🌶🌶激辛好きは必見!!🌶🌶豚すね肉の麻辣煮込みの作り方
見出し画像

🌶🌶激辛好きは必見!!🌶🌶豚すね肉の麻辣煮込みの作り方


いつもお読みいただきありがとうございます。

今回は激辛好きさんは必見の内容となっております!

■麻辣とは?■

◇麻・・・・・・・・山椒の痺れるような辛さ

◇辣・・・・・・・・唐辛子の辛さ

この2つの辛さを併せ持つのが「麻辣」味です。

中国の東北地方や四川省、湖南省など広い地域で愛されている味付けです。

他にも、牛肉、羊肉、白身魚などの海鮮食材と、幅広く調理されています!

今回はコラーゲンたっぷり!プルプルでとろとろ食感が楽しい豚のすね肉で作っていきます!!


では、作っていきましょう!      

■材料■

・豚すね肉          1㎏

・満点星辣椒         20g

満点星辣椒

・朝天辣椒          10g

画像3

・ニンニク          3かけ

・八角            1個

ダウンロード

・ローリエ          1枚

ダウンロード (1)

・桂皮            2g

ダウンロード (2)

・醤油            80㏄

・砂糖            20g

・水             1000㏄

・黒糖            10g


■作り方■

①豚すね肉は適度な大きさにカットして下茹でしておく。

灰汁引きすることで、余分な脂が落ちて雑味が無くなります。また、澄んだ煮汁になるので出来上がりがキレイです。

画像8

②フライパンに油30g(分量外)を入れて、弱火で唐辛子2種を焼いていきます。

※いい(辛い)香りがしてきますよ!

画像1

③花椒、八角、桂皮、醤油を入れて火を全開にします!!!

※醤油を先に入れて焼くことで、香ばしさがプラスされます。

画像7

④ニンニクは焦げちゃうので沸いてきたら投入します!

※この時点でかなり(辛い)いい香りがしてきます(^^♪

画像9

⑤水、黒糖、ローリエを投入します!

※黒糖は我が家の煮込み料理には欠かせない名脇役となっています。

自然な甘みと旨味がプラスされ、風味と色味が良くなります!

画像10

⑥鍋に蓋をして中火で1時間~煮込んでいきます。

※鍋に蓋をすることによって熱効率が良くなり、煮込み時間が短縮できると共に、煮汁の蒸発を抑えて味の濃さを保持できます。

30分経過⇩

画像11

まだまだお肉が堅そうです(-_-;)

1時間経過⇩

画像12

お肉がほろほろとして柔らかそうになってきました(^^♪

⑦お皿に盛り付けて完成です!!

画像13

◇塩ゆでしたオクラをトッピング(^^♪

画像14

■まとめ■

・豚すねは下茹で(灰汁引き)することで、余分な脂を落として雑味が無くなる

・唐辛子は弱火でじっくり焼いて香りを引き出すことで辛みを存分に引き出せる

・醤油を先に入れて焼いておくことで香ばしさをプラス出来る

・煮込み料理には黒糖が必須です!

・煮込み中は鍋に蓋をする


■残った煮汁は再利用できます■

せっかく作った旨味(辛み)たっぷりの煮汁を捨ててしまうのはもったいないので、鶏モモ肉も作っちゃいました!

①鶏もも肉を下茹で(灰汁引き)しておきます。

画像18

②残った煮汁に入れて10分煮込んでいきます。

粗熱が取れるまで漬け込んでいきます。

画像17

③冷めたら、バットなどに取り出します。

画像18

④お好みの野菜と一緒にお皿に盛り付けて完成です。

画像15

◇鶏もも肉で作りましたが、他にもいろんな食材で作れるので、ぜひ試してみてくださいね(^^♪

美味しく出来たらコメントで教えてくださいね(^^♪


最後までお読みいただきありがとうございました。

今回は豚すねで作りましたが、この作り方はどんな食材にも対応できます!

ご自分の好きな食材で作ってみるのも楽しいですね(^^♪

今後も家庭で作れる本格的中華料理の作り方やレシピ本に書かれていない細かいノウハウや手順の組み立て方を投稿していきます。

皆様の楽しい料理時間の助けになればと思います






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
AJ@中華料理の異端児

コンテンツをご覧いただきありがとうございます。頂いたサポートを励みに、今後も皆様の料理のお手伝い、献立のヒントになるような有益なコンテンツの作成に役立たせていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。 ※頂いたサポートで新しい調味料や調理器具を揃えたいと思います。

ありがとうございます!他の記事も読んでみてください
■おうちごはんにプロの技■現役の料理長が日々の料理やお店のメニューの作り方とレシピを公開します。 レシピ本の文間に隠れているコツ、注意点も詳しく解説。 実際の現場から生きたノウハウをお届けします。 今すぐ試したくなる小技の数々でおうちごはんを楽しく美味しく作りませんか?