ボイトレって意味あるの? プロの本音をお話します。
見出し画像

ボイトレって意味あるの? プロの本音をお話します。

意味があるボイトレ
意味がないボイトレ

両方あります。

私がロンドンで学び、20年以上ホールなどで
歌手として公演を行って来た経験から
行っているメソッドは

その人の骨格、筋肉、身体の癖などを発見し、
適切なアドヴァイスによって、
自分で使える技を身に付ける事まで行います。


ズバリ

「表現力」まで身に付くボイトレ。

大事なので、もう一回言いますね〜


なんと、

「表現力」まで身に付くボイトレ!!



逆に 私が個人的に
意味がないボイトレと考えているのは
ただ、声を温めるだけのもの
その場かぎりのアドヴァイスで、進歩が少ないもの

まあ、付け焼き刃ってとこでしょうか。



なんかね、せっかく私のレッスンを受けていただくのであれば

あんまり無駄な遠回りをしないで
無理、無駄なく、楽しく「技」を身につけて

自分の好きなように「歌」を自由自在に歌えるようになったり
言いたいことを、すっと伝えられる「声」を手に入れて

皆さん、楽しく毎日を過ごして欲しいな!


そんなちょこっとハッピーな方が一人でも多く増えることが、
私が望むボイトレ。
しっかりと中身のあるボイトレ。

声を出すのが苦手な方や、もっと上手くなりたい!って思っている方と
一緒に行って行きたいなって思います♪

お問い合わせ
お申し込みは
amam214@gmail.com
オフィス アヴァロン 070−6689−1188
公式HP 丸谷晶子→検索

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日本人に珍しい透明な声でルネサンス・バロック音楽からケルト音楽まで演奏、唯一無二の世界を表現する歌手 。英国トリニティ音楽大学大学院を修了。大阪音楽大学附属音楽院講師。アヴァロン音楽教室主宰。「目が離せなくなる歌声レッスン」「表現力まで身につくボイトレ!」zoom、対面で開講中。