見出し画像

アルパインクライミング

ルートの取り付きまでが ”アプローチ” といった短い距離ではなく、登山と同等であり、マルチピッチクライミングの技術を使って山頂を目指すスタイルをアルパインクライミングと言います。


画像1


しかし実はアルパインクライミングの定義というのはハッキリしていません。アプローチなのか、登山なのか、というのも認識は人それぞれです。また、マルチピッチクライミングの技術を使って山頂を目指すスタイル、というのも少し変です。

例えば、二子山中央稜を登ったあとすぐ下山すればマルチピッチクライミングで、10分足らず歩いて山頂に立ってから下山すればアルパインクライミングか?というのは、やはり少し変な話です。

このように一般的にもはっきりしないアルパインクライミングの定義ですが、他のクライミングに比べてリスクが高いということだけは確かです。


画像3


アルパインクライミングは、クライミングのグレード以上に山岳地帯特有の難易度と危険を孕みます。以下の条件を満たしている方のみご参加ください。

++++++++

1、ヘリコプターの救出、ロープを使った登山に対応している保険に加入している

2、ダブルロープのビレイが出来る

3、年間20日以上登山をしている

4、自然の岩のフリークライミングで5、9を登れる

5、1泊以上の登山および縦走の経験がある

++++++++


画像3


アルパインクライミングは、クライミングと登山、両方の技術を要します。知識だけではなく体力面が重要になってきます。日頃の運動だけでなく、習慣として山を登ることが大切です。

この講習では主に、八ヶ岳山域、川上村周辺、などに行きますが、基本的には受講者のレベルに合わせてカスタマイズします。


++++++++++++++++++

アルパインクライミング講習
講習のタイプ【プライベート】

料金:大人1人36,000円(定員1名~2名) ※講師交通費、個人装備レンタル料各種500円、別途かかります。

個人装備:クライミングシューズ 、ハーネス 、ヘルメット 、安全環付きカラビナ3枚、ビレイ器具 、グローブ 、 ヘッドランプ、雨具、防寒着、食料、水0.5リットル~1リットル、必要なものが入るバックパック、

申し込みはこちら

++++++++++++++++++

佐久平ロッククライミングセンター

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
長野県佐久市にある創業19年(2010年までアートウォール佐久)ロッククライミング総合施設です。マルチピッチクライミングをはじめとしたロープを使ったクライミング講習、セルフレスキュー講習、岩登りに関する講習全般を行なっています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。