シリコンバレーの裏側【前半】~サンフランシスコのリアル~

はじめに

今年の1/27~2/2に福岡市の「Global Challenge! STARTUP TEAM FUKUOKA」というプログラムの一環でカリフォルニア州サンフランシスコ(シリコンバレー)に行ってきました。
このプログラムの中で学んだことをこのnoteでは皆さんに共有したいと思います。

1.Salesforce

1社目に伺ったのは、「Salesforce」という顧客関係管理(CRM)ツールを扱うSass系の会社でした。

画像1

San Franciscoのベイエリアで最も成功した企業といわれており、本当にすごい企業です。
百聞は一見にしかず!
この成長率まさにスタートアップ!

画像2

創業者は、マークベニオフという方でオラクルというソフトウェア企業出身の方です。
Appleのインターンでエンジニアをやったのち、オラクルに入られたらしいまさにエリートですね。

画像3

社内はこんな感じで、木目調のフローリングに緑の観葉植物が沢山ありました。
オフィスというよりは、もはや家笑笑
ドリンク、スープ、軽食は全て無料でした。
社内カフェでは、無料でバリスタさんがコーヒーを入れてくれていてとても良かったです!
日本でも取り入れてほしい!笑笑

画像4

画像5

リフレッシュ用にちっちゃなゲームセンターもありました笑笑
ここ、本当に仕事場?笑笑
1日遊んじゃいそう!
タワー最上階は展望台になっていて、Ohana floor という名前がついていました。
そして頂上からの眺めがこちら!

画像7


当日、雨が降っていて最上階は雲に覆われてました!😭
残念!
サンフランシスコで雨が降ることは滅多にないらしくもはや運が良かった?笑
晴れの日は、サンフランシスコ市街が一望できるらしいです!

画像8

これが、タワーの中層階から外を見た感じです。
ちょうどタワーの真下がSalesforce parkという公園になっています。
晴れの日は、外でミーティングをすることもあるらしいです!

画像9

これが、Salesforce parkです!
Salesforceという名前が付いているので社員さんしか使えないのかと思いますが、元々は市が管理する公園の命名権を会社が買っているだけなので、誰でも入ることができます!
木や芝生が整備されていて緑が沢山ありとても良かったです!


画像10

画像11

周りのビルが高い!

画像12


この公園から見た下からのアングルのタワーは圧巻でした。
ちなみに、Salesforceタワーは320mあってサンフランシスコで一番高い建物らしいです。
東京タワーとほぼ同じ…
驚きです!
さすが、アメリカという感じでした!

2.Off the grid

2社目は、サンフランシスコ発のフード系スタートアップ企業「Off the grid」です。

画像13

事業内容としては、写真のようなキッチンカーを使って食べ物を売る人とお客さんをアプリでつなぐマッチングサービスです。
創業者の方は、福岡の屋台からこのビジネスを思いついたそうです。
道ばたで食事を提供する屋台スタイルをキッチンカーを使ってサンフランシスコ流にアレンジしたらしいです。

画像14

最近ではこのような四角い「CUBERT」と呼ばれる小さなお店を独自開発し、1月10万円程度で気軽にお店を出せるようなサービスも行っているようです。

画像15

こちらが、フードトラックで購入した食事です。
チキンは、ハーフサイズを頼みました。
鳥1匹のローストを目の前で半分に切っていてとても豪快でした。

画像16

これは、ライスバーガーです。
お米でできたバンズに、甘辛いお肉が入ってました。
サンフランシスコでは、日本食が人気なようで餅を入れたスープなどもありました。
二つともとても美味しかったです。
食事中、隣のテーブルにSalesforceのエンジニアの方が来て少しお話ができました。
とても気さくな方で日本が好きで旅行に来られていたらしいです。
異国の地で自分の国が好きって行ってもらえるのは嬉しかったです。

3.Lyft

3社目は、ライドシェア企業の「Lyft」でした。

画像17

Lyftは、エントランス以外の撮影がNGだったのでテキストベースのレポートとなります。

社内は、3フロアに分かれていてそのうち2フロアに入ることができました。
働いている方のほとんどがエンジニアで、壁の至る所にペーパープロトが張られていたり、ホワイトボードにプロジェクトの進捗が書かれていたりと、スタートアップ色の強い職場でした。
1社目と同じように飲み物や軽食が無料で、最近は夕食も提供されているということでした。
理由としては、SF周辺での夕方の激しい通勤ラッシュを避けるために会社で少し遅く
オフィス内は、テーマカラーのピンクが廊下などに使われていてとてもかわいらしかったです。
また、廊下の絵が隠し扉になっていてミーティングルーム入れたりと遊び心のあるすてきなオフィスでした。

まとめ

今回サンフランシスコのスタートアップ企業を訪問して思ったことがいくつかありました。
1つ目は、オフィスが生産性高く仕事ができるような環境に整えられていたことです。
サンフランシスコは、世界的な企業、優秀な人が多く集まる分賃金が高く、そのため物価や家賃も高いです。
企業間で激しい人材獲得競争を行っている分、日本であればあまり必要とされないようなオフィスでの環境も、サンフランシスコでは必要とされてました。
2つ目は、自由度の高さです。
日本であれば会社に行くときはスーツを着ますが、SFではエンジニアの方が多いこともあってみんなラフな格好で仕事をしていらっしゃった点です。
訪問企業で案内してくれた方も皆さんともカジュアルな格好でした。
また、現地のコワーキングスペースではペットの同伴が許可されていた点も自由度を強く感じました。
また、基本的に必要が無ければ会社に出社する必要は無くSF内のカフェやコワーキングスペース、自宅で仕事をしても良いという話も自由度の高さを感じました。

後編も書きます!
お読み頂きありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

読んで頂きありがとうございます!
8
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。