見出し画像

清く正しく、たくましく

鳩の交尾を見た。

ジョナサンからの帰り道。
それぞれ、溜まっていたタスクを消化し、幾分すっきりした気持ちで店を後にした時だった。

信号待ちで並んでいる間、高架下で人間たちを並んで見下ろす鳩のカップルを、目ざとく見つけた私。

「見て、並んでこっち見てるよ!可愛いね!」

と、彼の腕を掴んではしゃいでいると、片方が翼をバサバサと優雅にはためかせ、もう片方の背へおもむろに足をかけたではないか。

しかも足をかけられた方は、暴れるでもなく、嫌がるでもなく、ただじっと、されるがままに足をかけられている。

唖然とする私たち2人を尻目に、5秒ほどバサバサとなんやかんやした後、丸で何事も無かったのように元の定位置に戻り、また私たちを黙って並んで見下ろし始めた。

口も聞けない私たち。

すると、さらにもう2羽の鳩が、交尾を終えたばかりの2羽の元へ、スィーっと急降下してきたではないか。まさか、見物していたのではあるまいな。

いよいよ、アダムとイブ状態に陥る私たち。

まったく、君たちには羞恥心というものが無いのだね。やれやれ。

#エッセイ #コラム #日常 #日記 #ライフスタイル

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

これも何かのご縁ですね。
6
「ひとりひとりがアーティストとして、自分らしさを体現できる空間を整える。」25歳。東京を拠点に、フリーランスの通訳案内士として活動中。北欧ラバー、植物愛好家。生きること、愛することについて、感じたこと、考えたことを書いています。 #シティガールの憂鬱

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。