見出し画像

新しい日めくりを作ろう! 「月と暦日めくりカレンダー」

今朝テレビを見ていると、盛岡で初霜が観測されたと報じられていました。本州では今シーズン初。少しずつですが、冬の足音が聞こえてきました。

私がお仕事をしている新日本カレンダーは、今が繁忙期。年末は、来年のカレンダー、どうしよっかな。と考える時期ですよね。本屋さんや文具屋さん、雑貨店など、所狭しといろんなカレンダーが並んでいますが、今回は、カレンダーの中でも私がいちばん思い入れのある「月と暦日めくりカレンダー」をご紹介させてください。

画像1

月と暦(つきとこよみ)日めくりカレンダーは、2021年版で制作7年目を迎えます。
毎年少しずつ販売数量を伸ばし、SNSでは「今年も使っています!」「子どもと一緒にめくるのが楽しみ〜」などのうれしいお言葉をいただいています。本当にありがとうございます。

新しい日めくりカレンダーを作ろう

私が育った家には日めくりカレンダーはありませんでしたが、昔は日めくりカレンダーというとどこの家にもかけてあり、毎朝めくるのが日課だったという方がたくさんいらっしゃると思います。
カレンダーを作る会社である新日本カレンダーに入り、日めくりカレンダーを家にかけるようになってから、急に身近な存在になりましたが、世の中はスマートフォンの普及にともない、今日が何日かをカレンダーで確認することが少なくなりました。特に、日めくりカレンダーは年々その姿を消しつつあります。

「日めくりカレンダーはめくるのが面倒臭い」
「10日分くらい一気にめくっちゃう」

身近な人と話をしていると、そんな声が少なからず聞こえてきます。日めくりカレンダーの辿るであろう行く末を思うと、さみしい気持ちになりました。
そんななか、日めくりカレンダーの魅力をもっとたくさんの人に知ってもらうため、「めくるのが楽しくなる、新しい日めくりを作ろう」と企画がはじまりました。

画像2

毎日「めくりたくなる」暦のミニコラム

日めくりカレンダーの抱えている課題は、「めくるのが面倒臭い」こと。
でも、めくるのが楽しみになるような内容だったら、毎日めくれるんじゃないかなと、知っているようで知らない「日本の伝統行事」や「旬の食べ物」「季節の言葉」などを掲載することにしました。知っていることが増えていくのって、やっぱり楽しいと思うんです。
時間がなくて忙しい朝でも読みやすいように、なるべく短い言葉で説明文を書きました。

この暦のミニコラム、最初に作った年は毎日掲載されているわけではありませんでした。発売後、お客様から「毎日見たい」という声をいただき、2年目から毎日掲載することになりました。

画像6

日めくりカレンダーに、月の満ち欠けを載せたい!

月と暦日めくりカレンダーのいちばんの特徴は「毎日の月の満ち欠け」が大きく載っていること。その日の空に浮かぶ月の形がわかるようになっています。
その昔、日本人は月の満ち欠けによる「月の暦」を使っていたので、カレンダーと月はもともと親しい存在。月が満ち欠けを繰り返しているのは小学校で習って知っているけれど、そのことを本当に感じられたのは、この日めくりカレンダーを作ってからでした。
それからというもの、仕事からの帰り道、夜空を見上げるのが少し楽しみになりました。「あっ。やっぱり今日はこの形なんだ。」そんな小さなことですが、わかることがうれしくて、日めくりを買ってくれた人にも、同じように感じてもらえたらいいなあと思い、月の満ち欠けを大きくデザインすることにしました。

画像5

どこでも楽しめる星空の台座

「めくるのが面倒臭い」につづく日めくりカレンダーのもうひとつの課題は、「家の壁にかけられないこと」。
私の住んでいる家もそうですが、壁に絵や写真をかけたいと思っても、穴は空けたくないし、粘着性のテープを使うと壁紙がはがれないか心配で、なかなか踏み切れないのが現状です。でも従来の日めくりカレンダーは、やっぱり画鋲や釘で壁に穴を開けてかける作りになっていました。
持ち家だと、えいっと穴も空けられそうな気もしますが、そうでない方にも日めくりカレンダーを気軽に使っていただきたいと思い、机の上や玄関の靴箱の上に置けるよう、スタンドを作ることにしました。
その台座も、普通の紙じゃ面白くない。
月の浮かぶ星空のようにキラキラと光る、美しい紙で作ることにしました。

画像4

画像7

そうしてできた「月と暦日めくりカレンダー」は、ありがたいことに初年度はひと月足らずで完売し、毎年少しずつ暦のミニコラムの内容を変えながら、作りつづけることができています。

ご購入いただいた方から寄せられる声も年々増え、ひとつひとつ寄せられた声を読んでいると、「季節の一言がお気に入り♪」「息子が毎日の月の満ち欠けを楽しみにしています」「一日一日を大切にしようと思わせてくれる」などのうれしい声に、とても励まされています。
ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。

毎年ご購入いただいている方も、まだ日めくりカレンダーを使ったことのない方も、ぜひ来年のカレンダーの候補に「月と暦日めくりカレンダー」を入れていただけるとうれしいです。

画像3

■月と暦日めくりカレンダー2021 ご紹介ページ
https://www.543life.com/tsukical2021/

■暦生活のお店(お買い物)
https://543life.net/?pid=154230551

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
239
日本の季節を楽しむ暮らし「暦生活」。みんなでつくる暦情報のWeb図鑑「暦生活」を運営しています。TwitterやInstagramでも、お月くんが毎日暦情報を更新中!noteでは、暦生活編集部の思いや日常をお届けします。

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 19395本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (6)
初めまして。日めくり暦は支援学校に勤務していた頃、年末になるとお商売している友人知人に声掛けまくり集めていました。(学校予算がなくて買えず自腹で何冊もはキツかったので)知的自閉の子どもたちにとって1日の始まりを認識しやすく、スムーズなスタートが切れるので有効でした。暦生活さんの投稿を拝見して当時の生徒たちの日めくりする姿を思い出し懐しくなり購入しました。新年から日めくりするのが楽しみです。長々と失礼しました。
初めまして。

母が今年の誕生日プレゼントにこれが欲しい!と珍しくリクエストしてくれたので購入しました!
毎日めくるカレンダーがわくわくするデザインで、今から来年が楽しみです。
ドクダミンちぃちぃさま
はじめまして。コメントいただきありがとうございます。
月と暦日めくりカレンダー、ご購入いただきありがとうございます。
私も毎朝、家と仕事場の日めくりカレンダーをめくるようにしていますが、1日がはじまったような気になって、少しだけ前向きになれます。
この日めくりが、懐かしい思い出を思い出すきっかけになれたこと、うれしく思います。ありがとうございました。
宇井さま
はじめまして。コメントいただきありがとうございます。
お母さまの誕生日のプレゼントに選んでいただいたのですね。うれしいです。
毎日の小さな楽しみに、なりますように。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。