vs,SJK:vs,フラモン Round.2
見出し画像

vs,SJK:vs,フラモン Round.2

凰太郎

 屋上にて数時間経過──。
 鉄柵てっさくしから眺める情景は、すっかり夕焼け空に染まっていた。
 フラモンは飽きずに、すってんころりんを続けている。
「で、どうしますの? このまま籠城ろうじょうしていてはらちもありませんわよ? それに一般生徒達の恐怖とストレスは計り知れませんし」
「ラムス、食べちゃえば?」
 サラリと提案したら、恨めしそうな視線が返ってきた。
ひとを〝大食い女王フードファイター〟みたいに言わないで頂けます? そもそも、あれだけの鉄塊てっかいを何故食べなければいけませんの。美味おいしくもなければ栄養価も無いのに」
「鉄分豊富」
「……その白銀顔プラチナがおで言われると、妙な説得力がありますわね」
「でもさ、ボクの事は食べようとしたじゃんか?」
「食べようとしたのではなく、単に溶かそうとした・・・・・・・だけですわ。ある程度戦闘不能になれば、廃棄物として吐き出すつもりでしたし」
「ああ、ガムみたいに」
「ええ、ガムみたいに」
他人ひとさまをガム扱いすんなーーッ!」
「御自分で比喩なされたんじゃありませんか」
「んじゃ、それでいいよ! ラムス、や~~っておしまい!」
「どうしましたの? 急に奇妙な口調で? 何か悪い物でも拾い食いされました?」
「もう! そこは『アラホラサッサ!』と敬礼しなきゃ!」
「……知りませんわよ、バカ」
 辟易へきえきと顔をらすし。
 ってか最後、何か言わなかったかしら?
「ああッ? 冷たい! ジュンと違って冷たい! ツッコミすら無い!」
 すると、空々そらぞらしい温顔をつくろって、こう返してきた。
「まあ、星河様はスゴイですわねえ? こんなバカバカ・・・・しい事にもめげずに、いちいちツッコんでバカ・・りいらして? わたくしには到底真似できない事ですわ。恐縮はバカ・・ります。このおバカさん♪ 」
 ……ラムス、それツッコミ・・・・じゃなくて毒舌・・だ。
 何回『バカ』って織り混ぜたか知らないけど、とりあえず、これだけは指摘しておこう。
「最後、何て言ったーーッ!」
「さて?」
 オイ、ペロッと舌出してしてそっぽ向くな。
 この性悪しょうわるEカップ。
「もう! とにかく、さっさと食べちゃってよ!」
「で・す・か・ら! 無理ですわよ!」
「何でさ?」
貴女あなたは〝タワー盛りのレバ刺し〟を二〇皿・・・も食べられまして?」
「食べるに決まってるじゃん」
「……はい?」
「超お得だよ? それ?」
「ハァ……さとそうとしたわたくしが馬鹿でしたわ」
「何だよぅ? そのいきは?」
 進展の見えない押し問答が続く中、フラモンがすってんころりんをやめた。
 内股に座り込んでジッとする様は、途方に暮れてほうけているようにも見える。
 そして──!
「ふ……ふぇぇぇ~~ん!」
 泣き出したし。
 デッカイ図体して、子供みたいに泣き出したし。
 ってか、大音量でウルサッ!
「ふぇぇぇええん! ふぇぇぇええん! えぐっえぐっ……ふぇぇぇええん! ふぇぇ……げほっげほっ!」
 泣き過ぎてせてやんの。
 ってか、さっきまでカタコト電子ヴォイスだったろ! オマエ!
 まったく、何なんだコイツは?
「あらあら、泣かせてしまいましたわね?」
「う……うん……泣かせちゃったね」
「どうしますの? マドカ様?」
「いや、どうするって言われても……どうしよう?」
 心底困惑した。
 そりゃそうだ。
 こんな展開、誰も予想してないよ?
「マドカちゃんがイジメるぅ~~! うわ~~ん!」
 あのバカッ!
 何をおおっぴらに名指ししてんのさ!
「マドカ? 誰?」「もしかして、あのセーラー服アンドロイドの名前かな?」「確かに、ちょっとやりすぎかもな」「限度が分かってないんだよなぁ~限度が……」
 ほら見ろ!
 校内中が騒然となったじゃんか!
 ってか〝正義の味方プリ ● ュア〟扱いから〝ガキ大将ジャイ ● ン〟扱いに評価転落ッ?
「あれ? そう言えば、ウチのクラスのマドカっち、いなくね?」「え? 巻き込まれた?」
 一部が気付きだした。
「ウチらのグループは、あんま交流無かったけどさ? 憎めないヤツだったよな……」「うん、騒がしかったけどね……」「マドカっち、成仏してよね……南無南無」
 死亡説まで出始めたしッ?
 ってか、オマエら! 諦めんの早過ぎッ!
「えぐっえぐっ……マドカちゃんが……マドカちゃんが……うわ~~ん!」
マッド母ちゃん・・・・・・・が、どしたってーーーーッ?」
 ボクはわざと絶叫し、強引な方向修正をはかる!
「え? マッド母ちゃん?」「お母さんに怒られたって事?」「ってかさ? 母ちゃんがマッドって事は、DVって事じゃね?」「あの子、可哀想かも……」「マドカっち、成仏してよね……南無南無」
 うしっ! 作戦成功!
 そして、最後のヤツ! 後日、絶対に探し出す!
「ひっく……ひっく……」
 フラモン、ゲンコツで涙ぬぐってるし……。
「ったく! しょうがないなあ!」
 頭をボリボリきつつ、ボクは腹を決める。
「あら? 行きますの?」
 動向を察したラムスが、分かっていながら声を掛けてきた。
「だって、ほっとくワケにもいかないじゃん。泣いてるんだし」
 その返答を聞いて、ラムスは「クスッ」と微笑びしょうを含む。
「どこまでも……ですわね」
「ふぇ? 何がさ? どっかの線路? それとも『スー ● ー戦隊』のシリーズ数?」
「さて?」
 またはぐらかしたな、性悪しょうわるEカップメイド。
 ともかくボクは、鉄柵てっさくを乗り越えてグラウンドへと飛び降りた!
 もちろん、向かうのはフラモンのトコ。
 ツカツカと歩む中で──ずごしっ──後頭部に投擲攻撃が命中して撃沈……。
「誰だーーッ! ボクにゴミ箱投げつけたのはーーッ!」
 ガバッと復活して校舎陣営に猛抗議!
 すると、雨霰あめあられとばかりに物品が投げられてきた!
「これ以上イジメるなーーッ!」「可哀想じゃないッ!」「少しは反省しろーーッ!」
「アブねッ! アブねッ!」
 目についた物を片っ端から投げてくる!
 ゴミ箱──黒板消し──掃除バケツ──机──イス──鉄アレイ──────鉄アレイッッッ?
「おぶんッ!」
 顔面直撃!
 完全鋼質化ボクじゃなかったら死んでるだろッ! コレッ!
「オマエらーーッ! どういう了見だーーッ!」
「いい加減、許してやれよ!」「そうよ! 泣いてるじゃない!」「オマエには血も涙も無いのか!」「鬼! 悪魔! セーラーウ ● トラマン!」
 ……ブーイングの嵐だし。
 完全にアウェイ化してるし。
 掌返しだし。
 ってか最後のヤツ、武内 ● 子先生と円 ● プロに謝れ!
「別に取って食うワケじゃないよッ! 話を聞くだけだよッ!」
「あ、そうなん?」「何だ? じゃあ、いいよ」「さっさと帰ってもらってよね」
 ……やっぱ現金なのな、オマエらJK
 ともかく、ボクは気を取り直してフラモンの前まで歩き進んだ。
「ふぇ……ふぇぇ……」
 泣き疲れて惰性だせいでグズってるし。
 オモチャ売場で、よく聞く声だな。
 ボクは腰に両手を当て、強い語気でたしなめた。
「デッカイ図体して、ビービー泣くな! 少しは〝グレート・マジ ● ガー〟見倣みならえ! 涙も流さなきゃ言葉も喋らないぞ!」
「えぐっえぐっ……ふぐぅ……」
 なんとか泣くのをこらえるフラモン。
 まったく、幼稚園時代のヒメカか!
「で?」と、ボクは叱るように切り出す。「どうして無差別強襲こんなコトしたのさ?」
「グスッ……だってぇ……」
「やっぱ命令されたのか?」
「……うん」
 シュンとうなずいた。
「ジャイーヴァに?」
「うん……マドカちゃんを捕まえろって言われたから……」
「で?」
「え?」
「……みんなに悪いと思わないのか?」
「はぇ?」
「無差別強襲なんかして、学校のみんなに悪いと思わないのかって言ってるの!」
「ふぇぇ……だって、命令で……」
まわりを見ろ!」
 饅頭顔まんじゅうがおが、半ベソで周囲を見渡した。
 ボコボコえぐれたグラウンドに、ぎ折られた植樹しょくじゅ。校舎だって一部破損している。
 あまりに荒れた惨状を認識し、ようやくフラモンは自分が大変な事を仕出しでかしたと実感したようだ。
「ふぇぇ……だって……だって、ジャイーヴァ様が『手段は選ばん』って言ったから──」
「言い訳の前に、まずはみんなに『ゴメンナサイ』でしょーがッ!」
 しつけにキレた!
 ラーメン屋での五 ● さんのように!
「ふぇぇぇん! ごめんなさい! ごめんなさい! うわ~~ん!」
 大泣きながらに校舎へと玉葱頭たまねぎあたまを下げる。
 まったく! どんな教育してんだか!
 ジャイーヴァのヤツ!
「ホントにゴメンナサイッ!」
 気合いを入れて深々と頭を下げた──ボクが!
「マ……マドカちゃん?」
「……みんなが許してくれるまで頭上げんな」
 戸惑とまどいに凝視ぎょうしするフラモンへと小声で注意。
 謝罪は誠意が大事だ。
 しばらく、気まずい沈黙が漂い──。
「ま……まぁ、いいんじゃねーか?」「う……うん、別にウチらに被害無かったしね」「とりま校舎とか壊れたけど……それって校長とかの案件だし?」「ってかコレって休校のパターンぢゃね?」「マジ? ヤタッ!」
 口々くちぐちに脱線しだす女子高生JK軍団。
 そのテンションは、侵略被害にったとは思えないほど明るい。
 ホント現金なのな、オマエら。
 だけど、それは無敵な強さだよ。
 寛容かんように脱線した空気をさっし、ボクとフラモンは静かに頭を上げた。
 校舎内には普段通りのかしましさがにぎわっている。
 うん、普段通り・・・・だ。
 何故だか誇らしさを覚え、ボクはフラモンへと軽くサムズアップ。
「あ、そうだ!」女子生徒の一人が、何かを思い出したようだ。「みんな、一緒に……せーの!」
 てっきり〝正義の味方ボク〟への謝辞でも言うのかと思いきや──ッ!
「「「「「日向ひなたマドカさん、成仏して下さい! 南無南無南無…………」」」」」
「全校生徒で合掌すんなやァァァーーッッッ!」
 女子高生JK軍団は『御仏壇のは ● がわ』としたとさ……。
 と、今度は予期せぬ質問が飛んできた。
「ねえ? アンタ、何者なの?」
「ふぇ? ボク? えっと……えっとね?」
 ホントらない質問だ。
 こっちは正体悟られたくないのに。
そいつ・・・の仲間?」
 隣の巨体をしてのたまった。
「違うよ! コイツは〈ベム〉っていう宇宙怪物!」
「じゃあ、アンタは? 何が違うの?」
「え……っと」
 改めて突き付けられると困るな。
「ねぇねぇ? 何が違うの?」
 ボクの複雑な心境を余所よそに、好奇の質問はまない。
「もう! しつこいな! ボクは〈SJK〉だよ!」
「「「「「こうなん?」」」」」
「違うわッ!」
 全員息ピッタリに首傾くびかしげボケすんな!
 いや、まぁ……無理もないけど。
「じゃあさ? それって何の略?」
 追及されたボクは、気まずい躊躇ちゅうちょにボソッと呟く。
「……宇宙スペース女子高生JK
「「「「「ダサッ!」」」」」
 各教室が一斉にユニゾった。
 ……クルロリ、やっぱ不評です。
「ねえねえ? マドカちゃん?」
 隣の鋼鉄巨人が、人差し指でボクの頭をチョンチョン。
「何さ?」
「わたし〈ベム〉じゃないよ?」と、指くわえポーズで饅頭まんじゅうがおをコクン。
「ふぇ?」
「わたし〈ベム〉じゃなくて〈ベガ〉なんだよ?」
「…………わあ、そりゃ驚いた」
 そうきたか。
 このデッカイ『山を砕くしろがねの城』みたいな図体して、ヌケヌケと〈ベガ〉ときたもんだ。
「ホントだよ?」
 疑りシラケるボクの心境を察して、さらに指くわえコクン。
「……言い張るか」
「だって、ホントだもん」
「言い張るか!」
「じゃあ、証拠見せるね?」と、フラモンはボクを正視したままガキョンガキョンといぬいになった。
 結果、深々とした土下座スタイルにまとまる。
 愛嬌満載の饅頭まんじゅうづらは上げたまま。
 ってか、怖いよ! むしろ!
 ボクの身長よりもある巨顔が、ドデンと眼前に据えられてるんだから!
 で、ガションと顔面が開いた。
 プシュウとあふれ出た気圧差が白いもやれ流され……その中に彼女・・はいた。
 お姫さまみたいな清楚系美少女!
 ピンクのロングヘアがサラリと流れ、潤む瞳は母性本能をくすぐる。頼りなくも愛玩的な表情が、語らずとも「ちょっとドジっ子なの♪  てへ♪ 」なキャラクター性を現していた。
 その肢体を覆うのは〝純白ロイヤルドレス〟ならぬ〝純白ムチムチボディスーツ〟──SFアニメでよく見るような肉感圧迫してるヤツ。
 エロッ! こいつ、エロッ!
 野郎イチコロ属性てんこ盛りじゃんか!
「ななななッ?」
 驚愕するボクへ〈フラモンベガ〉は「てへ♪ 」と舌を出して頭をコッツンコ。
 いらないよ!
 そういう天然ブリッコな野郎イチコロモードは!
「ななななななッ?」
貴女あなたがたが〈フラットウッズ・モンスター〉と呼んでいるUMAは、正式名〈半自律型外殻実装仕様コスモローダー〉──宇宙では種族間を問わずに普及している凡庸ぼんよう機体ですわ。とはいえ、ここまでの巨躯仕様や変形機能搭載は、わたくしも初めて見ましたけれど」
 驚愕収まらぬボクの背後から、ラムスが平然と解説する。
 うん、いつの間にか背後にいた。
 気配すら感じさせずに。
 大方、地面からでも涌いて出たんだろう。
 清水の如く。
 まぁ〈液状生命体ブロブベガ〉だから不思議でもないけど。
 ってか、そんな事はどうでもいい!
 ボクの驚愕は、意識をがれる事無く継続中!
「ななななななななななッ?」
「マドカ様に理解し易く言うならば、別に〝搭乗型ロボット〟という解釈でも構いませんわよ? コンセプト概念は、それほど変わりませんし」
「何でロボットの中からGカップが出て来るのさァァァーーッ?」
「…………争点、そこじゃありませんわよね?」
 ラムスの冷ややかなツッコミと同時に〈フラモンベガ〉は「いやん♪ 」と寄せ乳で恥じらった。
 何故か、まんざらでもない照れ顔で。
 おにょれ! このEとGめ!
 オセロみたいに、ボクを前後から挟みおって!
 ……ん? 待てよ?
 オセロみたいに・・・・・・・
 って事は!
「ひっくり返して! いっそ、ひっくり返して!」
 ラムスの脚にすがりつこうと飛びつき──ズシャアァァァ──擦り抜けて顔面スライディング!
 寸前で部分液状化しやがったな。
「……次、りますわよ? わたくしに抱き着くのは禁止です……ヒメカ以外は」
 氷のような殺意満々でさげすんでくるし。
「ってか、愚妹ヒメカならいいのかよぅ!」
「ママさんもOKです」
「ボクだけ仲間外れッ?」
「あら? 当然でしょう?」と、悪意ある温顔でにっこり。
 何コレ? 新しいイヂメッ?
 ボクは口元くちもとを押さえ「よよよ」と泣き崩れる。
「うう、ヒドいよぅ……ジュンなら〝おさわりし放題〟なのに……」
ひとを風俗嬢みたいに言うなーーッ!』
「ふぎゃぺれぽーーーーッ!」
 パモカ放電のおしおき!
 ああ、忘れてた……ジュンとパモカリンクしてたっけ。
「で? いきなり何ですの? 今回は、どんな思考にいたったか知りませんけれど……」
 腰に両手を据えた嘆息たんそくで、ラムスがたずねる。
「ひっくり返してくれたら、ボクも胸デカくなるじゃん!」
「……は?」
「デカくなりたい!」
「なりませんわよ」
 ……何気に傷つくぐさだな。
 うん、でも、まぁ……さすがに『オセロ法則』が現実に適用されるはずもないか。
 とか思いきや!
貴女あなたの胸は絶望的。それ以上の成長は見込めませんわ」
 ぅおいッ!
「荒野」
「グサッ!」
「絶壁」
「グササッ!」
「草木も生えなければ憩いオアシスも無い死の砂漠」
「ぶるぉあぁぁーーっ?」
 容赦ない毒舌攻撃にボクは死んだ……。
 若 ● ボイスの悲鳴を吐いて……。
 チーン ♪

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
凰太郎

私の作品・キャラクター・世界観を気に入って下さった読者様で、もしも創作活動支援をして頂ける方がいらしたらサポートをして下さると大変助かります。 サポートは有り難く創作活動資金として役立たせて頂こうと考えております。 恐縮ですが宜しければ御願い致します。

スキをして頂き有難うございます。 創作モチベーションが上がりました。
凰太郎
諸々の投稿サイトで小説を書いています。 Wi-Fi環境が無いので屋外のフリーWi-Fiスポットからのアクセスになるために、諸対応が後手後手になるとは思いますが、ヨロシク御願いします。 💻凰太郎キャラグッズ販売〈BOOTH〉💻 https://outarou.booth.pm/