見出し画像

2021年2月 AAPA 新作情報:

LIVE⇋映像AAPA 2021トライアル!!
ダンス作品 ダブル・ビル私物と動物

企画概要

AAPAが拠点を置く北千住で、上本竜平『(その後の) 私との区切り』(新作) と永井美里『すむ』(2017年初演のリクリエーション) を連続上演します。

今回は感染防止対策を踏まえたトライアル企画として大小異なる会場で、客席限定5席で行う『①ミニマムショーイング』と、客席(198席)を収容可能な広い空間での『②映像撮影見学会』を行います。

部屋の「私物」とペットの「動物」に支えられた今日この場所から、会場のLIVEと別日の映像にあわせて触れる、その始まりをお届けします。

今後、感染拡大状況の推移に応じて企画内容が変更になる可能性もあることをご了承いただいた上で、以下の詳細にお進みください。
ご予約いただく皆さま、関係各位の皆さまのご協力・ご厚意に感謝し、心身の健康に配慮して企画の準備と実施に務めて参ります。
どうぞよろしくお願い致します。

上本竜平 / AAPA

作品紹介

【A】『(その後の) 私との区切り / period with me.
作・演出・振付・出演:上本竜平
出演:小山衣美加賀爪智子目黒宏次郎小川敦子(映像音声のみ)
振付助手:永井美里

2011年、JCDN「踊りに行くぜ!!Ⅱ vol.1」のツアー最終公演前日に東日本大震災が重なった『終わりの予兆』(5月に延期公演) は、結婚した当時の心境を投影した作品でした。

いま目にしている誰かが、自分自身の投影になる。今回の新作では、この作品のその後の10年と重なる30代の私との区切りを「自分以外の誰か」に投影し、上演します。


【B】『すむ』(2021年リクリエーションver.)
作・振付・ダンス:永井美里
演出・出演: 上本竜平
出演: 小山衣美
クリエーションサポート: 加賀爪智子、目黒宏次郎

2017年、日の出町団地スタジオにて「すむ」と題するソロダンスを上演しました。2021年のいまあらためて「すむ」という言葉に向き合うと、当時とはまた違った響きと感触をあらましとして持つことに、気づかされます。

内と外のあいだで
まじりあうことのできる
やわらかな場所

降り積もる跡を紡ぎながら
暮らしと踊りを
ひとつになることを

---------------------
STAFF クレジット

演出助手: 山田真実
セノグラフィー: 上本竜平+長沼和宏(AIDAHO)

ボディペイント (『すむ』映像) : KINOTAKE

撮影・編集: 鈴木ヨシアキ
Webディレクション: 池田正和

制作協力: 奥村優子 (koen企画)

企画製作: AAPA
助成: 文化芸術活動の継続支援事業 (文化庁)
---------------------

会場・日時

①ミニマムショーイング
会場: 日の出町団地スタジオ(北千住駅東口 徒歩5分)
日時: 2021年2月
13(土) 18時半【A『私との区切り』】
14(日) 14時半【B『すむ』】、18時半【A】
17(水) 19時【B】
24(水) 14時半【B】、19時【A】
26(金) 14時半【B】、19時【A】 
28(日) 14時半【A】、18時半【B】
(各回、開場・受付開始は開演15分前。上演時間は約50分を予定)

②映像撮影見学会
会場: 足立区生涯学習センター4階 講堂(北千住駅西口 徒歩15分)
日時: 2021年2月
16(火) 17時【A】、19時【B】
23(祝/火) 19時【A】
27(土) 19時【B】
(各回、開場・受付開始は開演15分前。上演時間は約50分を予定)

料金・予約フォーム

※2021年1月30日 情報公開・受付開始

LIVE (①ミニマムショーイング): 3000円

(★LIVE購入者は【A】/【B】収録映像を各1000円で購入可)

《*公演は終了いたしました。ありがとうございました!》


映像:
- 【A】/【B】収録映像: 各1500円
(*②映像撮影見学会は終了いたしました。【A】/【B】2作品の収録映像は、引き続き以下のフォームからご予約可能です!)

映像:購入予約フォーム

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
2004年より劇場外の様々な場所で舞台公演を企画。2013年に「日の出町団地スタジオ」を北千住にオープン。http://aapa.jp/