vs,SJK:vs,フラモン Round.3
見出し画像

vs,SJK:vs,フラモン Round.3

凰太郎

 ぞろぞろと女子高生JK逹が帰路へ着く。
 最初の内は物珍しさにフォト撮りとかしてたけど、どうやら見慣れて飽きたらしい。遠巻きにパシャパシャ撮るだけじゃなく、ボクとフラモンにスリーショットを頼むヤツまでいたのに……つくづく現金だな!
「じゃね」「バイバ~イ♪ 」
「うん、バイバイ……」
 ボクへと手を振って、次々と校門を過ぎて行く。
 メタリック少女を目の前にして、何でそんなに警戒心無いん?
「じゃあ、またなー?」
「うん、また……またッ?」
 また・・こんなトラブルにっていいんかぃ?
 空手部の〝赤木一実あかぎひとみ〟さん?
 きっと、みんなこれから『マドナ』や『グラウンド・ワン』とか行くんだろうなァ……。
 ボクだって行きたいッ!
 行きたいけど……今日は無理だろうな。
 コイツ・・・がいるし。
 羨望せんぼういきに沈むと、ボクは〈フラモンベガ(人間形態)〉へと恨めしく向き直る。
 視線に気付き、フラモンベガは「てへ♪ 」と頭コッツンコ。
 いや、視線じゃなくてボクの心中に気付けよ。
 仕方なく放課後エンジョイタイムは諦めて、戦闘処理の尋問を開始。
「まず、キミの名前は?」
「わたしは〈半自律型外殻実装仕様コスモローダー・タイプA3-2006〉──気軽に〝モエルちゃん〟って呼んでね?」
 どう略したら、そうなった?
 ま……まあ、いいや。
「で? キミのドコが〈ベガ〉なのさ? ただの〈ロボットパイロット〉じゃん?」
「そう言えば、そうですわね」と、ラムス。「先程も申し上げた通り、この機体は〈半自律型外殻実装仕様コスモローダー〉──つまり状況に応じて『遠隔操作モード』『搭乗操縦モード』そして『自律AIモード』の3モードに切り換えられますの」
「うわあ? アニメロボットの発展史を単機で体現してるね?」
「……はい?」
「だって『鉄人 ● 号』にも『マジ ● ガーZ』にも『トラン ● フォーマー』にもなるんでしょ?」
「黙らっしゃい、このおバカさん♪ 」
 ニッコリと毒吐きやがった。
 何事も無かったかのように、ラムスは続ける。
 ボクの発言は黙殺されたらしい……シクシク。
「ですから『搭乗操縦モード』ならば、当然〈パイロット〉という事になりますけれど……」
「だって、本体・・はアッチだもん」背後の鋼鉄巨人をツンツン指差すモエル。「この姿は〈有機体仕様プリテンドフォーム〉なんだよ?」
 立ち上がって豊満な胸を……いや、視点違った……全身をボクへと見せつける。
「……プリ ● ンダー?」
「プリテンドフォームだってば!」
 小脇締めてプンプン!
 そのキャラ、数年もするとキツくなるからな?
 の〝さとう ● 緒大先生〟が、身をもって立証して下さっているからな?
 それをさっしたから〝コリ ● 星〟は〝フ ● ーザ様〟に破壊されたんだよ……おそらく。
「なるほど、そういう事でしたか」
 ラムスが納得を示した。
「どゆ事?」
「彼女は〈有機体仕様プリテンドフォーム〉と名乗った……そして『プリテンド』とは『成り済ます』とか『真似をする』という意味ですわ。そこから推察するに、おそらく現形態の彼女・・は、人間をしたうつわ──生体バイオ生成されたボディに、本体であるAIの人格や知性を複写した存在なのでしょう」
「……アバター?」
「マドカ様が理解しやすいのならば、その解釈でもよろしいかと」
「……逆転イッ ● ツマン?」
「知りませんわよ」
 今度は冷徹蔑視べっしモードが発動したよ。
「んじゃ、さっきカタコトから流暢りゅうちょうになったのも……」
「うん、コッチ・・・主導権ストレージを切り替えたの」
 モエルは、種明かしをしてテヘペロ。
 安いトリックだな? 三流作者?
 いや、メタフィクションなツッコミはいいや。
 それよりも、ボクにはずっと気になっていた点があったし。
「ねえ?」
「なあに? マドカちゃん?」
それ・・ッ!」
「はぇ?」
「ずっと〝マドカちゃん〟って馴れ馴れしいけどさ? ボク逹、どっかで会った?」
「ええ? ヒドイよ! マドカちゃん! わたしの事、忘れちゃったの?」
「え? あ……うん、ゴメン」
 ズイッと詰め寄るウルウルまなこに呑まれ、思わず謝った。
「もう! しょうがないんだから!」
 プンプンしてるし。
 ほっぺたプゥっと膨らませてるし。
「じゃあ、教えてあげるね? ウフフ♪ 」
 今度は恍惚ながらにアッチの世界・・・・・・へ浸り始めたし。
 そこはかとなく怖くなってきたよ。この
 帰っていいかな?
 もう、出会いとかどうでもいいんで……。
「あれはねえ? もう半年以上前になるんだよぉ?」
 嗚呼ああ、語りだしちゃった。
 脳内お花畑で語りだしちゃった。
「わたしね? ジャイーヴァ様からの出撃待機命令をけてから、衛星軌道上に潜伏して『どうやったら効率よく地球人を制圧できるか』を考えてたの。毎日毎日、お月さまやお星さまに相談してたの」
 イヤなメルヘンワールドがキターーーーッ!
 お月さま! お星さま!
 何つーか……ホントにサーセンしたッ!
「でもね? お月さまもお星さまも、何も答えてくれないの……グスン」
 いや、そりゃそうだろ。
 お月さまもお星さまも着信拒否ブロックするだろ。
「でねでね? わたしひらめいちゃったの! 地球人を制圧する方法は〈地球人〉にくのが一番だ……って」
 自慢げに「にへへ♪ 」と砕けるモエル。
 ドコに着地してんだ。オマエ。
 何だ、その「おたくの店目障めざわりなんで、どうやったらたたんでくれますか?」と老舗店主に面と向かってくようなイタイ発想は?
「だから『Facebook』始めたんだ♪ 」
 文明の利器ィィィーーーーッ!
 正しく使おう文明の利器ィィィーーーーッ!
「そしたらね? そこに『発育終わった……爆乳死ね!』って破滅オーラプンプンのスレッドがあって、それがマドカちゃんだったの」
 ……うん、アップした気がする。
 たぶん、何かしらの育乳運動が無駄に終わった時に。
 みんなもネットでの発言には気を付けようね?
「それからマドカちゃんの事が、気になって気になって……♪ 」
会ってない・・・・・だろ! それは! そっちが勝手にネット閲覧しただけじゃん!」
「ええ~? 毎日、会ってるよぅ? モニターの中でぇ……想像の中でぇ……そして、夢の中でぇ……いやん ♪ 」
 頬染めて恥じらうな。
 ってか、不思議な事を言い出したぞ? この天然ブリッコ?
 やっぱ電波系?
「だって、半年前から衛星軌道上で実生活を監視してるもん♪ 」
「ふぇ?」
 いまトンデモワード言わなかった?
「ずっと毎日、監視してたんだぁ ♪  毎日毎日……毎日……ウフフ♪  毎日欠かさずだよぉ ♪ 」
「おぉぉまわぁぁぁりさぁぁぁーーんッ!」
 怖くなって絶叫ッ!
 たすけて! パトレン ● ャー!
 もう『2045年問題』なんてモンじゃないよ!
 AIが自我覚醒する時代どころか、すでにストーカーする時代来ちゃってるよ!
「やがて、マドカちゃんが〈アートルベガ〉になったのを知って……嬉しかったなぁ♪  これで、わたしとマドカちゃんは〝似た者同士〟だもんね? 種族の壁なんて無いに等しいもんね?」
 知らない間に、変な親近感いだかれていた。
 鋼鉄だから?
 それって〈ロボット〉と〈アートル〉だから?
 こっちは〈鋼質化細胞エムセル〉なんですけど?
 あくまでも生体バイオ的な種族なんですけど?
「ね? だから、これはもう『運命的な出会い』なんだよ? ウフフ ♪ 」
 いや「だよ?」じゃないよ。
 妄想飛躍すんな。
 そして、ボクを巻き込むな。
「……ねえ? 幸せにしてね?」
 誘惑にうるむ瞳でのたまった。
 ハッ!
 まさかコイツ、妄想で一線越えたッ?
 んでもって、勝手に貞操責任ていそうせきにんわされたッ?
「すてえーーぶんきぃぃぃーーんぐッ!」
 アワアワと腰砕けに怯えるボク!
 と、突然、救いの凛声が!
「ちょっと御待ちなさい!」
 ラムスだ!
 静かなる怒気どきはらみ、フラモンベガと対峙する!
「マドカ様を監視……ですって? 聞き捨てなりませんわね!」
「はぇ?」と、モエルは小首コクン。
「それはすなわち『日向ひなた』を監視していたという事! つまり、わたくしのヒメカをも監視していたという事ではありませんの!」
 いま、さりげなく「わたくしの~」とか言わなかった?
 うん、まあ……この際いいや。
 頑張れ! ラムス!
「うん、ヒメカちゃんも一応見てたよ? だって、マドカちゃんと常に一緒だったし」
 キョトンと罪悪感も無しに肯定。
 クックックッ……おバカ者め。
 ラムスの怖さを知らないな?
 が〝日向ひなた〟では、お母さんに次ぐナンバー2なんだぞ!
 そして、ヒエラルキー最下位がボク・・……シクシク。
「あ、そうだ! ヒメカちゃんの画像もあるよ? 見る?」
 人懐ひとなつこい笑顔で、モエルはパモカを取り出した。ピンク色のヤツ。
 ってか、何故このも持ってるん?
 もしかして、宇宙共通アイテム?
「な……何て事を! わたくしのヒメカを盗撮するなんて! 没収! 没収ですわ! ヒメカのプライバシーを侵害するものは没収です!」
 憤慨ふんがいながらにツカツカと歩み寄る。
 そして、二人して画像閲覧に見入り始めた。
「……あら、コレは……まあ……こんなショットまで……え、ウソ……ええ?」
 興味津々じゃないかよぅ。
「あ、スゴ……ああん、こんなのダメですわ……はぅん……」
 オイ、Eカップ?
 傍目はためには、スゴくいかがわしいぞ?
 特に字面じづらだと。
 ってか、チト嫌な予感。
「あ、待って下さいまし? いまの画像……そうそう……あらまあ、ヒメカったら可愛い……ウフフ ♪ 」
 ひとしき堪能たんのうした後、ラムスはボクへと振り返った。
「マドカ様、このかたと〝御友達〟におなりなさい! 是非!」
「絶対ヤだよ!」
 丸め込まれた! あのラムス・・・・・が!
 恐るべし、モエル!
「ってか! ボクの周りは、こんな変態ばかりか!」
「失礼ですわね、変態筆頭」
 イヤな肩書が付いたよ。
 だったら、女ながらにして『男 ● 一号生筆頭』の方がいいよ。
わたくしは変態ではございません。ヒメカを溺愛できあいしているだけですわ」
「ボクだって、ジュンだけだよ!」
「そして、わたしはマドカちゃん……ウフフ♪ 」
 あ、ダメだコレ。
 自覚無き〈変態ストーカー三銃士〉揃い踏みだ。
 出口の見えないカオス展開が続く──その最中さなか、突如として黒い影による奇襲が!
 頭上からだ!
「危なッ!」
 ボク逹は咄嗟とっさの跳躍で、その場から離れる!
 発散される鋭利な気迫は強烈過ぎて、無防備でも感知するに他易たやすかった!
 何よりも、全員〈ベガ〉だ!
 潜在戦闘能力は高い!
 着地に片膝を着く影!
 ボク逹は距離を取って警戒視する!
 ユラリと立ち上がった姿は、見覚えのある〈モスマンベガ〉だった!
「ああっ! キミは──」
「久しぶりだな……日向ひなたマドカ!」
「──イナ子さん!」
「シノブンだ! いや〝シノブン〟でもなァァァーーい!」
 一人ひとりボケツッコミで、勝手に荒れてるし。
 腕を上げたなぁ、シノブン!
 それはさてき、今回の彼女はマイナーチェンジをしていた。
 肩当てに胸パッド、篭手こて臑当すねあて──要所要所に軽装防具をまとっている。
 何よりも気になるのは、片手にした物騒な武器。
「ねぇ? シノブン?」
「シノブンやめろ」
「何さ? その日本刀?」
「コレこそは、我が愛刀〝我蛾ががまる〟!」
「…… ● ッコロ?」
「そして、 ● ロリ……って〝じゃ ● ゃ丸〟ではないッ!」
 さては観てたクチだな?
 シノブンのカワイイ趣味、見~っけ ♪
「前回、持ってなかったじゃんかよぅ?」
「正直、前回はあなどっていたのでな。だが、たびかさなる戦績をかんがみれば、貴様の戦闘ポテンシャルは認めざる得ない。ゆえに、今回は私も本気という事だ」
 本気になったら刃物はもの沙汰ざたって……ただのアブねーヤツじゃん。
 夕方のニュースで速報扱いされるヤツじゃん。
 シノブンはジロリと冷蔑れいべつを向けた──モエルに。
「……しくじったな〈半自律型外殻実装仕様コスモローダー・タイプA3-2006〉」
「はぇぇ……モ……モエルって呼ん──」
「──呼ばん」
 だよねー ♪
「失望したぞ。満を持して出撃命令が下されたというのに、ジャイーヴァ様直々の期待を裏切るとは」
「ふ……ふぐぅ……だっ……だってぇ……」
 半ベソ顔で縮こまるモエル。
 怯えているのか、小動物のように震えている。
 だから──ボクは両者の間へと割って入った。
 敵意の眼差まなざしが、矛先をボクへと推移させる。
「あ……マドカちゃん?」
 背後にかばわれたモエルは、戸惑いにボクの横顔を見つめていた。
 ホントはイヤだよ?
 こんなストーカー娘、これ以上関わりたくないし……。
 でも、仕方ないじゃん。
 ボクの目の前で怯えてるんだもん。
 そういうのは放っておけない。
「ねぇ、シノブン?」
「シノブンやめろ」
「どうして今回は、こんな大掛かりなのさ? 大勢に目撃されるのに、こんな巨大ロボまで出してきて?」
「これはジャイーヴァ様の御判断。おそらく、持てる最大戦力で望んだだけだ。次々と刺客しかくが返り討ちに遭う現状で、暗躍だ何だとこだわってもいられないからな」
「では、わざと無差別に襲った……と?」
 あごに指を添えて小首をかしげるメイドベガへ、シノブンはめた蔑視べっしを返す。
「確か〈ブロブベガ〉の〝ラムス〟だったか。如何いかにも。足手まといが多ければ多いほど、貴様達のかせも増すのだろう? 何せコイツは『赤の他人を見捨てられない独善者』だ」
「にゃんだとーーッ!」
「あら? それは少々違いますわよ? このかたは『底抜けに考え無しの御人好しバカ、ついでに未来永劫のAカップ』ですわ♪ 」
「ゴフッ!」
 精神的ダメージに、仮想ヴァーチャル吐血した。
 まさかの味方に刺されたよッ!
「理には叶っていますけれど、フェアとはがたいですわね?」
「私は〈しのび〉……目的を叶えるためならば、手段をいとわん」
 ああ、そう言えばそうか。
 初めて戦った時も、ヒメカを人質エサにしていたもんね。
 任務優先の非情さは忍者のモットーだし……うん、妙に納得。
「ラムスとやらよ……貴様には、私からも質問がある。聞けば、貴様は〈宇宙怪物ベム〉だったらしいが……その〈宇宙怪物ベム〉が、何故、日向ひなたマドカをかばい立てする?」
 射抜くような冷たい眼差まなざしに、ラムスは柔和な微笑ほほえみで答えた。
「確かに、わたくしは〈ベガ〉ですわ。けれど、貴女あなたがたに対する仲間意識など微塵みじんもありませんから」
「何?」
「それに、そもそも貴女あなたがたのような〝凡百ぼんひゃく烏合うごうしゅう〟が、眉目秀麗びもくしゅうれい才色兼備さいしょくけんびわたくしと同等とでも御考えで? それこそ厚顔無恥こうがんむちはなはだしい……失笑しっしょうものですわよ? クスクス♪ 」
「…………」「…………」
 絶対無敵な自尊心に、ボクもシノブンも閉口。
 よく曖気おくびも無く平然とってけたな、コイツ。
 ま、それはいいとして──。
「だから、その〝目的〟ってのは何なのさ?」
 ボクが素直な疑問を向けた途端、シノブンはキッと睨み返してきた!
「知りたくば、私と戦え! 日向ひなたマドカ!」
 ……またかよ。
 ……何でだよ。
 執念深いよ! シノブン!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
凰太郎

私の作品・キャラクター・世界観を気に入って下さった読者様で、もしも創作活動支援をして頂ける方がいらしたらサポートをして下さると大変助かります。 サポートは有り難く創作活動資金として役立たせて頂こうと考えております。 恐縮ですが宜しければ御願い致します。

スキをして頂き有難うございます。 創作モチベーションが上がりました。
凰太郎
諸々の投稿サイトで小説を書いています。 Wi-Fi環境が無いので屋外のフリーWi-Fiスポットからのアクセスになるために、諸対応が後手後手になるとは思いますが、ヨロシク御願いします。 💻凰太郎キャラグッズ販売〈BOOTH〉💻 https://outarou.booth.pm/