一年

大晦日 といって変わらず、朝から歩いてその季々の草や花を眺める。それだけで今日も良い一日だと思える。 —— 今年という一年を振り返ると、春に復刊をしてからは方々お...

絵本的、その後

今年もあとひと月足らずで終わってしまう、というような時の節目ごとの感慨に、僕はいつもかまいつけないようにしている。それはまやかしで、あるのは日々、今日この一日な...

夏が来て

おととい、作家・川上未映子の最新長編、 「夏物語」を買った。 これについて、「つち式」主宰の東から、「8月4日に向けて読むつもり、なんか気になる。」と連絡が来たと...

七月

七月のはじまり。 ここらではようやく梅雨もはじまり、 この春から全国八ヶ所を巡ってきた 微花復刊記念ライブツアー「絵本的」も、 東京、京都の二ヶ所を残すのみとなった...

「絵本的」

さくらが咲いて、 咲いては散ってゆく春も清明。 つれて春の写真絵本「微花」の刊行まで、 いよいよあとすこしと迫ってきた。 絵本刊行のいきさつについて そうしてこの...

絵本へ

図鑑です。名ざせない植物、との距りの。 季刊誌です。その名を知るまでのひとときの季節の。目ざましいものではなくてかすかなものを、他をしのぐものではなくて他がこぼ...