RYO

主に米国株の決算発表の分析をしています。 コンセンサス予想との比較から業績確認までを記事にしています。 リクエストがあればTwitter等で気軽にコメントください。

RYO

主に米国株の決算発表の分析をしています。 コンセンサス予想との比較から業績確認までを記事にしています。 リクエストがあればTwitter等で気軽にコメントください。

最近の記事

固定された記事

良い決算とは?決算を見るときのポイントを解説します!【例外についても】

投資を始めたばかりの方は、「決算のチェックの仕方がわからない…どこを見ればいいの?」という方が多いと思います。 私もそうでした。 株式投資、特に、グロース株投資において四半期ごとの決算確認はとても重要です。 最低限チェックが必要な項目は、覚えれば簡単なので、ぜひマスターしてください。 グロース株は「良い決算」を出し続ける限り、保有し続けてOKです。 悪い決算を出した瞬間に売ってください。 良い決算を出し続ける優等生銘柄は、テンバガーの有力候補です。 広瀬さん(じ

スキ
4
    • FRBは利上げのペースを加速する?!

      FRBの利上げペースに注目が集まっている要因は米国のインフレにあります。 1月の米国CPI(消費者物価指数)は12月の+7%からさらに上昇し、+7.5%という結果でした。 これはコンセンサス予想の+7.2%(もしくは+7.3%)を上回る数字でした。 コアCPIは予想+5.9%に対して+6%で、どちらも40年ぶりの高水準となっています。 インフレが過熱していることから、3月のFOMCを前にFRBが直面している問題は、もはや政策金利を引き上げるかどうかではなく、どれぐらい引き上

      スキ
      2
      • 【米国株】2022年の株式市場の見通し

        2022年は大事なイベントが控えている年です。 3月:テーパリング終了(、利上げ?) 11月:中間選挙 そして、結論から述べますと、2022年は株式市場(S&P500)のパフォーマンスはあまり良くないと考えられます。 利上げについて まず、利上げから触れていきます。 この記事を書いている12月29日現在、市場予想では2022年末までに3回の利上げが予想されています(0.25%刻みで利上げされた場合)。 テーパリングもハイペースで実施され(これは確定)、利上げもハイ

        スキ
        5
        • 一株あたり業績 ~アップル~

          スキ
          2

          一株あたり業績 ~マイクロソフト~

          スキ
          1

          2021年第3四半期決算シーズンの現在までの振り返り(2021/11/5)

          本記事はFactSetの記事を参考に作成しております。 ⇒「S&P 500 EARNINGS SEASON UPDATE: NOVEMBER 5, 2021」 現時点までにS&P500を構成する企業の89%が2021年第3四半期の決算を発表しました。 このうち、81%の企業が市場予想EPSを上回りました。(過去5年平均:76%) その上回り幅(サプライズ)は平均で10.3%でした。(過去5年平均:8.4%) 最終的に81%の企業がEPSで市場予想を上回ったとすると、Fac

          スキ
          1

          FOMCについて(2021/11)

          11/2-3に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)において、FRB(連邦準備理事会)は市場の予想通り、テーパリングを発表しました。 政策金利(FFレート)に変更はありません。 FRBはCOVID-19パンデミックにより停滞した経済を回すために、市場に現金をばらまいていました。具体的には、米国債を毎月800億ドル、米住宅ローン担保証券を毎月400億ドル購入していました。 11月からこの資産購入の減額(=テーパリング)が始まります。 米国債の購入額を毎月100億ドル、米住

          2021年第3四半期決算シーズンの現在までの振り返り(2021/10/29)

          本記事はFactSetの記事を参考に作成しております。 ⇒「S&P 500 EARNINGS SEASON UPDATE: OCTOBER 29, 2021」 現時点までにS&P500を構成する企業の56%が2021年第3四半期の決算を発表しました。 このうち、82%の企業が市場予想EPSを上回りました。(過去5年平均:76%) その上回り幅(サプライズ)は平均で10.3%でした。(過去5年平均:8.4%) これまでに発表されたEPSの実績とこれから発表されるEPS予想を

          スキ
          1

          【決算分析】ドキュサイン Q2/FY2022

          2021/9/2に発表された、2022年第2四半期の決算発表を振り返ります。 コンセンサス予想との比較Q2の結果は以下の通りです。 売上高:$511.8 million vs 予想 $487.5 million ⇒ Beat EPS:$0.47 vs 予想 $0.4 ⇒ Beat 続いてガイダンスです。 Q3/FY2022 売上高:$526 - $532 million vs 予想 $520.62 million ⇒ Beat FY2022(上方修正) 売上高:$2

          【決算分析】オクタ Q2/FY2022

          2021/9/1に発表された、2022年第2四半期の決算発表を振り返ります。 コンセンサス予想との比較Q2の結果は以下の通りでした。 売上高:$316 million vs 予想 $296.52 million ⇒ Beat EPS:$(0.11) vs 予想 $(0.35) ⇒ Beat ガイダンスは以下の通りでした。 Q3/FY2022 売上高:$325 – $327 million vs 予想 $322.93 million ⇒ Beat EPS:$(0.25)

          【決算分析】クラウドストライク Q2/FY2022

          2021/8/31に発表された、2022年第2四半期の決算発表を振り返ります。 コンセンサス予想との比較 Q2の結果は以下の通りでした。 売上高:$337.7 million vs 予想 $323.16 million ⇒ Beat EPS:$0.11 vs 予想 $0.09 ⇒ Beat ガイダンスは以下の通りでした。 Q3/FY2022 売上高:$358.0 – $365.3 million vs 予想 $350.92 million ⇒ Beat EPS:$0.

          【決算分析】ズーム・ビデオ Q2/FY2022

          2021/8/30に発表された、2022年第2四半期の決算発表を振り返ります。 コンセンサス予想との比較Q2の結果は以下の通りでした。 売上高:$1,021.5 million vs 予想 $990.96 million ⇒ Beat EPS:$1.36 vs 予想 $1.16 ⇒ Beat ガイダンスは以下の通りでした。 Q3/FY2022 売上高:$1.015 – $1.020 billion vs 予想 $1.01 billion ⇒ Beat EPS:$1.0

          【決算分析】ユニティ Q2/FY2021

          2021/8/10に発表された、2021年第2四半期の決算発表を振り返ります。 コンセンサス予想との比較Q2の結果は以下の通りでした。 売上高:$273.6 million vs 予想 $243.12 million ⇒ Beat EPS:$(0.02) vs 予想 $(0.13) ⇒ Beat ガイダンスは以下の通りでした。 Q2 売上高:$260 – $265 million vs 予想 $253.91 million ⇒ Beat FY2021(上方修正) 売

          【決算分析】ズームインフォ Q2/FY2021

          2021/8/2に発表された、2021年第2四半期の決算発表を振り返ります。 コンセンサス予想との比較Q2の結果は以下の通りです。 売上高:$174 million vs 予想 $162.3 million ⇒ Beat EPS:$0.14 vs 予想 $0.12 ⇒ Beat 続いてガイダンスです。 Q2 売上高:$182 - $184 million vs 予想 $172.7 million ⇒ Beat EPS:$0.11 - $0.12 vs 予想 $0.12

          スキ
          1

          【決算分析】ユーアイパス Q1/FY2022

          2021/6/8に発表された、2022年第1四半期の決算発表を振り返ります。 コンセンサス予想との比較 Q1の結果は以下の通りです。 売上高:$186.2 million vs 予想 $168.57 million ⇒ Beat EPS:$0.02 vs 予想 $(0.05) ⇒ Beat 続いてガイダンスです。 Q2/FY2022 売上高:$180 - $185 million vs 予想 $177.29 million ⇒ Beat すべてコンセンサス予想をクリ

          【決算分析】ドキュサイン Q1/FY2022

          2021/6/3に発表された、2022年第1四半期の決算発表を振り返ります。 コンセンサス予想との比較Q1の結果は以下の通りです。 売上高:$469.1 million vs 予想 $437.81 million ⇒ Beat EPS:$0.44 vs 予想 $0.28 ⇒ Beat 続いてガイダンスです。 Q2/FY2022 売上高:$479 - $485 million vs 予想 $473.68 million ⇒ Beat FY2022(上方修正) 売上高: