見出し画像

憧れのプロヴァンス


去年の6月のこと。3年ぶりに、ヨーロッパへ行きました。
書こう書こうと思っていたら、いつのまにか時間が経ってしまいました。

名目としては新婚旅行のこの旅、新婚旅行にかこつけた趣味の旅行です。
夫から行先の選択権をもらった私は、何の迷いもなく南仏に決定。

理由は、南仏になんとなく憧れめいた思いがあったのと、ロマネスクの教会が見たいから。ヨーロッパで教会を観てまわるのが好きなのです。

今回は、これから南仏プロヴァンス地方へ行く人、行きたい人の役に立つことを願って、私の旅行について綴ります。


■プロヴァンスへ行くまえに

まず、南仏は日本からの直行便がないので、どこかを経由しなくてはいけません。
どうせなら行ったことのない国も寄りたいな、鉄道旅もいいかなあ、とネットでいろいろ調べていたら、運良くイベリア航空のキャンペーンが!
マドリード直行便が安かったので、成田からマドリード経由でプロヴァンスIN、アルルとエクスに宿をとって、帰りはいつか行きたかった古都トレドに寄りつつマドリードOUTという旅程になりました。

休暇をめいっぱい使った7泊9日のフランス・スペイン旅。
初めて旅行代理店を通さずに、航空券もホテルもすべて自分たちで手配。
予約だけで達成感がありました。

そして、いざ観光地を調べようと思って、本やネットの情報を漁りだしたのですが、その少ないことといったら!

マドリードは、ある。トレドも、マドリードから日帰りで行ける町として紹介されています。
では、プロヴァンスは?

探してみると、フランスはパリだけですかと言いたくなるようなガイドブックばかり。これが首都とそうでない地域の差!ですが、救世主はこちらです。

地球の歩き方編集室『地球の歩き方 2018〜19 A08 南仏プロヴァンス コート・ダジュール&モナコ』ダイヤモンド・ビッグ社

画像1

他のガイドブックにはない情報ばかりで、プロヴァンスをメインに旅行するならこの本一択と思います。私は大変お世話になりました。地球の歩き方編集室にお礼を伝えたいくらい。本当にありがとうございます。

あとは、私は大学でヨーロッパについて学んでいたので、大学の教授たちからもいろいろと教えていただきました。なんて贅沢。

そんな風に情報収集をしてから出立しましたが、戸惑うことも多々ありました。

■初日 プロヴァンス空港~ニーム~アルル

まずプロヴァンス空港に到着し、いざアルルに移動しようとしたところ、なぜかニームに行き着きました。これが初日です。なぜ……。
列車で移動しようとしたのですが、日曜日で列車が全然来ないうえ、駅のスタッフに確認してから乗ったはずの電車がアルルに停まらずニームまで行ってしまい、さらにニームからアルルへ行く電車もまた数時間待ちという事態。恐るべしdimanche。プロヴァンスで列車移動は得策ではないと思い知りました。

画像2

まあそれも旅の醍醐味と思って、ニームを観光してからアルルへ行くことに。
ニームは古代ローマ遺跡が残る街で、至るところにヤシの木に繋がれたワニがいます。ニームのシンボルだそう。街も清潔感があってきれいで、ちょっと立ち寄って観光するには良い街でした。結果オーライ。

画像3


そのあとアルルにも無事たどり着けました。駅から、旧市街まではちょっと歩きます。
ここで見られて嬉しかったのが、サン・トロフィーム教会。ロマネスク建築です。
彫刻たちがメチャカワです。もっと見ていたかったなあ。

画像4


私たちが泊まったホテルは、Hotel Du Forum。ゴッホ《夜のカフェテラス》のモデルとなったカフェの向かい。天井が高くて趣もあって、とっても良かった。フロントのお姉さんが親切に「向かいのカフェは激マズ、ネットの評価も最悪だから写真をとるだけにしときなね」と忠告してくれたのも。

画像5


せっかくだから、と忠告通りお店には入らず、写真だけ撮りました。
この写真を撮ったのは夜23時半。6月のアルルは日が長く、23時まで待たないと空が真っ暗にならないのです。
日照時間は長いうえ陽射しも強く、目の奥が痛くなるほど。外国人がよくサングラスをかけるのはおしゃれだけじゃないのですね。

■2日目 アルル~モンマジュール修道院~エクス

朝は早めに起きて、パン屋さんでパンを買って公園で食べました。ヨーロッパでの安定の朝ごはん。
そのあとは、アルル旧市街のはずれに古代から存在する墓地アリスカン(Alyscamps)へ。サンティアゴ・デ・コンポステーラの出発地の一つですが、私の目当ては奥にあるサン・トノラ教会跡。人の気配がなく、鳩の住処になっているほどでしたが、廃墟好きにはテンションあがります。

画像6


その後駅に戻り、駅前のバス停からモンマジュール修道院(Abbaye de Montmajour)へ。
ここは平日でもバスの本数が少なく行きづらいうえ、バスが大幅に遅刻してきてフランスらしさを感じましたが、敷地内が広く見どころも多いので本当に行って良かった!10-13世紀のロマネスク建築です。

画像7

見てくださいこのライオン。可愛いがすぎます。

画像8


写真左に写る塔からは周りが一望できるのですが、石を切り抜いて足の下が見える箇所があり、東京タワーのガラス床みたいに度胸試しができます。おっかなびっくり歩きました。

その日はアルル~マルセイユ間を列車で、マルセイユ~エクス=アン=プロヴァンス間をバスで移動して、エクスの宿までたどり着きました。

画像9

エクスでの夕食で美味しかったのは、名産のロゼワイン!

インフォメーションセンター近くのLe Dariusで食事しましたが、ここは店員さんが一生懸命慣れない英語で説明してくれて嬉しかった。

■3日目 エクス~カシ

南仏に来たからには、やっぱり地中海を見て帰りたい。

でもマルセイユは治安がよろしくない。できれば避けたい。どこかいいところは……と調べていて、ここ!と思ったのがカシ(Cassis)。

調べたらエクスからバスを乗り継いで行けるとあったのですが、このバスが大変厄介でした。
エクスは本当にバス社会で、バスターミナルにはたくさんのバスが停まっています。ここには比較的時間通りにバスが来ます。
ちなみに、フランス語で大きい駅はGareですが、バスターミナルはGare routièreと言います。直訳すると道路の駅。なるほど。

話を戻して……まずバスターミナルのチケット売り場でオーバーニュ(Aubagne)経由でカシまで行きたい旨を伝え、往復チケットを買いました。時刻表をもらうのも忘れずに。
そのあと、バスターミナルでバスを待ったのですが、待てど暮らせどバスが来ない。なぜ?

バスターミナルを行ったり来たり、右往左往して分かったことは、オーバーニュ行きのバスはバスターミナルから2km離れた駐車場から発車するということ!
バスターミナルから発車する、という旅行記もネットで見かけていたのですが、時期やダイヤ改正で変わったのかも。

わーん、と泣きたい気持ちに駆られましたが、Kryptonという駐車場兼バス停まで歩きました。旅行中は2kmくらい軽々歩ける魔法にかかっている。

乗り換えのオーバーニュではいくつかバス停があり、バスによってスキップする停車場が違うので、エクス~オーバーニュと、オーバーニュ~カシのバス時刻表を突き合わせ、接続のよい停車場を調査する必要アリです。

カシでは、ごそっと人が降りる停車場でバスを降り、坂道を下って海を目指します。

すると、たくさんのボート!カラフルな家々!バカンスを楽しむ人々!

画像10

すごい。映画「太陽がいっぱい」でこんな場所見たことある。あれはイタリアだったと思うけど、そんなことはどうでもいい。これこそ地中海。

画像11

地中海のフィヨルドとも称されるカランククルーズに申し込み、きれいな青い海を堪能して、カシの街を散策してからエクスへ帰りました。

復路のオーバーニュでもバスが大幅に遅れてきましたけど、カシで地中海を楽しめたので満足です。

バスに乗るとき気をつけたのは、Bonjour!と、降りるときのMerci, Au revoir!の一言。フランスではバスやお店、ホテルなどで一言挨拶するだけで対応が全然違うんです。次フランスに行くときは挨拶のバリエーションを増やしたい。

私は英語がからっきしで、フランス語も大学ですこし学んだ程度。しかもヒアリング能力が予想以上に落ちていたため、バスターミナルのスタッフとも全然意思疎通できず悔しくなることも。私が片言のフランス語でしゃべると、相手もフランス語で返してくれるのですが、それが聞き取れないのでお互い???となってしまうことが何回かありました。傍から見たらコントですね。

南仏の人々に何か聞きたいとき、その人が英語を話せるか話せないかは運によります。
ホテルの人々はもちろん英語が堪能だけれど、観光地のレストランで働いている人やバスの運転手さんなど、びっくりするほど流暢にしゃべるかと思いきや、「I can not speak English.」と言う人も。その定型文は日本人以外も使うのね、と当たり前ながら新鮮な気づきもありました。

■4日目 シルヴァカンヌ修道院~エクス~空港

この日もまずはバスターミナルへ行き、シルヴァカンヌ修道院 (Abbaye de Silvacane) へ向かいます。ここもバスの本数が少ないので、時刻表を要チェック。

南仏のロマネスクといえば、プロヴァンスの三姉妹。建築がよく似ているル・トロネ、セナンク、シルヴァカンヌ修道院のことで、シルヴァカンヌはその末っ子にあたります。

画像12

静謐な雰囲気が心地よかった。
簡素な装飾のシトー会建築ですが、ところどころに施された装飾を見つけていくのも楽しかったです。

回廊近くにはアルトサックス奏者がいて、柔らかい音があたりに響いていました。

エクスに戻ってからは、旧市街へ。
とても賑わっていましたが、私はそれらを横目にサン・ソヴール大聖堂 (Cathedrale St. Sauveur) に向かいました。

いちばんのお目当ては、聖堂内にある回廊。一日数回ガイド付きで、中に入ることができます。入口がどこか迷いましたが、壁に張り紙がしてあり、ガイドツアーの時間が記されています。

画像13

ここもロマネスクの彫刻が可愛くて可愛くて、中に入れて良かった。

そのあとは、慌ただしくバスターミナルに戻ってプロヴァンス空港へ。マドリードへ向かいます。

À très bientôt, France!

■プロヴァンスのエッセイ

旅のおともは、プロヴァンスブームを引き起こした本でした。

ピーター・メイル『南仏プロヴァンスの12か月』(池央耿訳)河出文庫
ISBN 978-4309461496

画像14

プロヴァンスのことを調べていると、よくこの本の名前が挙がります。

著者がイギリスからプロヴァンスに移住してからの1年間が綴られています。地方ならではのゆったりとした雰囲気、のどかさが伝わるエッセイで、ウィットに富む文章に頬が緩みます。

今は絶版になっているのか、新刊では見つからず、古本屋さんで買いました。続編も数冊出ているのですが、またプロヴァンスに行きたくて堪らなくなりそうで、読むのを躊躇しています。


sanada

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます
8
本のことを中心に、美術や映画、好きなものを好きなだけ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。