見出し画像

愛こそもののプロフェッショナルなれ。

私の育った家庭は、転勤族である。
なので、幼稚園からはじまり小中高と全ての学校が、別々の土地の記憶である。転校を何度経験しても、私は全くめげることがなかった。
むしろ転校生という部外者のポジションを逆転させて、いつの間にかクラスの中心的存在となることが楽しくもあった。

なぜ私が屈託なく転校生という立場を楽しめたのかといえば、
それは私の中の同調圧力というものを感じる神経が、おそろしく鈍いからであろう。

どんな場合においても、優先させるべきは、周りの意見ではなく、自分が好きなこと。それが正解だと思っている。

食べ物はいちばん好きなものから先に食べる。
マラソンはスタートから猛ダッシュをかける。
周りが無理だろうと言っても、全然気にしない。 etc.

つまり、子供っぽい。

子供らしい子供というのは、周りから愛される。
だが人はいつか、大人になる。


子供らしい大人というのは、周りから疎まれるのである。
それを知ったのは高校生の時だった。


高校入学のタイミングでまたも父の転勤があることを知った私は、ずっと続けていたサッカーで一花咲かせるべく、サッカー王国静岡の強豪校を進学先に選んだ。
サッカーが好きだったし、新しい土地でリスタートすることは、自分の得意とするところである。

無事受験に合格し、意気揚々と強豪校の門をくぐった。

ちなみに、高校は、地元でも有名なマンモス進学校であった。
大量の生徒がそれぞれの能力に応じて理数科、普通科、スポーツクラスと仕分けされ、その学校全体の進学率を上げるべく、3年間をかけて猛勉強・猛特訓をするのだ。

理数科に入る資格のあった私は、勉強も大事だろうと理数科に入学していた。同時に、サッカーの能力もあった私は、サッカー部にも入部した。

勉強もサッカーも好きな私にとっては当たり前の選択だった。
しかし、そうはいかないようなのだ。先生に呼び出されてしまった。
理由は、この学校において文武両道は不可能だ、ということである。


いいじゃないか、勉強もやりたいしサッカーもやりたい。
やりたいことを我慢するのは、自分のポリシーに反する。
ポリシーを頑なに曲げない私を、教師は諦めたようだ。

文字通り諦めた。

サッカー部への入部が許されると同時に、教師からの無視が始まったのだ。
合理的であることが最重視されるこの学校において、非合理な選択をした私は手をかける必要のない生徒だったのだ。

教師からの無視を、私は正面から受けて立つことにした。
この学校はなんと、3年の間クラス担任が変わらない。
なので高校3年間において、私は教師と一言も口をきかなかった。

周囲のクラスメイトから見れば、完全にやばい奴である。

進学校の勉強方法とは、3年をかけた壮大なマラソンのようである。
ペースを配分し、遅れることは許されず、気分によって猛ダッシュかけることも許されない。

とにかくただ淡々と、右肩あがりの綺麗な直線を描かせようとする。
こんなシステムに、私が合うはずもなかった。

入学早々にお決まりのスタートダッシュをかけた私は学年で10本の指に入ったが、モチベーションは続かずすぐさま谷底へ転落した。
テスト結果は壁に張り出され、すぐに落ちこぼれの名前が確認できるようになっている。

こうなってしまったら、潔い態度に出た方がいい。
周りの同級生たちが必死の形相でマラソンコースを走り続けるのを横目に見ながら、私は歩くことにした。

レースのルールや勝ち方などを気にせず、ただ自分のペースで歩く。
周囲の自分を見る目が、心配から異質なものを見る目に変わっていった
マラソンから降りた私が、ヒマをしていたかといえばそうではない。

私には、まだサッカーがあった。
文武両道の武である、サッカー部が。

この学校のサッカー部は、全国大会の常連であり、プロ選手も輩出している強豪校だ。部員は多い時で120人もいただろうか。
その中でレギュラーになれるのは11人。10倍の当確率である。

しかも部員のほとんどが、勉強を免除されたスポーツ科に所属している。

勉強が最も過酷な理数科でサッカーをしている私など、はたから見れば完全にクレイジーだ。


サッカー部の朝は、5時の起床に始まる。
毎日の朝練と、ナイターの明かりに照らされるまで続く本練習。
これをこなしたところで、レギュラーになれるかどうかの保証はない。

私は好きだったはずのサッカーへのモチベーションがみるみる失われていくのを感じていた。それを一番実感したのが、ベッドの中で聞く雨の音だった。

朝、雨が降ると朝練はなくなる。

夜にベッドの中で雨の音を聴くと、私は心安らかに眠るようになった。
好きだったはずのサッカーの練習がなくなって、私は喜んでいたのである。

この部活の中で、レギュラーになれるのはどんな奴なのか。
今思い返せば、それは練習を本心から嫌がることなく、むしろ楽しんでいた彼らだろうと思う。


私が憂鬱な気持ちで朝の電車に揺られている頃、彼らはいち早くボールを蹴ろうと学校に向かっていただろうし、サッカー以外の誘惑にも一切目もくれることなく練習できた奴らが、やはりレギュラーになっていた。

そのうちの幾人かはプロになった。
プロの世界は甘くない、と身にしみて思う。
彼らがサッカーに向けていた情熱は、「好き」というより「愛」に近かった。

子供の頃から私の好きだった言葉、「好きこそものの上手なれ」はプロを目指す世界では残念ながら通用しない。
むしろ「愛こそもののプロフェッショナルなれ」である。

この感覚を高いレベルで感じさせてくれた経験は、灰色の高校時代の中で得た貴重な収穫だった。

私はこの経験でサッカーに見切りを付け、新しい風を自分の中に入れるようになる。

どうも最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
34
映像作家→フリーランスを5年→株式会社SUGOI 設立、今年で10期目 / プロジェクションマッピング、ホログラム etc. 新しい表現の開発やブランディング を仕事に / 経営者かつクリエイターの視点 で愛とアイデアのある発見や体験をコラムを書いていこうと思います。

こちらでもピックアップされています

SUGOIのみんな
SUGOIのみんな
  • 16本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。