本棚

13

「伝わる絵の描き方」 本の紹介

表現の手段の一つとして、絵やイラストを捉えはじめた頃に手にした本です。 絵を描く心理的なハードルが下がればいいなとも思っていました。 「線一本…

「ランベルマイユコーヒー店」

静かに明けていく朝。 夢から覚めるといつもの毎日が始まる。 変わりばえしなくても、つらくても、今日も仕度して家を出る。 そんなたくさんの「誰か…

「内向型の生き方戦略」 感想

ずいぶん時間がかかってしまいましたが、「内向型の生き方戦略」(中村あやえもん著)を読了しました。近頃、移動時間が多かったことを幸いとしておきま…

「絵はすぐに上手くならない」

直球なタイトルの、絵の勉強方法本です。 「絵はすぐに上手くならない デッサン・トレーニングの思考法」 成冨ミヲリ著 彩流社 2015年10月30日 他の…

「生きるように働く」感想

「生きるように働く」ナカムラケンタさんの著書の感想文です。 共感するところも、自分の中で消化不良のところも(過去の体験と照らし合わせて)ありま…

「表現は翼ですよ」(推薦図書)

――絵を描いてなにになる? ――この文章が誰のためになる? ――投稿してなにが変わる? まるで出口の見えないトンネルの中にいるよう。 今日はおす…

ひらかれた新刊書店(推薦図書)

本は好きだが漠然と「推薦」するのはむずかしい。 というのも、相手あってのことだから。 例えば、私の周囲には理系修士の会社員が多く、おススメする…

危機感はここから具体的になった

学生、社会人、リタイア後。 3ステージの時代は終焉を迎えた。 変化はもう始まっている。 各々が自身の価値観を見つめ、長い人生の舵をとる強い意志と、…

発刊から1年、ほんとうに実現されているすごさ

資本主義という網からこぼれ落ちた幸せの定義たち。 ひとつひとつ丁寧に拾い上げるように、声を上げられるしくみを育てていく。 思いに共感し、共有する…

起業は遠い世界のことではない、と。

10代のあなたへ、周りの大人たちへ、著者の思いは起業という選択肢を示す。 「好き」や「助けたい」を行動へ移す最初の一歩に背中を押す。 居場所につな…