マガジンのカバー画像

LENS恋図 -クリエイターを志すあなたへ-

32
クリエイターを志すあなたへ 少年時代をブラジルで過ごし世界中を撮り歩くプロフェッショナルフォトグラファーが、旅の事、音楽やコーヒーの事、どうやってフォトグラファーになったのかなど… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

プロローグ-風-

1993年に日本大学芸術学部写真学科を卒業し、何の覚悟もないまま社会に入った。 高校も大学も…

南雲暁彦
2年前

ルナレインボー 前編

満点の星空の下、大瀑布にかかる月光の虹。幻の絶景ルナレインボー 僕がはじめてその話をきい…

南雲暁彦
2年前

写真とコーヒー

僕の勤めている会社の広報誌の巻末にクリエイターズコラムというページがあり、そこで何かこだ…

南雲暁彦
2年前

ルナレインボー 後編

ルナレインボーのことを調べなが ら、淡々とチャンスをまった。 美しく滝にかかるルナレインボ…

南雲暁彦
2年前

カールツァイスとの出会い

    僕には非常に仲良くしている幼馴染の兄弟がいて、8つ上と5つ上なのでだいぶ歳上なのだが…

南雲暁彦
2年前

南雲くんやってみれば

2008年11月、キヤノンの5D mark2に搭載されたフルハイビジョンの動画機能は映画の本場ハリウッ…

南雲暁彦
2年前

シャモニーでの話

僕は仕事で海外の風景を撮影する事が多く、ここ16年で約50ヶ国300都市ほど周ったとおもう。(2004年から2020年現在) 地域ごとに現地でお世話になっているコーディネーターさんがいて、みな知識と経験が豊富な頼れる方達だ。 そのなかにヨーロッパ全域でお世話になっているKさんという方がいる。シャモニーを拠点にしており、そこから世界中を舞台にテレビ取材や撮影コーディネート、旅行手配など幅広くご活躍中だ。 なにせバイタリティーのあるかたで、ヨーロッパだとシャモニーから自分の車でダ

スキ
35

Fifty's gate 1/2

fifty's gate 1/2 写真家対談:南雲暁彦 × 赤城耕一(前編)「下積み時代にも時代の波を感じ…

南雲暁彦
2年前

Fifty's gate 2/2

写真家対談:南雲暁彦 × 赤城耕一 (後編) 「魅力を引き出す正解がわかっていれば、光源は懐…

南雲暁彦
2年前

自分でつくれ

   1993年に大企業の撮影部に入社し、ひたすらアシスタントの日々を過ごしてしたが、2年目の…

南雲暁彦
2年前

写欲と生存本能(前編)

   僕は視覚欲が強く、その「見たい」という気持ちから「撮りたい」という行動が生まれてい…

南雲暁彦
2年前

僕の左眼は涙をながす。

幼い頃、僕には何かに感動するという感性が殆ど無かったように思う。 今まさに訪れているであ…

南雲暁彦
2年前

写欲と生存本能(後編)

オーロラの撮影に話を戻そう。 これはグリーンランドまで来て延々と悪天候で、一枚もオーロラ…

南雲暁彦
2年前

なりたいものになった二人

 小中学校の同級生には個性的な輩が多いのだが、その中でも、なるほど!という職業についたHさんという女性がいた。 小中学校というのは日本の反対側にあるサンパウロ日本人学校のことなのだが、日本全国から駐在で渡伯したビジネスマンの子供が通う学校で、北海道訛りやら群馬弁やら関西弁やらが入り混じるという、今思えば日本の縮図みたいな一面をもった面白い学校だった。 なにせ僕は「ナマラおもしれー」「俺が使ってたんダガニー」「シバイタロカ」など、様々な方言をここサンパウロで覚えたのだから、、

スキ
35