見出し画像

シリコンバレーへオンライン留学!_Draper University of Heroes【DAY12~13】

アメリカシリコンバレー、サン・マテオにあるDraper Universityへ2週間オンライン短期留学した経験、失敗、学びを全て赤裸々に綴っています。

Prepare Pitch Deck

来週月曜日の最終ピッチに向け1日中パソコンと向き合い、アイデアを言語化、Pitch Deckをまとめていきました。

なお取り組む際に気をつけたことは、自分のアイデアはバリデーション(検証)も十分になく構想段階のため、決して作り込みすぎない、考え込み過ぎない(勘違いしない)ことだけには一番気をつけました。よくある失敗の代表例はMVPに達する前に、ただ自分の作りたいプロダクトを作り失敗するケースが山のようにあるからです。

MVP(Minimum Viable Product)とは?

A minimum viable product (MVP) is a concept from Lean Startup that stresses the impact of learning in new product development. Eric Ries, defined an MVP as that version of a new product which allows a team to collect the maximum amount of validated learning about customers with the least effort.

顧客に価値を提供できる最小限の製品や、それを使ったアプローチのことをいいます。「リーンスタートアップ(Lean Startup)」は主にシリコンバレーにおける成功する企業の条件を分析したものです。

AirbnbのMVP事例

Airbnbは創業当初、実際にエアーマットレスを借りてCraigslist(クレイグスリスト)という無料のインターネット掲示板でゲストを募り、サービスが実際に消費者に好まれるか試しました。アイデアの検証を必要最低限のコストをかけて行うことで、マーケットインの確率が高くなります。

画像2

Pitch Deckを作る際には、LinkedInが提供するサービスSlidedshareが参考になるかと思います。なおLinkedInはこのプレゼンテーション共有サービスをScribd(スクリブド)に売却したため、2020年9月24日からオーナーが変更となります。

SlideShareに自らのスライドをアップすることで獲れるメリットは3つ。❶80%を超えるユーザーがターゲットサーチにより検索するため潜在顧客へリーリがしやすいこと、❷詳細な分析機能が使えること、そして❸世界一のスライドシェアサービスプラットフォーム上で、世界中へアプローチができることです。

Facebook、Airbnb、Square、Buzzfeedなど、今や誰もが使うサービスへ成長した企業もSlideShareにピッチデックをアップしています。

SlideShare
Over 80% of SlideShare’s 80 million visitors come through targeted search. This can help you build your reputation with the right audience and cultivate more professional opportunities.

【Shopping Goods→Shopping Good】

現在僕が検証しているアイデアです。

一言でアイデアを説明すると、環境に配慮した消費行動へ変えるショッピングプラットフォームです。エシカルブランドを育てる、そして消費できる環境をブロックチェーン技術、ファンディング機能を使って実現します。

Draper UniversityのFUNDAMENTALS OF ENTREPRENEURSHIP PROGRAMを始まる前、以前から考えていたアイデアを授業で色々と試し、フィードバックをもらいながら進めていきました。

アイデア自体に価値は無いと思っています。アウトプット、バリデーション、MVPを繰り返し行うことで、マーケットインに近づいていきます。

アウトプットを継続して行っていることで、自分は3つほど小さな出来事が起こりました。

短期間のアウトプットから得られた3つのこと

❶サウジアラビアから仕事...!

同じチームメートのサウジアラビア人の方から、ウェブデザイン(LP)の仕事依頼が来ました。チームワークの課題があった際、率先してタスクの分担と簡単なLPなど制作していたところ、彼の本業のビジネスも手伝って欲しいと相談があり、一緒に取り組む流れとなりました。

画像3

❷アメリカ・フロリダから突如の連絡

下手くそな英語ながらプレゼンテーションを授業で率先して行いました。そうするとその翌日、インスタグラムから急遽連絡が入り『社会課題解決ショッピングマーケットプレースが気に入った、もし助けが必要なら一緒に取り組もう』と連絡がありました。

画像4

❸ニュージーランドからブロックチェーンのアドバイス

ブロックチェーン分野に詳しいニュージーランド人の方から、ブロックチェーン技術を使いサプライチェーンを透明化、エシカル消費を助けるサービスTrackgoodを開発した企業を紹介してもらいました。

画像5

TrackGoodはサプライチェーンを透明化、ブランドのサステイナビリティ、エンドユーザーへ信頼の厚いエシカル情報を届けることを目指しています。全てのデータはブロックチェーンのデータベースに記録されるため、情報が改善されることはありません。

画像6

画像7

画像8

To be continue! 続きます!

他の起業家のアイデアを聞いているだけでも、かなりの学びと刺激にになります。これからも学んだこと、失敗したことなど全て赤裸々に綴り、次の挑戦者の方へ上手くバトンを繋げれれば幸いです!

【著者プロフィール】
180株式会社(ワンエイティー)代表取締役 上仲 昌吾

Twitter @ShogoUenakaでも発信しております。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🌞上仲 昌吾🌞|180 𝙄𝙣𝙘.|ソーシャルビジネスで180°価値観を転換する

アメリカ・カリフォルニア州・サンディエゴで4年間過ごし、あらゆる価値観に触れてきました。現在ソーシャルビジネス事業化に向け構想中です。ソーシャルグッド、サーキュラーエコノミー、ベネフィットコーポレーションを実践されている方、是非とも意見交換をさせていただければ幸いです。

励みになります! ありがとうございます^_^
2
180(ワンエイティー)代表、ソーシャルビジネスで180°価値観を転換する|22歳で単身SAN DIEGOへ渡米。アメリカで様々なバックグラウンドを持ちつつも起業に挑戦している人たち感銘し、帰国の際に起業を決意。ソーシャルビジネス、Bコーポレーションをキーワードに再出発中。