プロフィール

プロフィール

阿古真理

阿古真理です。

兵庫県出身で現在は東京在住。作家・生活史研究家として、書籍や雑誌、新聞、Webなどの媒体で仕事をしています。食を中心にした社会史、女性、写真などの分野で執筆をするほか、たまに講演、テレビ出演などもあります。書籍は『料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。』(幻冬舎)、『日本外食全史』(亜紀書房)、『平成・令和食ブーム総ざらい』(集英社インターナショナル)、『母と娘はなぜ対立するのか』(筑摩書房)、『パクチーとアジア飯』(中央公論新社)、『小林カツ代と栗原はるみ』・『料理は女の義務ですか』(共に新潮新書)、『なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか』(NHK出版新書)、『昭和の洋食、平成のカフェ飯』(ちくま文庫)、『「和食」って何?』(ちくまプリマー新書)、『昭和育ちのおいしい記憶』(筑摩書房)などです。よろしくお願いします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
阿古真理
作家・生活史研究家。主に、食を中心にした暮らしの歴史とトレンドを執筆しています。詳細はこちらをご覧ください。https://note.mu/acomari/n/n407a1d0fc4f4