見出し画像

iOSDCで不採択になっても諦めないで!-リジェクトコン開催のお知らせ- #iOSDCRC

今年も、iOSDCのリジェクトコン[非公式]を開催します。

iOSDC Reject Conferenceとは

iOSDCには毎年たくさんの応募があります。今年は483件の応募がありました。今年は2.5daysですし15分トークがなくなって60分トークが出現したので、かなりの倍率だったと思います。すごく頭を悩ませたのに、やる気いっぱいだったのに不採択になってしまった人もいると思います。「せっかく概要考えたからどこかで発表したい!」「どうしてもこのトークを聞いてほしい!」そんな思いがある方が再びチャンスを得て登壇する機会、それが iOSDC Reject Conference です。

トーク応募形式

不採択になってしまったトークをもつ本人が、そのトークを持ち込んで登壇枠に申し込む形になります。タイムテーブル作成の都合上タイトルと時間はお聞きしますが、特に審査はなく、抽選制になります。抽選と言いつつ枠数は不確定でできるだけ増やそうと思っているので、少しでもお気持ちがある方は申し込みよろしくお願いします!

トーク募集!!!

ということでトーク絶賛募集中です!!!どんと来い!!!

今年は枠を2つに分けて募集します。いずれも、iOSDCで不採択になってしまったトークがあるという条件をクリアしていれば応募可能です。つまりiOSDCで採択されたけど、不採択になってしまったトークもあるという人でもOKです。

登壇枠は5分(LT)と、30分(レギュラートーク)を用意しています。iOSDCに60分の枠で申し込んでいた人に関しては、30分に縮めての登壇をお願いします…すまん…1人でも多くの人に登壇してもらった方がいいかなと思って…。

運営スタッフ募集!!!

現在私を含めて6人の運営スタッフがいますが、たぶん足りないと思っています。なのでお力を貸してくれる人を募集します。勉強会運営をやったことがない方でも大丈夫です。

やること
・集客頑張る
・場合によっては企画を考えて実行する
・当日の運営

特典?
・運営メンバーと仲良くなれる
・勉強会運営スキルを身につけられる

興味ある方いらっしゃったら、 @akatsuki174 までご連絡ください!

配信、企画について

去年は配信、企画(パネルディスカッション、ライブコーディング等)をやりました。今年どうするかはまだ未定です。企画は登壇枠の申し込み数や運営スタッフ人数によって変えようかなと思っています。

最後に

意外ともうiOSDC本番まで2ヶ月を切っています。iOSDC本祭以外にも公式・非公式のイベントは存在するので、ぜひ今年のiOSDCを思う存分楽しみましょう!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいたお金は執筆中のおやつ代にでもします。つまり次の記事を書く原動力になります。

スキ、ありがとうございます!
6
iOS→Androidエンジニア。noteではUI/UX、雑記などを書きます。技術系の記事はこちら。Qiita:https://qiita.com/akatsuki174 はてなブログ:https://akatsuki174.hatenablog.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。