないものを笑うくせに
 できるだけ僕のままで
いたいと思える日々を
未来の僕はどんな風に
振り返るんだろう
(1サビより引用)

私が学生だからかもしれませんが、凄く刺さるんですよね。今は何だかんだ楽しいけれど、もう少ししたらまた環境は変わる、その変化のせいで私自身が壊れてしまうんじゃないかって怖くなる時があって。できるだけ私のままでいたいんだけど、どうすればいいか分からない。そんな私を未来の私はどう思うのかなぁ…って。すごく今とその先に続く未来を考えさせられるフレーズです。

この曲の大サビが面白くて。詞は1、2サビの繰り返しですがメロディーが少し違うんです。最後まで仕掛けのある曲です。

3. JAM

2004年のいざッ、Nowからです。

1. のサワレナイと系統は近めです。派手ではないものの、お洒落。ここでのJAMはパンに塗るアレではなく、気持ちのいいものという意味なんだそう。

サワレナイの頃より進化して、駆け引きを覚えた主人公くん。(サワレナイの主人公≠JAMの主人公ですが)ちょっと挑戦的といいますか、大人の階段を上ったといいますか。でもまだ青さ、少年っぽさが残っている感じもします。今の5人が歌うとまた別の色が出るんじゃないでしょうか!

歌割りも進化し、新たに相葉さん、二宮さん、松本さんにソロパートが振られています。1番では相葉さん、2番では二宮さんのファルセットも聴けちゃいます!後述する歌割り改革期に繋がるパートです。

4. COOL&SOUL

こちらは2006年のアルバムARASHICから。

櫻井さんのお誕生日に記事を書いた際紹介した曲です。(ちなみにHip Pop Boogie以外の2曲は聴けます)5人ラップ曲第3弾。

まさしくCOOLなストリングスから始まり、リズム隊が増え、デクレッシェンドした後に歌い出しの合図のようなピアノソロ、真似しがたいようなHipなPopが炸裂します。

曲自体はそこまで攻撃的ではないんですがそこに乗る詞がとにかく強い。バラエティーで見せる穏やかな雰囲気とは裏腹に攻めに攻めまくってます。パンチラインだらけのリリックに注目して聴いてほしいです!

5. Do my best

Dream ''A'' live に入ってます。2008年のアルバムです。

NHKの番組「グッと!スポーツ」のテーマソングでもある曲です。もしかしたら聴いたことある方がいらっしゃるかも?

その題名通り応援ソング。今回挙げた10曲の中で一番パブイメに近いかもしれません。疾走感のあるまっすぐなアイドルポップ、という感じでしょうか。

特にここの詞が!ここのパートが!と挙げられないくらい大好きで、サクラ咲ケと並んで受験期聴きまくってました。純粋に『頑張ろう』って思える素敵な曲です。励ますような優しさと夢に向かって引っ張ってくれるようなエネルギーを感じます。いつ聴いても元気と勇気をくれる曲。

6. サーカス

2010年の僕の見ている風景から。

赤鼻 真っ白 玉乗り男 (違う)

恋心をサーカスの演目になぞらえたダークでファンタジックなナンバー。打ち込みのハネたリズムとキーボード、切ない詞がワンダーランドへと誘います。どこか地に足ついてない感じと言いますか、夢の中にいるような感覚がする、不思議な曲です。あるいは、中毒性が高いと言った方がいいかもしれません。

サーカスを題材にした作品って、明るく楽しい舞台上の風景よりも、舞台袖や裏に潜む『影』のほうがより描かれているように思います。この曲も例外ではなく。随所に切ないフレーズが散りばめられていますが、サーカスのもつ幻想的なイメージのオブラートに包まれているのでそこまで重く感じないのではないかと。(でも詳しく読み解いてみたら影じゃん!闇じゃん!っていう。)

(この文面を書くにあたって色々調べてみたんですが、三島由紀夫の小説「サーカス」をイメージしたのでは?という説が私の中で浮上してます。笑)

7. FUNKY

2013年発売のLOVEから、このアルバムの裏リード曲です。

歌詞にもあるように、ハッピーでグルーヴィーなディスコチューン。何度も登場するキャッチ―なギター+カウベルと、それに乗っかるストリングスが雰囲気を盛り上げつつ、曲の終盤ではハッピーな空間もやがて終わる、という儚さも香ります。

初期の「お洒落枠」により磨きがかかったように感じます。曲自体が歌い手の等身大に近くなった、みたいな。

「レッツ おどろう ゔぉくらと エンジョイ LOVE ファンキーダンス」と銘打ってこの曲の振り付け動画をファンクラブ会員サイトにて公開し、ツアーの際会場にいるファンと一緒に踊るという企画がありました。

この曲、アルバムに関してフォローさせてもらっているやいろさんが解説記事を書かれています!詞の内容についての分析がすごい。是非読んでください!

8. マスカレード

2015年のアルバムJaponismからになります。

テーマは原点回帰。日本文化、ジャニーズの伝統を回帰し、嵐色に潤色したようなアルバムです。ジャポニズムは19世紀後半にヨーロッパ、主にフランスで流行した日本趣味のこと。ゴッホやルノワールの作品にも影響を与えています。

お気づきかと思いますが少年隊さんの「仮面舞踏会」のオマージュでございます。昭和歌謡感漂うロマンティックな歌詞の中には仮面舞踏会を彷彿とさせるフレーズが登場しているし、サビのキーもCmと同じ。

ここでは「ジャニーズ」を回帰し、その伝統を受け継いでいく姿勢が表れた1曲と言えるのではないかと。これまた皆好きなやーつ。です。

9. Miles away

2016年のAre You Happy?に収録。

前作Japonismが過去なら、Are You Happy?は現在。「嵐が思う今の嵐」を表現したアルバムになっています。また、全員が5人曲を1曲ずつ監修しています。この曲は大野さんの監修です。

嵐の曲は1ABメロ2手に分かれてユニゾン→サビで5人ユニゾン(松本さん下ハモ)→2ABメロでソロリレー、という歌割りが主流でした。しかし近年歌割り改革期がおとずれ、ソロパートやメンバー同士のハモりが増えたり、ファルセットやフェイクなどのテクニックが光るようになってきました。その改革期の幕開けとなった曲と言えるでしょう。

嵐のハーモニーを味わうならこの曲はマスト。声が溶け合って重なり合って5人の音になっていく過程と結果が表れた1曲です。特にサビ後「重なるフレーズ」は圧巻。歌声に包まれたような感覚に陥ります。イヤホン推奨。本当に綺麗。

10. Sugar

現時点での最新アルバム「untitled」から。

お待たせしました。

とんでもねぇ人気曲です

執筆の際、他の方がどんな曲をオススメしているのかと気になって調べたんですがほとんどの方がSugarを挙げておられるという人気っぷり。

Miles away のところで歌割り改革期の話をしましたが、このアルバムはその延長線上にあるものだと思っていて。前作よりさらにソロの声やハーモニーが目立つよう進化しています。

実は危険な詞、オシャレな打ち込みサウンド、まさしくSugarな歌声、ファルセットのオンパレード…とことんクリティカルヒット。この感じが刺さる人かなりいると思います。主語を大きくする表現を使うことはあまり好きではないのですがこの文章見た人全員マジでフルコーラス聴いて欲しい。 あと2サビ後のファルセットは相葉さんです!!!!!これがいわゆる相葉ファルセットです!!!!! (終盤でバレる推しメンバー)(もちろん5人が大好きですが)

----------------------------------------------

4000字超えました。長。

挙げた10曲に共通して言えることは「とりあえず本家聴いて」です。笑

紹介できなかった246曲も本当に素敵なものばかり。名曲だらけの嵐のアルバム、是非是非聴いてお気に入りを見つけてほしいです!

(他、オススメや聴いた感想などコメントしてもらえると当方大変喜びます)

ではまた。

この記事が参加している募集

めっちゃ嬉しいので叫んでもいいですか??
28
音楽が好き。暴風雨5人と虹色に輝く夢を見つけに行く6人が好きなステージ外終身雇用。嫌い嫌いと呟くよりも、好き好き大好きを叫びたい。心が46歳の高校生。

コメント18件

記事内に引用ありがとうございます!
Miles away私も好きです!丁度アラフェス投票始まりましたが、こちらの記事見て更に迷ってます(笑)
やいろさんこんにちは!
Miles away素敵ですよね~✨投票始まりましたね!いい曲が多すぎて迷います💦でもMiles awayは入れようかな~と思ってます!笑
今や音楽も配信の時代。CD以外の楽しみ方も豊富だなと思いました。
文明の進化を感じます。色々デジタルにとって変わられるのかなぁと思うと寂しい気もしますけれど。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。