見出し画像

京都の美術 250年の夢 リニューアルした京都市京セラ美術館で芸術の秋を満喫

アコースティガイド・ジャパンのnoteへようこそ。
2020年春、大規模な改修・増築を経て、リニューアルオープンした京都市京セラ美術館、杉本博司展でもご紹介しましたが、皆さん、もう行かれましたか?
展覧会も建物も、カフェもショップも楽しみどころがたっぷり。芸術の秋にぴったりのスポットです。

ー開館記念展「京都の美術 250年の夢」総集編

画像1

当初、4月から12月にかけて、3部に分けて開催予定だった「京都の美術 250年の夢」。コロナ禍でそれはかないませんでしたが、この第1部~3部に出品予定だった選りすぐり名作が、「総集編」として一堂に会する展覧会が、12月6日まで開催中です。

江戸後期から現代まで、円山応挙や曽我蕭白、伊藤若冲から始まり、森村泰昌まで、京都を彩った美術作品がずらりと並ぶのは、圧巻の一言!
京都ゆかりの芸術家の代表作ばかり、かつここまで様々なジャンル、時代のものが揃うことは、本当に貴重な機会です。前期(~11/8)と後期(11/10~)で展示作品ががらりと入れ替わるのも見どころです。

―音声ガイドのナビゲーターは佐々木蔵之介さん

音声ガイドは、京都出身の俳優・佐々木蔵之介さんが、穏やかな語りで皆さんをご案内します。

画像2

作品のテーマだけでなく、画家が残した言葉や、作品に込められた思い、知られざる制作エピソードなどをたっぷり散りばめました。

出品作品の点数がとても多いので、効率よく鑑賞するのに、音声ガイドはマストです。是非ご活用ください!

―建物もカフェもSNS映えポイントがたくさん!

京都市京セラ美術館の白い螺旋階段は、すでにインスタなどでも話題ですね。でも映えるのはそれだけではありません!

スライド3

左の白い螺旋階段も素敵ですが、展覧会会場内に入り、展示室を移動する途中には、右のようなレトロで素敵な階段も。
照明器具や、窓ガラスなどもとっても素敵です。

スライド2

展覧会を鑑賞しながら、是非そんなところにも目を留めてみてください。
夜は美術館の外観がライトアップされるのも見どころです!

そして、じっくり展覧会や建物を鑑賞したら一休み。おしゃれなカフェでおいしいランチやスイーツを。1日かけて楽しめるスポットです。

スライド1

チーズケーキおいしかった。。。(タカハシ)

*******************************************
アコースティガイド・ジャパン
https://www.acoustiguide.co.jp
Twitter: @ADaudioguide @kikubi_AG
*******************************************

―展覧会情報

京都市京セラ美術館開館記念展
「京都の美術 250年の夢 第1部~第3部 総集編 -江戸から現代へ」

会期:2020年10月10日-2020年12月6日
   前期:10/10~11/8、後期:11/10~12/6
会場:[ 本館 北回廊1階 | 本館 北回廊2階 ]
開館時間:10:00~18:00
休館日:月曜日 ※ただし11/23は開館

ー音声ガイド情報

京都の美術250年の夢展_貸出看板A3_0914

※展示替えに伴いガイド内容も変わります※
ナビゲーター:佐々木蔵之介(俳優)
収録時間:約40分
当日貸出価格:600円(税込み)※おひとり様1台につき。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございますヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ
31
美術館・博物館、観光施設で…あなたの鑑賞のパートナー「アコースティガイド」がアート情報をお届けします。 オーディオガイド、音声ガイドアプリ、ワイヤレスガイド他、様々なメディアを駆使したガイドサービスはこちら→https://www.acoustiguide.co.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。