vs,SJK:vs,フラモン Round.1
見出し画像

vs,SJK:vs,フラモン Round.1

凰太郎

 昼休み──ボクはジュンと共に屋上へと直行。
 昼飯がてらに、指針会議という名目の雑談を始めた。
「モグモグ……クルロリと接触してから、もう一ヶ月近くだね」
 唐揚げ弁当を頬張りながらボクは言う。
「そうね」
 サンドウィッチを一口ひとくちつまんでジュンが返す。
 何やら言いたそうなふくみをんでいた。
 微妙な沈黙が続く。
 やがて物思いに沈みつつ、彼女は切り出した。
「ねえ、マドカ? クルロリの事、どう思う?」
「胸に親近感」
「じゃなくって!」気持ちを静めるべく、缶紅茶をすする。「正直、まだ信用しきれてないのよね。あまりにも秘事ひじが多過ぎるし」
「モグモグ……信用していいと思うけど?」
「どうして?」
「嘘を言うようなじゃないだろうし」
「根拠は?」
「直感」
「はあ?」気負きおいをがれ、ジュンは淡い苦笑に肩をすくめる。「まったく……大雑把おおざっぱと言うか、動物的と言うか」
 その直後、校舎内から尋常じんじょうじゃない喧噪けんそうしょうじた。
 全校生徒が窓から空を見上げ、驚愕に固まっている。
「モグモグ……まったく騒がしいなぁ! 昼飯ぐらい、ゆっくり食べようよ! いったい何だっていう……の……さ」
 釣られて大空を仰ぐなり、さすがのボクも思考停止フリーズ
 青空がかげっていた!
 曇天どんてんってワケじゃない!
 校舎上空に居座いすわる巨大な飛行物体で!
 とはいえ、形状は円盤・・ではない。便宜上べんぎじょう〝空飛ぶ円盤〟ってくくりにはなるけれども。
 例えるなら〝アサガオの葉〟というか〝突部を前方に向けたハート型〟というか……。
 直径は二〇メートルほど
 漆黒の機体には、マイケルがベイっていた。インデペンデイスっていた。ゴチャゴチャした複雑なメカニックディテールに、チカチカと螢灯けいとうの羅列が明滅している。如何いかにもな地球侵略インベーション感が満載。
「な……何さ? コレ!」
「とにかく、クルロリに連絡を!」
 ジュンのパモカがいて連絡する。呼出よびだしの間が、もどかしい。
 警戒に仰ぎ睨む最中さなか、元凶たる脅威がガコンガコンと変形を開始した!
「え? とらんすほーむ?」
 外翼が垂直に折れ──中軸の一部が後方へと伸び──腕が生え──キャノピーらしき部分が頭部へと小変形していく。
 折り紙工作のように細やかな変形プロセスは、まるで男児向けの変形ロボット玩具を彷彿ほうふつさせた。
 くして完成したのは、異様な人型。
 大きな玉葱たまねぎ形状の頭部に埋もれた簡素な丸顔。口も鼻も無い饅頭まんじゅうあたまには大きな丸い目だけが煌々こうこうともり、まるで幼稚園児の落書きを連想させる愛嬌あいきょうがあった。そして、脚をおおかくすほどたけの長いスカートに、ヒョロリと長い貧弱な腕。
 ズンッと振動を刻み、いびつな巨人がグラウンドへと降り立った!
 その際に発生した風圧が、周囲一帯に猛威をく!
「あぁん! ボクの唐揚げ弁当ーーッ!」
「どうでもいい!」
 嗚呼ああ彼方かなた昇天しょうてんなされた。
 まだ食べ掛けなのに……シクシク。
「何よ? この巨大ロボットは!」
「正体が〝ロボット〟かどうかは解らないけどね」
「マドカ、知っているの?」
「うん、オカルト本とかで見た事ある。コイツは〝フラットウッズ・モンスター〟っていう〈UMA〉だよ」
「フラットウッズ──確か、アメリカのウェストバージニア州に在る小さな町じゃなかった?」
「そうらしいね。その昔──確か一九五二年だったか──そこで初目撃されたから〝フラットウッズ・モンスター〟と名付けられたんだ」
「……何のひねりも無いわね」
「けれど、ここまで巨大じゃないよ。目撃談によれば、だいたい約三メートル程度」
「コレ、どう見ても約八メートル級あるわよ」
「……縮んでるじゃんか。円盤の時より」
「おそらくもとが平たいからよ。ボディの厚みを増すためには、パーツを折り重ねるしかないもの」
「あ、そっか」
「それでも充分な巨躯きょくだけどね」
「にしても、厄介だな。いくらボクでも〈巨大ロボ〉相手に生身・・で渡り合う自信はないぞ?」
「それ以前に、この巨体で暴れられたら校舎なんてひとたまりもないわよ。生徒達の身にも、いつ危険がおよぶか判らない」
「つまり全校生徒が人質みたいなもんか……愚昧ヒメカじゃあるまいし、メンドクサッ!」
 愛嬌ある円眼えんがんともり、鋼の巨体が鈍重に向きを変えた。
 どうやら屋上から観察するボク達を見つけたようだ。
「目標発見」
 ズンズンと眼前まで近付いて来ると、巨大なてのひら蠅叩はえたたきに振り下ろす!
「うわっと?」
 咄嗟とっさにジュンをお姫様抱っこすると、瞬発的に後方跳躍!
 さっきまで立っていた場所が、陥没かんぼつ瓦解がかいしていた!
 破壊被害の大穴から階下を確認すると、真下は図書室の書籍倉庫。さいわい生徒や先生はいなかったようだ。
「むちゃくちゃするなぁ、コイツ……」
 ひとまず安全な間合いでジュンをろし、ボクは全身鋼質化を発現!
 警戒を身構えた!
「ジュン、クルロリからの連絡は?」
「まだ無いわ」
肝心かんじんな時に連絡つかないんじゃ、パモカの意味無いじゃん」
「……そうね」
 ジュンの表情がかげりをはらむ。
 どうやらクルロリへの不信感が、またつのったようだ。
「う~ん、仕方ない。ここはボク達だけで切り抜けるか」
「切り抜けるって、どうやって?」
「バトる」
「戦う気なの? あんな巨大ロボと?」
「うん」
生身・・で?」
「うん」
「この身長差なのに?」
「そりゃボクだってメンドイけどさ……やるしかないじゃん? 煌女きらじょ生徒がいるんだし」
 あっけらかんと返答しつつ、ボクは「じょーちゃく!」とパモカアプリを起動。
 一瞬にして〈PHW〉が転送装着される。
 こういう緊急事態を想定して、クルロリがヴァージョンアップしてくれていたのが早速役立った。
 ジュンは困惑にボクを見つめていたが、やがて「クスッ」と微笑びしょうを飾る。
「そういうところなのよね……あなたの好きなところって」
「ブフゥーーーーッ!」
 鼻血吹いた。高揚して。
「きゃあ? マママママドカ?」
「あかん! 戦闘前に貴重な鉄分が!」
「……一生懸命あつめて、どうする気なのよ?」
「また体内に戻す!」
きたなッ! っていうか、無理だからやめなさい!」
「だってぇ、いきなりこくるからぁ……にへへ~♪ 」
「この非常事態にニヤけない! 別にこくってないし! そういう意味じゃないし!」
「イヤよイヤよも好きの内?」
「……セクハラ中年親父か、あなたは」
 毎度ながらのジャレ合いが展開する中で、フラモンの目がヴォンと再発光。
 あ、まごついてたら二発目くるな……コレ。
「確かに、やってる場合じゃないや。じゃあ、ジュンはパモカで指示をお願い! ボクはアイツをき付けるから!」
「けれど、本当に一人で大丈夫?」
「ひとりでできるもん!」
「……大丈夫そうね」
「何だよぅ? そのあきれ顔は?」
 ともあれ、ボクは校庭へと飛び降りた。
 足下あしもとを駆け抜ける獲物・・を追って、フラモンも向きを変える。
 とりあえずの誘導は成功。
 このままグラウンドで立ち回れば、校舎におよぶ被害も少ないはずだ。
 だって、狙いはボク・・だもん。



大男おおおとこ総身そうみシャンタン、まわりカレー』──か、どうかは知らないけれど、やはり動きは愚鈍だった。
 ボクは持ち前の運動神経をかして、そそ巨拳きょけんけ続ける。どんな威力でも当たらなければ意味は無い──と、シャ ● 少佐も言ってたし。
 とはいえ、二次被害は甚大じんだい
 グラウンドにはボコボコと鉄拳のあとが増産され、植え込みへと身を隠せば空振からぶる鉄腕に植樹しょくじゅられる始末しまつ
「ガンバレー!」「負けるなー!」「行けー!」
 身の安全を確信したからか、各教室から他人事ひとごとテンションな声援が向けられてきた。
 事の成り行きから、どうやらボクを〝味方〟と判別したらしい。
 ホント、現金なヤツラだよ。
 全身鋼質化に加えて〈PHWセーラー〉を着込んでいるから、正体がバレる心配は無いだろうけどさ。
「ちゃんと勝ってよね? 今月、ポケマガチヤバなんだから」
 ネイルケアがてらにギャル系がゴネた。
「オマエらーーッ! 小遣こづかかせぎのトトカルチョ開催かいさいしてるだろーーッ!」
『マドカ、集中して』
 胸ポケットのパモカがいさめる。
「ジュン? いま、何処さ? おっと危な!」
 頭上からの鉄拳を回避しつつ、現在地を確かめた。
『二階の電算室。此処なら滅多に誰も来ないし、対策に熟考じゅっこうできるもの』
「で、策は?」
『現状、圧倒的に情報不足なのよね……一応、此処のコンピュータをパモカ補佐に使って模索もさくしてるんだけど』
「まさかの策無し?」
『う~ん? 大概たいがい〈人型ロボット〉っていうのは〝人間〟をしてるせいか、御丁寧ごていねいに頭部へ重要回路を集中搭載とうさいしているのよね……AIとか各種センサーとか。そこ・・を破壊できれば、あるいは勝算も──』「ラジャっす!」『──って、マドカッ? いまの、単に考察だからッ! 作戦じゃないからッ! マドカ、聞いてるッ?』
 泡食って制止するも……ゴメン、もう後の祭り。
 すでにボクはフラモン頭部の高度まで急上昇していた!
「んにゃろ!」
 渾身こんしんの鉄拳を鉄面てつめんへとたたむ!
 効かない。
 むしろボクの方が鏡返しを喰らった。
「シビビビビビ……ッ!」
 鋼質化ボディの内側を衝撃の振動が駆け抜ける。
「なら、これで!」
 玉葱たまねぎあたまを踏み台に、真上へと跳躍!
 そのまま落下の勢いに乗せ、空中前転を加味したかかととしを繰り出す!
 つづざま延髄えんずいり!
 ローリングソバット!
 ミドル! ハイ! ミドル! ロー! ミドル!
 りのラッシュを、がむしゃらに顔面へと打ち込む!
 にもかかわらず、フラモンは無表情に涼しい顔……腹立つ!
「クソッ! 効かないや!」
『じゃなくて、心配かけない! どうして考えなしに即決そっけつするの!』
「考えるな、感じろ」
『……香港ホンコンの大スターに謝れ』
「ブゥブゥ! だって、もう行動に入ってたんだもん!」
『まったく……でも、あなたの〈エムセル〉よりも硬いって、どんな宇宙金属なのよ?』
「うん、宇宙は広いよね……って、ふぇ?」
 眼界がんかいが薄暗く染まった。まるで日陰のように。
 イヤな予感に頭上をうかがい見ると、高々と振り上げられている平手があった!
「どわわわわ~ッ? 待て待て待て!」
 と、不意にボクの腰へと何か・・が巻き付く!
 弾力性にんだ極太ロープみたいなヤツ。緑色のタイヤチューブみたいな代物しろもの
「ん? 何さ、コレ?」
 ロープの出所でどころを目で手繰たぐり追うと、それ・・は屋上から伸びていて──「でぇぇぇええーーッ?」──そのまま平行バンジーをいられたよ!
 瞬発的なGがエグッ!
「何だ何だ何だ! コレは!」
「どうやら絶妙なタイミングだったようですわね」
 バンジーロープがしゃべった!
 聞き覚えのある声で!
「って、ラムスーーッ?」
 離陸数秒後には屋上へと投げ捨てられていた!
 鋼の尻餅しりもちが、床アスファルトを軽微に破砕!
「痛~い! おしり割れたぁ!」
元々もともと割れていますから御心配なく」
 人型を再形成しつつ、メイドベガがめて流す。
「ラムス? たすけに来てくれたの?」
「勘違いしないで頂けます? 単に買い物帰りですわ。それに貴女あなたに何かありましたら、ヒメカが悲しみますから」
「相変わらずのヒメカラブだな……ってか、ボクは愚妹ぐまいのオマケか!」
 釈然としない心境を押し殺す中、フラモンがボク達へと振り向いた。
「データ照合──〈ブロブベガ〉ノ〝ラムス〟ト認識。障害トシテ排除スル」
 巨体がズンズンと迫り来る!
 ──ツルーン!
 転んだ。すってんころりんと。
 起きあがろうとして──ツルーン!
 再度、い起きようとして──ツルーン!
「不確定障害発生──トラップ確認」
 七転八倒しちてんばっとうを繰り返し、フラモンはようやく転倒要因に気付く。
 手ですくい拾ったのは、緑色の粘液。
 それがヤツの足下周辺にいてあったのだ。
わたくし自身から生成された特製ローションですわ」
「いつの間に仕掛けたのさ?」
先程さきほど、マドカ様と交戦していた時ですわよ。液状化して足下をり抜けるさいいて去りましたの」
 閑雅かんが種明たねあかしをしながら、1リットルペトルのミネラルウォーターをゴキュゴキュ。
 あ、ホントだ。
 身長、ちょっと縮んでる。
 ってか……体積たいせき補填ほてんそれ・・じゃないだろうな?
 足下あしもとのレジ袋に、いっぱい買い込んであるし。
「歩行ニヨル離脱可能確率十六パーセント──飛行シークエンス実行」
 脱出をはかるフラモンが、スカート部からバーニアを噴射!
 飛翔離脱をこころみるさまは、さながらヘリウムバーニアの巨大版だ!
「ヤバッ! そういえば、アイツって飛行能力があるんだっけ!」
「その点も御心配なく」
 涼しい態度で長いもみあげ・・・・もてあそぶラムス。
 彼女の自信を立証するかのように、粘液がフラモンのスカートを掴んで放さない。まるでとりもち・・・・のように張力ちょうりょくを発生していた。
わたくし自身の粘液ローションですから、糸一本・・・分でもつながっていれば性質自在。現在は粘着ねんちゃく張力性ちょうりょくせいに特化させましたわ」
 そう言って小指をヒラヒラ。
 よく見りゃ、指先に納豆糸みたいなのが泳いでいる。
「張力均衡値想定外──出力上昇」
 フラモンは、さらにバーニア噴出を上げた!
 地表から数メートルは浮上できたが……そこまでだ。
 ラムスローションは、しつこく食い下がる。
 反発に引き合う二つのベクトル。
 そして──どんがらがっしゃん──こんけしたフラモンは、とうとう地面へといつけられた。後頭部を打ちつける墜落ぶりが、遠目で見ていても痛々しい。
「あらあら、無様ですわね……クスクス♪ 」
 優位性に酔って、ほくそ笑んでいるし……。
 怖ッ! コイツ怖ッ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
凰太郎

私の作品・キャラクター・世界観を気に入って下さった読者様で、もしも創作活動支援をして頂ける方がいらしたらサポートをして下さると大変助かります。 サポートは有り難く創作活動資金として役立たせて頂こうと考えております。 恐縮ですが宜しければ御願い致します。

スキをして頂き有難うございます。 創作モチベーションが上がりました。
凰太郎
諸々の投稿サイトで小説を書いています。 Wi-Fi環境が無いので屋外のフリーWi-Fiスポットからのアクセスになるために、諸対応が後手後手になるとは思いますが、ヨロシク御願いします。 💻凰太郎キャラグッズ販売〈BOOTH〉💻 https://outarou.booth.pm/