みやのゆきこ

ニセコ在住の登山家スキーヤーです。心と身体の軸を作り、人生の質を向上させることを目的と…

みやのゆきこ

ニセコ在住の登山家スキーヤーです。心と身体の軸を作り、人生の質を向上させることを目的とした「Infinityウォーキング」を考案し、「ゆっくり歩いて旅へ」をテーマにしています。著書「天岩戸神話を歩く」全国書店&ネットにて絶賛発売中!

マガジン

  • spirits of nature

    spirits of nature…自然を味わう 徒然なる日常生活でふと感じることや思うことなど、画像を交えながら切り取っていきます。

  • うったんおばさんの冒険旅行

    キーワードは唯一無二の旅。直感で行動する旅はハプニングも多いけど、その分、忘れられない旅に!国内のみならず、世界各地で経験したハプニング満載な冒険旅行を綴っていきます。私が経験した数々の失敗や、そこから得た教訓が、皆様のお役に立てば嬉しいです!

  • 北欧日和

    30年近く通い続けている北欧のこと。人々の生活や文化、風習などなどを感じたままに綴っていきます。

  • 旅をしよう!

    自分だけの唯一無二の旅創り

  • 自分を棚卸し

    誰もが思う「私ってなんだろう?」「何のために生まれたんだろう?」という永遠とも言える謎。ちっせえ時からの自分自身を振り返ることで、その謎解きを始めてみました。「ええっ?そうだったの?」もあるし「なるほど〜ふむふむ」もたくさん。自分を知るって楽しいよ!

最近の記事

  • 固定された記事

初めの一歩

はじめまして!まずは大切な自己紹介から。 職業はというと。 一番メインはスキーガイドです。二番目はピラティスインストラクター、三番目は登山ガイド。その三つの仕事を繋ぎたくて、取り組んでいることが執筆作業です。こんなことをやりながら、登山家として日本はもちろん世界を歩き滑り回っています。ここでは今まで体験してきた数々の旅や、冒険の裏の裏の裏側まで話しちゃおうかなと。 旅を重ねる中で一番強く感じていることがあります。それは、「点」ばかりをめぐっている人が多いこと。「点」とい

    • いくつになっても好きは好き!

      私のスキーゲストさんたちは、古くからのお馴染みさま。 長い方だと20年を越えるから、ある意味、一緒に年齢を重ねてきました。 ということは… もう良いお年頃の方々なんですよね(笑) 先々週にいらっしゃった3名のお姉さまグループは、平均年齢が、なんと68歳! 一番上のお姉さまは、御年とって75歳でいらっしゃるんです。 ゲレンデを颯爽と滑ることはもちろんのこと、ザックを背負ってシールをつけて雪山へも出かけちゃいます。 さすがに一番上のお姉さまは、フルでハイクアップ(山を登る

      • ブナ北限の里〜北の大地・黒松内に広がる鮮やかな森

        この冬はいつになく気温差が激しく、まだ二月半ばというのに、東京では春一番が吹いたそうですね。 まだまだフワフワな雪を楽しみたい私ですが、気温が10度近くなる日があると、さすがに春を感じざるを得ません。 そんな訳で春を先取り! いまかいまかと芽吹きを待っている、大好きな「ブナちゃん」のお話です。 私が無類のブナ好きになったのは、2008年の夏のこと。 東日本大震災の翌年、どうしても「今の東北」をこの目で見ておきたくて、青森、秋田、岩手を巡りました。 その道中、かねてから行

        • その閃きを大切に!

          あっという間に2月も半ば、暦の上では春なんですね。 北海道ニセコも、この冬は気温のアップダウンの激しさに苦労しています。ついこの間は明け方に−20度、と思いきや日中はプラス気温…ガイド泣かせの冬になりました。 昨日は羊蹄山へプライベートでバックカントリースキーへ。 スキーは大好きなので、もちろん滑ることは大切ですが、それ以上に大切にしていることがあります。 それは感覚力を高めること。 自然の中はその宝庫と言っても過言ではありません。 特に雪は、その力を何倍にもしてくれ

        • 固定された記事

        初めの一歩

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • spirits of nature
          みやのゆきこ
        • うったんおばさんの冒険旅行
          みやのゆきこ
        • 北欧日和
          みやのゆきこ
        • 旅をしよう!
          みやのゆきこ
        • 自分を棚卸し
          みやのゆきこ

        記事

        記事をすべて見る すべて見る
          +12

          ほんわか雪国暮らし

          ほんわか雪国暮らし

          +11

          【ハプニングも楽しいね⁉︎】インバーカーギルってどこや〜〜〜?

          日本列島、すっぽりと強い冬将軍に包まれてしまいました。 能登半島の被災地がこれ以上の被害に遭わないことを願うばかりです。 そんな中、私の住む北海道ニセコも夜半から暴風雪。 「本日、外へ出るべからず」と自分を封印し(あっ、除雪は別ね)、家の中でぬくぬくしております。 思えば先週の月曜日も天気は大荒れでした。 週末にいらしていたゲストさんたちが東京へ帰る日で、夕方早めにレンタカーで新千歳空港へと旅立っていきました。 千歳方面は遅い夕方あたりから天気が急変したようで、お一人の

          【ハプニングも楽しいね⁉︎】インバーカーギルってどこや〜〜〜?

          冬も夏も静かに佇む高層湿原•鏡沼

          気温差の激しい冬ですね… スキーガイドという職業は、毎日天気との闘いで、夜に朝にお天気チェック。 気温が上がって雪が降らない予報だと、突然夜中に「明日どうしよう??」と目が覚めてしまったり。 そんな気持ちを吹き飛ばしてくれるのが、私にとって大切な場所がある!ということ。 この写真は、先週の土曜日。 ゲストさんをふかふかの雪の中、スキー散歩にお連れしてきました。 ここはニセコ連峰の一角にひっそりと存在する「高層湿原の鏡沼」です。 夏も1時間くらい歩けば訪れることができ

          冬も夏も静かに佇む高層湿原•鏡沼

          深まる対馬の謎〜日本原始の「天道信仰」ってなんぞや??

          新しい年を迎えたと思いきや、あっという間に2週間近く経ちました。 今年こそは「週一投稿を目指します!」と言いたいところですが、冬が一番忙しい季節につき、心に小さく誓っておくだけにしますね(笑)。 本題に入る前に… noterのISSAさんが私の記事「実り豊かな秋の高千穂〜神々との優しい時間」をマガジンに追加してくださいました。 ISSAさんは多彩なる考察力と文章力で、自然や歴史などについて記事を書かれている方。そんなお方の目に留まり、とても嬉しいと共に感謝しつつご報告です。

          深まる対馬の謎〜日本原始の「天道信仰」ってなんぞや??

          不思議な空間、noteの中の一期一会を大切に!

          怒涛の年末年始も明日で一段落!というところまできました。 今さらですが… 新しい一年を迎えることができたことを心から感謝いたします。 そしてお正月早々に日本で起こった自然災害、人災に心を痛めることしかできない中で、改めて「今を大切に丁寧に過ごしていこう」と強く思っています。     **** 年末年始は多くの方とお会いし、一緒にスキーを楽しみました。 スキーとは不思議なもので、何年も会ってなかったり、年に一度しか会わなかったりしても、雪山を共に楽しみだすとあっという間に

          不思議な空間、noteの中の一期一会を大切に!

          対馬にそびえる光輝く霊峰・白嶽〜神さまに試される場所

          2023年12月2日 壱岐島での濃密な時間を引きづりつつ、次なる目的地「対馬」に上陸しました。 島の大きさは南北約82km、東西約18kmと細長く、全国で3番目に大きな島です。大陸までの距離、わずか49.5km。 九州本土からは約132kmあるので、どれだけ朝鮮半島との歴史の要になった島なのでしょうか。 古代、日本がまだ倭国と呼ばれていた頃、たびたび朝鮮半島へ進出していました。しかし白村江の戦いで「唐・新羅連合軍」に大敗を喫し、国家存亡の危機に見舞われますが、唐と新羅の関

          対馬にそびえる光輝く霊峰・白嶽〜神さまに試される場所

          玄界灘にプカっと浮かぶ壱岐島〜驚きが隠せない!

          旅だけじゃなく何か行動を起こすときは、必ずキッカケがありますよね。 アンテナにピン!と引っかかったり、なんか気になって仕方なかったり。 もしかすると忘れていたはずなのに、あれれ?夢に出てきた〜なんてことも。 この旅のキッカケは、昨年乗ったスカイマークの機内誌でした。 コロナ禍の時は機内誌が姿を消していて、それはそれは寂しかったのですが、少しずつ復活していたので、ペラペラとめくっていきました。 私の目に飛び込んできた一枚の写真、それは対馬の「白嶽」から望む日本最大のリアス

          玄界灘にプカっと浮かぶ壱岐島〜驚きが隠せない!

          車、復活しました! エンジンルームも少しやられていたそうですが、綺麗になりましたー この時期、事故が多いらしく約1ヶ月かかりましたが、久しぶりの愛車と❤️ 忙しい季節になってきましたので、慌てず急がずお過ごしくださいね! 素敵な週末を〜

          車、復活しました! エンジンルームも少しやられていたそうですが、綺麗になりましたー この時期、事故が多いらしく約1ヶ月かかりましたが、久しぶりの愛車と❤️ 忙しい季節になってきましたので、慌てず急がずお過ごしくださいね! 素敵な週末を〜

          壱岐、対馬に来ています。 エゾシカちゃん事件で、どうなることかと気を揉みましたが、落ち着いてきたので予定通りに。 まるで呼ばれるように訪れたここは、日本中の龍神様が集まる場所だそう。エネルギーの大きさに、ただ放心するばかり。 言葉にできるまで時間がかかりそうですが、必ず書きます!

          壱岐、対馬に来ています。 エゾシカちゃん事件で、どうなることかと気を揉みましたが、落ち着いてきたので予定通りに。 まるで呼ばれるように訪れたここは、日本中の龍神様が集まる場所だそう。エネルギーの大きさに、ただ放心するばかり。 言葉にできるまで時間がかかりそうですが、必ず書きます!

          みちのく潮風トレイルDAY2&3〜普代水門〜弁天崎灯台

          昨日から一気に冬が強まり、吹雪の朝になりました。 いよいよ冬モード、鹿あり、スリップあり、車の運転には十分注意します! 今日は前回の続き二日目と三日目をまとめてお伝えしますね。 ですので、長いです〜 初日に小袖海岸まで歩き、電車で普代村へと進みました。 宿は普代村にある「国民宿舎くろさき荘」にお世話になることに。 この「くろさき荘」さん、なかなか良かったです。 というのは、トレイルプランというのがあって、お水や手拭いのサービスあり!なんと言ってもスタート地点やゴール地点

          みちのく潮風トレイルDAY2&3〜普代水門〜弁天崎灯台

          みちのく潮風トレイルDAY1〜久慈駅から小袖海岸へ

          さて気を取りなおして、事故の前に行ってきた「潮風トレイルvol.2」のことを書きますね。 この企画は数年前から始めたロングトレイルウォーキングの一つ。 お客様をお連れして、1回につき2泊3日で歩をすすめ、現地を味わいながらゆっくり歩くツアーです。 しかし全長約1,000kmに及ぶので、いくらなんでも全てをゆっくり踏破するとなると、「私生きていられるかしら?」なーんて言うゲストさんもいるので、険しい場所などを少し飛ばしつつ、この春から歩き始めました。 初回の様子はこちらです

          みちのく潮風トレイルDAY1〜久慈駅から小袖海岸へ

          ご心配をおかけしました!

          先日のエゾシカちゃんとの衝突事故では、多くの皆さまにご心配をおかけしました。励ましのお言葉、心に響き立ち直れる勇気をいただきました。 ありがとうございます! 車は修理中ですが、ムチウチは状態が安定するまで、しばらく接骨院に通うことになりました。 けど、元気にもりもり動いています!というか、動いて治します(笑) 実を言うと、数年前にカーブでスリップした車が飛び出してきて、正面衝突事故に遭いました。その時はエアバックは飛びでるは、煙はでるは、車は大破し救急車で運ばれる大事故で

          ご心配をおかけしました!