タミヤ瓶を使用した万年筆インクのミニボトルの作り方

はじめに
#インク沼 という言葉をご存知でしょうか。

ご存知の方も多いと思いますが、現在万年筆のインクが様々なメーカーから発売されており、ご当地インクなどとてもたくさんの種類があります。自分の好きな万年筆インクを集めたりコレクションしている人もたくさん増えています。万年筆のインクを使って文字を書くだけではなく、絵を書いたり、インク遊びをする人も増えています。その万年筆インクの魅力に魅了され、イ

もっとみる

インクのフラッシュ(Sheen)の起源を考える

はじめに

とても不思議な、万年筆インクの「フラッシュ」。筆記線の縁やインク溜まりが濃く乾くと、インクとは異なる色で、金属のような光沢を放つ現象です。Sheen(光沢のある)という言葉でも呼ばれますね。インクで書いた線の色が変わったり光ることは常に好ましいものでもありませんが、青いインクから赤い光が出たり、紫のインクから黄色い光が出たりと、その不思議な色変化と美しい光沢には惹かれるものがあります。

もっとみる
ありがとうございます! *ˊᵕˋ)੭🍧
18

久しぶりに中華街散歩

連休でも、ほとんど家だったので、健康かねて、どこか散歩にと、久しぶりに石川町へ。

悟空という店の「凍頂烏龍茶」がお得で、いつも買っているのですが、友達に菊花も買いたいと。目にいいのですよね。私も目はキツくなってきたので。しかも悟空のは、綺麗。なかなかこのような澄んだ色のはないのです。でも一煎目は、もちろん捨てて。

関帝陵の近くにあるので、何故か混雑していた中央通りではなく、川の方から。

やっ

もっとみる
ありがとうございます😊
1

9月23日のバースデイカード

おはようございます☔️🤗

4連休が明けましたね❣️

急に涼しくなったので
水筒は温かいお茶にしようか❓とか
半袖で行くならカーディガン羽織って行きなよ❓とか
朝の忙しい時間に娘にあれこれ言って、うるさがられ😅
あー、私もすっかりそういうお母ちゃんになってるわぁ💡と
うるさがられてる自分に自分で笑っちゃった朝でした😆

それも母親の仕事ということで😁👍

素晴
もっとみる

ありがとうございます。
3

沼へ

先日「文具女子博#インク沼2020」へ行ってきました。

 私は季節に合わせて万年筆のインクを多少入れ替えるくらいで、そこまでインクに詳しいわけではないのですが、まあ、せっかくの機会だからいろいろ見られたらいいな・・・くらいの、軽い気持ちでチケットを取っていました。

 ところが直前になってTwitterなどで少し情報を集めてみると、「沼」に浸かっている方々は、どうも空気が違う・・・。「さあ、どの

もっとみる
ありがとうございます!励みになります。
18

選ぶのに苦心惨憺。

四季織。
金木犀がいい色なのでプロフィットJr.とペアで使いたい。でもほかの色も試したいので新たに購入したのがハイエースネオ。でも肝心のインクカートリッジをなかなか買いに行けなくて、買ったペンがデビューできない。早く使ってみたいのにー😢

先日、やっと出かけるタイミングをつかんだ。万年筆が充実した文具屋さんは2軒あり、日ごろ利用する駅を挟んで上り下りそれぞれ20分くらい電車に乗った大きい駅のター

もっとみる
読んでくださってありがとうございます😊
2

お手紙を書くときに楽しみなこと【インク編】

おはようございます。今日も異常に早く目が覚めたので、朝からぽつぽつと文字を打っています。自分の中ではいわゆる朝活というものに認定していますが、最近の睡眠の波の不安定さをどうにかしたい今日この頃でもあります。

 さて、今回のテーマは「お手紙を書くときに楽しみなこと【インク編】」です。

 私のお手紙を受け取った方の中にはお察しの方もいらっしゃると思いますが、大概のお手紙は万年筆、もしくは呉竹の「か

もっとみる
ありがとうございます!
5

僕の使っている万年筆@プラチナ「センチュリー#3776」

数年前の40歳の誕生日のとき、自分プレゼントとして万年筆を買った。
ちなみに20歳の誕生日には運転免許をとった。
30歳のときはレーシック手術を受けた。
まあ、この20歳、30歳のイベントに比べると万年筆購入は幾分弱いかもしれないが、かねてより憧れがあった万年筆を持つということができて、自分なりに満足している。

とはいえ、万年筆を持つのははじめてなので5万円も10万円もするような高価なものを買お

もっとみる
毎週金曜:週末の夕空更新中
3

ガラスペン愛好家の方への贈り物。安心小道具「3ペンレスト!!!」

「コロコロ。。。 ガチャーン!! パリーン!! アッ!!私の大切なガラスペンがぁぁぁ!!!」

そんな夢で、目が覚めたことはありませんか?

夢にまで見るというのはちょっと大袈裟かもしれませんが。。
でもガラスペンを使っている方なら、この不安、お分かりいただけるのではないでしょうか。

なにしろ、ガラスペンは「ガラス」ですから。
世の中に「ガラスの心」などという表現があるように、やはりガラスという

もっとみる
有難うございます (^^)/