おすそわけ日記 31 「十二時までは自由時間」

朝九時過ぎに起きる。ベッドから出たくない。「十二時までは自由時間」と自分に許す。

起きてきた母をベッドの中にひきずりこんで、話をする。

壁にかかっている芍薬の花の複製画を眺める。

音楽をかけて、ベッドの中で瞑想をする。

身支度を整えて、仏壇に手を合わせる。

母を誘って、自分の今の状態を感じる時間を持つ。

感じていることを正直に伝え合う。

好奇心を持って見ること、聞くことの練習をする。

ここまでで、十二時。目覚めた時のどんよりした気分が、ゆったりとした心持ちになっている。体の感覚も鋭敏だ。何もしたくないという気怠さから、自分の為すことを、一つずつ、好きな物からゆっくり終えて行こうと云う意思が芽生えている。

私の今の仕事は、ファシリテーター。教えるのでも引き出すのでもなく、ただその場に居る。

石に似ていると私は思う。ピクニックシートを広げた時に、風で飛ばされないように石を置く。石は、その場の皆が安心して寛いでいるための存在。

私がそうあるために必要なのは、自分に正直で、今ここに居る自分自身を生きていること。

だから、自分の思う侭に感じて過ごした午前中の三時間が、とても大切。それを許した自分が、とてもとても大切。


【私の仕事】女性のための「意識のヨガ」と呼ばれる、Art of Feminine Presence™️と云う、身体と意識とエネルギーを使って体感するプラクティスをシェアしています。ブログでクラスのご案内をしていますので、どうぞよろしくお願い致します。
http://blog.kuku-moon.com/

今日もおつきあい頂いて、ありがとうございます。

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

毎日、書く歓びを感じていたい、書き続ける自分を信じていたいと願っています。

人の情けが身に沁みます。
12
「他愛ないけど、愛はある。」日常と偏愛をおすそわけする日記エッセイを書くのが日々の楽しみ。詩集『ひざまずく光』と オトボケ母娘の『ナソナとイソ二劇場』マガジンも有り〼。本、美術、オヤツ、お洒落、母、役に立たないことを愛する五十路。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。