マガジンのカバー画像

阿賀北ロマン賞

25
阿賀北ロマン賞は新潟県の阿賀北地域(阿賀野川以北)2020年まで12回開催された文学賞です。ここでは阿賀北ロマン賞の小説・随筆部門の歴代受賞作品を掲載しています。
運営しているクリエイター

記事一覧

第八回阿賀北ロマン賞受賞作②『青い夕焼け』 芳賀萌黄

 この記事は新潟県の阿賀北エリアの魅力を小説で伝えてきた阿賀北ロマン賞の受賞作を紹介する…

第八回阿賀北ロマン賞受賞作①『あやめのハエピン』 阿部 泉咲

 この記事は新潟県の阿賀北エリアの魅力を小説で伝えてきた阿賀北ロマン賞の受賞作を紹介する…

第七回阿賀北ロマン賞受賞作③小説部門 『猫とあやめ』 伊瀬 祥記

 この記事は新潟県の阿賀北エリアの魅力を小説で伝えてきた阿賀北ロマン賞の受賞作を紹介する…

第七回阿賀北ロマン賞受賞作②小説部門 『方舟は滑る』 しば しょう

 この記事は新潟県の阿賀北エリアの魅力を小説で伝えてきた阿賀北ロマン賞の受賞作を紹介する…

第十二回阿賀北ロマン賞受賞作②小説部門 大賞『蛍の寄り道』朝平祐

この記事は新潟県の阿賀北エリアの魅力を小説で伝えてきた阿賀北ロマン賞の受賞作を紹介するも…

第十二回阿賀北ロマン賞受賞作①小説部門 大賞『めぐり姫』関川ちぐら

この記事は新潟県の阿賀北エリアの魅力を小説で伝えてきた阿賀北ロマン賞の受賞作を紹介するも…

第十一回阿賀北ロマン賞受賞作 小説部門 大賞『花満ちて、ひとり』真野桐子

この記事は新潟県の阿賀北エリアの魅力を小説で伝えてきた阿賀北ロマン賞の受賞作を紹介するものです。以下は真野桐子さんが執筆された第11回阿賀北ロマン賞小説部門受賞作です。2020年より阿賀北ロマン賞は阿賀北ノベルジャムにフォーマットを新たにし、再スタートしています。<詳しくはこちら>公式サイト 小説創作ハッカソン「NovelJam(ノベルジャム)」初の地方開催を企画・運営しています。「阿賀北の小説 チームで創作 敬和学園大が初開催 筆者と編集者、デザイナー募集へ」 (新潟日報

スキ
2

第十回阿賀北ロマン賞受賞作②小説部門 大賞『三日月ラグーン』朝平祐

この記事は新潟県の阿賀北エリアの魅力を小説で伝えてきた阿賀北ロマン賞の受賞作を紹介するも…

第十回阿賀北ロマン賞受賞作①小説部門 大賞『あぜ道の向こう』葉山エミ

この記事は新潟県の阿賀北エリアの魅力を小説で伝えてきた阿賀北ロマン賞の受賞作を紹介するも…

第九回阿賀北ロマン賞受賞作 小説部門 大賞『世界の余白』七瀬瑛

この記事は新潟県の阿賀北エリアの魅力を小説で伝えてきた阿賀北ロマン賞の受賞作を紹介するも…

第七回阿賀北ロマン賞受賞作①童話部門 『加治川で見た夢』 和田 彩音

 この記事は新潟県の阿賀北エリアの魅力を小説で伝えてきた阿賀北ロマン賞の受賞作を紹介する…

第六回阿賀北ロマン賞受賞作②随筆部門大賞作品 『癒すちから』 水島 育子

 この記事は新潟県の阿賀北エリアの魅力を小説で伝えてきた阿賀北ロマン賞の受賞作を紹介する…

第六回阿賀北ロマン賞受賞作①小説部門 一般・大学生の部 『命の音』 加藤 千…

 この記事は新潟県の阿賀北エリアの魅力を小説で伝えてきた阿賀北ロマン賞の受賞作を紹介する…

第五回阿賀北ロマン賞受賞作③童話部門『春をもたらす歌声』円立いな

 この記事は新潟県の阿賀北エリアの魅力を小説で伝えてきた阿賀北ロマン賞の受賞作を紹介するものです。以下は円立いなさんが執筆された第5回阿賀北ロマン賞童話部門受賞作です。2020年より阿賀北ロマン賞は阿賀北ノベルジャムにフォーマットを新たにし、再スタートしています。<詳しくはこちら>公式サイト  小説創作ハッカソン「NovelJam(ノベルジャム)」初の地方開催を企画・運営しています。「阿賀北の小説 チームで創作 敬和学園大が初開催 筆者と編集者、デザイナー募集へ」 (新潟日