見出し画像

10年後無料で貰える「贈与型賃貸住宅」が広がるかも。

最近知った言葉に「贈与型賃貸住宅」というものがあります。
調べてみると、そんなに一般的に使われている言葉ではなく、長崎市で行われた、空き家活用プロジェクトに関して使われた言葉のようです。

斜面地の空き家をリノベーションして子育て世代に賃貸し、10年後に贈与する「贈与型賃貸住宅」のプロジェクトを、長崎市大浦町の不動産業者、明生興産(尾上雅彦社長)が進めている。人口減少が進む坂の街に若い世代を呼び戻すアイデアとして注目される。
 プロジェクト第1弾は長崎市南町の空き家をリノベーションした「南町ヴィレッジ」。161段の階段を上った場所にある築53年の空き家を買い取り、畳をフローリングにするなどのリノベーションをした。月2万9千円の家賃で子育て世代に賃貸し、10年後に借り手が希望すれば土地建物をそのまま贈与する。30日に現地でお披露目会を開く予定。

長崎新聞

記事にもあるように、リノベーションした空き家を月に2万9千円で借りられ、10年後に希望すれば無料でもらえるというすごいプロジェクトです。

坂の上の161段の階段を上った場所にある築53年の空き家を買い取り、畳をフローリングにするなどのリノベーションという事で、建物自体はほぼ無料、リノベーションも最低限だとは思いますが、それにしても慈善事業といわれてもおかしくないレベルかと思います。

こうして話題になることで広告効果はあるかと思いますが、地域に若者を呼び戻したいという熱い思いがないとできないですよね。

こちらの会社のプロジェクトです。

しかし、今後地方の空き家に関してはこういった手法が広がる可能性があります。
背景には、戸建て住宅が必要になってくる小学校入学くらいから、10年たつと塾や大学入学など多額の教育費がかかることがあります。
この時期に家賃がかからなくなるのは大きなメリットです。

また、地方の空き家住宅はこれからいっそう増加し、借り手がいない状況が続きます。

しかし、これから出てくる空き家については、借り手が最低限希望されることが多いトイレの水洗化が進んでいるので、これまでのような空き家を賃貸化するより、精神的ハードルもイニシャルコストも抑えることが可能になります。

もちろん、こだわる部分を入れれば入れるほど、リノベ費用は大きくなりますが・・・。

ライフスタイルの多様化とともに、こういった賃貸スタイルも一定程度広がると思います。

▼空き家にまつわる様々なトピックスが毎日読める協会HPはこちら↓↓
https://www.akiyakanrishi.org/

▼instagramでは「空き家フォトコンテスト」の作品も見られます↓↓
https://www.instagram.com/akiyakanrishi/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!