見出し画像

記録 Amazon Barで感動体験をしてきた

ちょっと前になりますが、AmazonBarに行ってきたのでレポを記しておきます。
お酒好きなら絶対に行くべき、最高のイベントでした。

ECの課題の一つである「試飲ができないこと」を解消するために開かれたこのイベント。
700種類以上のビール・ワイン・焼酎・日本酒・ウィスキーなどなどをテイスティングして、好みのお酒を見つけようというもの。

膨大なアルコール類の品揃えは日本最大級とのこと。圧倒されるほどのボトルの数でした。


画像1

壁が全部こんな感じ。見てるだけで幸せでした・・・。
人が多かったのであまり写真は撮れず。客層は、インターネットや機械に強そうなおじさまたちが多めでした。笑


画像2

まずはパンフレットを見て、気になるお酒をチェックします。とにかく品数が多い!

お酒は「A:冒険」「B:革新」「C:人気」「D:伝統」と4つのタイプに分類がされていて、さらにその中でビール・ワイン・日本酒・焼酎etc...とジャンル分けされています。
1ジャンル20種の中から3種選べ、それを3ジャンル分繰り返すことができます。

このシステム、シラフでも理解するのに時間がかかりましたが、要するに最低9杯飲めます。最高。

これにウェルカムドリンクと称して、選べる2杯の「プレミアム体験」がプラスされるので11杯飲めます。最高でしかない。


画像4

こんな感じの小さなプラカップですが、飲み比べしてあーだこーだ騒いでいたらすぐに酔っ払ってしまいました。
奥に見えるのはおつまみ。ビールならポテチ、ワインならチーズやチョコというように、選んだお酒に合ったおつまみも試食できます。
これがお酒が進む進む!

ハッピーになりすぎて「おつまみ単品で売ってますか?」なんて居酒屋さながらにスタッフさんに声をかけてみたものの、あくまで試食分しか出していないとのことでした。(そりゃそうですよね)


画像5

大好きなワインもずらりと並んでいました。

ワインのコーナーは比較的女性が多く、立食パーティーのように過ごせる空間でした。一方ウィスキーのコーナーは渋いおじさまだらけで海賊船みたいになってて面白かったです。

「A:冒険」「B:革新」「C:人気」「D:伝統」タイプ選択は最初に決めたら変えられないので、「あのお酒、飲みたいのに私は飲めないのかー!」というケースも発生します。そうなったらもうポチっちゃいますよね・・・。(ポチポチポチ)


画像5

お気に入りの黒猫ワイン「シュヴァルツカッツ」があったので記念に撮ったもの。家の壁がこれならいいのにな!

 

お酒好きなら一度は行くべき!
Amazonのことが大好きになる体験でした。また行きたいな〜〜〜!!!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
WEBデザイナーのたまご🥚 / いつも道に迷っている / #EOSkissM / #contaxS2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。