文房具のこと

3

浅草の老舗“満寿屋”さんでオリジナルの原稿用紙をオーダーした話

先日、東京浅草の原稿用紙の老舗“満寿屋”さんにいって(正式な会社名は舛屋。満寿屋はブランド名になる。)名入り原稿用紙のオーダーをした。

ヘッダー画像にも書いてるように、長時間相談に乗ってもらい、色々冒険的なことも考えたあげく、結果、結局、満寿屋さんに元からある定番商品No.102(灰色の横広の障子マス(ルビ無し)でB5サイズ)を少しカスタムしたような原稿用紙におちついた。
はじめてのオーダー原

もっとみる
どうもありがとうございます。
14