秘仏とご縁が結べる「最澄と天台宗のすべて」~音声ガイドで天台の教えと高僧たちの物語を辿る
見出し画像

秘仏とご縁が結べる「最澄と天台宗のすべて」~音声ガイドで天台の教えと高僧たちの物語を辿る

アコースティガイド・ジャパンのnoteへようこそ。
東京国立博物館では、11/21まで 「伝教大師1200年大遠忌記念 特別展 最澄と天台宗のすべて」が開催中です。(2022年2/8~九州国立博物館、4/12~京都国立博物館にも巡回)

最澄が開いた日本の天台宗は、その後の様々な宗派の礎にもなっています。その教えや歴史を紐解く展覧会では、最澄ゆかりの貴重な仏像や宝物、弟子たちにまつわる品々がずらり。全国の天台寺院から、いくつもの貴重な秘仏がお出ましになります。

―様々な薬師如来に出会える

比叡山延暦寺 根本中堂の本尊は、最澄自らが彫ったと伝わる秘仏 薬師如来。そのお像のお出ましはありませんが、それに倣ったお像など、今回は様々な薬師如来像に出会うことが出来ます。

こんな難しい時世だからこそ、ぜひ会場で薬師如来様とご縁をつないでいただけたらと思います。

天台2

会場では、延暦寺の総本堂、根本中堂の一部が再現されています。1200年の時を超えて守り継がれる不滅の法灯がともされる空間がどんなものなのか、その雰囲気を味わうことが出来ます。

―高僧たちの物語を紡ぐ音声ガイド

音声ガイドのナビゲーターは、ご自身も比叡山に幾度も訪れている、
市川猿之助さん!
最澄の教え、仏像や宝物のみどころを、じっくり聞かせるナレーションでお伝えします。また、最澄の弟子 円仁や円珍、江戸時代の天海など、個性豊かな高僧たちにまつわるエピソードを、たっぷりご紹介。

加えて、音声だけのスペシャルコンテンツも満載!
天台宗 阿部昌宏宗務総長のご挨拶や、
根本中堂再現エリアで聴くことのできる天台声明の調べ、
そして東京、福岡、京都、各会場の担当研究員が、各地と天台宗のゆかりを紐解く特別解説も聞きどころです。

天台4

展覧会を見終わったら、特設の梵字カフェで一息入れるのもおススメ。干支にちなんだ仏様を表す梵字をあしらった梵字ラテが飲めますよ!
※梵字カフェは、九州・京都での実施は未定です
(辰年・普賢菩薩のタカハシ)

*******************************************
アコースティガイド・ジャパン
https://www.acoustiguide.co.jp
Twitter: @ADaudioguide @kikubi_AG
*******************************************

ー展覧会情報

伝教大師120年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」
場所:東京国立博物館 平成館
会期:2021年10月12日(火)~11月21日(日)
休館日:月曜日
開館時間:午前9時30分~午後5時
巡回情報:九州国立博物館 2022年2月8日(火)~3月21日(月・祝)
     京都国立博物館 2022年4月12日(火)~5月22日(日) 

ー音声ガイド情報

最澄と天台宗_貸出_A3ノビ_0921


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
(人´∀`)アリガトウゴザイマス♪
美術館・博物館、観光施設で…あなたの鑑賞のパートナー「アコースティガイド」がアート情報をお届けします。 オーディオガイド、音声ガイドアプリ、ワイヤレスガイド他、様々なメディアを駆使したガイドサービスはこちら→https://www.acoustiguide.co.jp